始まりが五十音順の連続小説「う」

前回 始まりが五十音順の連続小説「い」

 薄暗い部屋の電気を点けて、彼女をカーペットに座らせる。二人黙ったまま、時間ばかりが過ぎていく。あと少ししか一緒にいられないのに、何を話せば良いのだろう。普段なら、会話がなくても気にならないけれど、今日はなんだか落ち着かない。しばらくして、ノックのあとに母が入ってきた。

 「こんなものしかないけど、食べてね」

Sponsered Link



 そう言って、切った林檎とチョコレート、ジュースをテーブルに置く。彼女が来る時にはいつも、ケーキを買って出してくれる母。娘のように可愛がってきた息子の彼女が引っ越してしまう。最後の日なのに、十分なもてなしが出来ない事への申し訳なさが伝わる。

 「あとで恵梨香ちゃんのお母さんが迎えに来るって。じゃあ、ごゆっくり」

 どんよりと重い部屋の空気を察して、普段は口数の多い母が静かに立ち去る。その心遣いが、なんだか嬉しかった。

次回 始まりが五十音順の連続小説「え」

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年10月12日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 20現在の記事:
  • 184717総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 185昨日の閲覧数:
  • 978先週の閲覧数:
  • 3912月別閲覧数:
  • 116871総訪問者数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 112昨日の訪問者数:
  • 638先週の訪問者数:
  • 2370月別訪問者数:
  • 88一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: