小説 海辺の少女 長編

海辺の少女

投稿日:2018年8月10日 更新日:

あらすじ
僕(慎吾)と百合は、実家が近所で保育園から高校までずっと同じだったが、今は故郷を出て横浜に住んでいる。
百合にとって僕は、兄のような弟のような身内のような存在で、何でも隠すことなく話してくれる。
実は僕は、彼女に恋心を抱いているのだが、百合は全然気がつかない。
百合にとって僕は恋愛対象ではないのだ。
しばらくして彼女は、僕が紹介した高瀬君と付き合うことになった。
果たして、僕と百合は恋人になれるのだろうか?
Sponsered Link



第1話「僕と彼女の青春ラブストーリー」
第2話「百合の人間化計画」
第3話「ただの幼馴染み」
第4話「倒れた写真立て」
第5話「草原のシカ」
第6話「百合の花言葉」
第7話「サユリストの僕」
第8話「犯人の独白」
第9話「百合の告白」
第10話「過去は取り消せないものだから」
第11話「百合の手作り弁当」
第12話「美しき女豹」
第13話「甘い誘惑」
第14話「特別な仕事」
第15話「迫られる選択」
第16話「百合の両親の言葉」
第17話「百合の瞳の中の海」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



-小説, 海辺の少女, 長編
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夕陽の思い出

さらさらと音を立てている川面には、心地良い風が吹いている。遠くに見える陸橋の向こうには、夕陽が今まさに沈もうとしていて、辺り一面をオレンジ色に変えていた。 「綺麗な夕陽、懐かしいな」 車を停めて窓を開 …

あなたが好きな公園

「待った?」 「いや、私も今来たところ」 「そうかい、じゃあ行こう」 小百合の手を取ってわかったんだ。それが嘘だって事が。 もう冬も近くて肌寒いこんな日に、長い時間こんな場所で待っていたから、小さな手 …

占い師の独白

あらすじ 私は自称占い師だ。なぜ自称かと言えば、それが生業ではないからだ。本業は別にあるのだが、その仕事では足りないため、副業的に占いをしている。 私が占いに関心を持ち始めたのは中学生のときで、そのき …

報われない恋

「すぐ来てくれ」 先生から電話がかかってきた。 「わかりました。今すぐ行きます」 幸子は、食べかけの食器をテーブルに残したまま、パジャマにコートを羽織って外に飛び出した。先生が借りている仕事部屋までは …

予言ノート(僕の妹・美樹シリーズ)

あらすじ 僕には一つ下の、美樹という妹がいる。そこそこ可愛くて頭も良いのだが、その表の顔とは別に、裏の顔を持っている奴だ。 小さいころから、彼女は研究熱心だった。中学生になると、透視能力を開発すると言 …

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 155現在の記事:
  • 34505総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 164昨日の閲覧数:
  • 2174先週の閲覧数:
  • 4421月別閲覧数:
  • 16760総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 82昨日の訪問者数:
  • 921先週の訪問者数:
  • 1921月別訪問者数:
  • 123一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: