小説 短編

あなたが好きな公園

投稿日:

「待った?」
「いや、私も今来たところ」
「そうかい、じゃあ行こう」

小百合の手を取ってわかったんだ。それが嘘だって事が。
もう冬も近くて肌寒いこんな日に、長い時間こんな場所で待っていたから、小さな手が氷のように冷たくなっている。

「あっ、そうだ。ちょっと待ってて」と言って僕は、見つけた自動販売機に駆け寄った。彼女が好きな紅茶花伝は、もうホットが売られている。僕が好きなジョージアロング缶を一緒に買って戻る。「はい」と手渡すと、「ありがとう」と言って右頬に当てた。僕はこの光景を、何度も目にした気がする。

Sponsered Link



僕たちが出会ってからもう三年になる。浮気っぽい僕が、よくも三年も持ったものだと自分でも感心する。小百合はとてもよく尽くしてくれた。僕のわがままも黙って受け入れてくれた。今日だけは彼女の好みを優先しようと、この公園にやってきた。

休日にはたくさんの人で賑わうこの公園も、秋の寒空、風が冷たい平日の夕方に来るのは僕たちぐらいだろう。まるで貸し切りの映画館のように、目の前には青い海が広がっている。小百合はこの場所が好きだ。

この場所で、何組の男女が愛を語りあったのだろう。僕たちも、何度もこの場所にやってきた。最初は友人カップルの初デートの付き添いとして。次に来た時は、僕たちの初デートとして。小百合が、ここから見える海が好きだったから、デートと言えばここだった。そして今日は……。

二人で来るのは、今日が最後になる。彼女もそれを、何となくわかっているみたいだ。僕の気持ちが彼女から離れ始めた事を、言葉にしなくても察しているようだった。

僕は飽きっぽい。引っ越しもよくやる。最初は家を出て独り暮らしを始める時。その次は、通うのが面倒だからと、大学の近くに引っ越した時。その次は、小百合と出会って、出来るだけ長く会っていたいからと、彼女の家の近くに引っ越した時。そして次は……。

僕は来年、大阪に引っ越す。大阪の会社に就職が決まったからだ。でも本当の理由は、新しい彼女が大阪に住んでいるから……。

小百合が何か話しかけているが、耳が遠くなったのか、あまり聞こえてこない。僕は聞いているふりをしながら、遠くの海を見ていた。どうしてこんな事になったのかを考えてみると、頭がクリアになって思い出が蘇ってきた。

いつも僕の側には小百合がいた。嬉しい時も悲しい時も、僕の側には彼女がいたんだ。それが一番心地良くて、それが一番自然だった。

でもいつの間にか、それが一番ではなくなった。それが自然ではなくなったのだ。僕の側には彼女ではない、別の女性がいる事が増えていった。

僕たち二人は、何も言わずに佇んでいた。いつも、僕のくだらない冗談に笑ってくれる彼女。今日は、そのくだらないジョークが出てこない。気の利いた別れの台詞を言いたいのに、何故だか頭に浮かんでこない。

「大阪の実家の工場が借金を抱えてしまった。君に迷惑をかけるわけにはいかない。僕は大阪に帰って就職する。父と一緒に借金を返していく事にしたんだ。君は僕よりもっといい男を探してくれ」

彼女を傷つけたくないから嘘をついた。でも小百合は、僕の嘘に気づいていた。
「ごめんなさい。私がいけなかったんだわ。あなたのせいじゃないわ」

そう言った彼女は、大粒の涙をぽろぽろとこぼしながら、踵を返して走り出した。僕と彼女の距離がどんどん遠ざかっていく。

初めてここで出会った時は、こんな日が来るとは思わなかった。こんな日が来るとは……。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



-小説, 短編
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

予言ノート(僕の妹・美樹シリーズ)

あらすじ 僕には一つ下の、美樹という妹がいる。そこそこ可愛くて頭も良いのだが、その表の顔とは別に、裏の顔を持っている奴だ。 小さいころから、彼女は研究熱心だった。中学生になると、透視能力を開発すると言 …

懐かしい後ろ姿

夕暮れ時の最寄り駅は、学校帰りと仕事帰りの人たちでごった返していた。 あいにくの雨が降って、クリスマスにはまだ早いのに、待ち合わせのカップルなどもいたりした。 私は仕事を定時で終わり、「早く帰る」と約 …

占い師の独白

あらすじ 私は自称占い師だ。なぜ自称かと言えば、それが生業ではないからだ。本業は別にあるのだが、その仕事では足りないため、副業的に占いをしている。 私が占いに関心を持ち始めたのは中学生のときで、そのき …

報われない恋

「すぐ来てくれ」 先生から電話がかかってきた。 「わかりました。今すぐ行きます」 幸子は、食べかけの食器をテーブルに残したまま、パジャマにコートを羽織って外に飛び出した。先生が借りている仕事部屋までは …

夕陽の思い出

さらさらと音を立てている川面には、心地良い風が吹いている。遠くに見える陸橋の向こうには、夕陽が今まさに沈もうとしていて、辺り一面をオレンジ色に変えていた。 「綺麗な夕陽、懐かしいな」 車を停めて窓を開 …

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 26現在の記事:
  • 34505総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 164昨日の閲覧数:
  • 2174先週の閲覧数:
  • 4421月別閲覧数:
  • 16760総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 82昨日の訪問者数:
  • 921先週の訪問者数:
  • 1921月別訪問者数:
  • 123一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: