第一話「浮気男に振り回される女」

大都会東京の、とある裏通りを迷い歩くうら若き女性の姿。彼女は、とある一軒のお店を探していた。

「確かこの辺りだと思うんだけどなあ…」

しばらく歩き回った彼女は、ようやく目的の場所に辿りついた。外観はスナックのような感じで、黒いドアに貼られた名刺には【よろずお悩み解決所】と書かれていた。

「あのー、ごめんください…」
Sponsered Link



外観に比べ、中の雰囲気は意外にも明るかった。白が基調の店内には、テーブルとソファーがあり、大きな観葉植物が置かれていた。

カウンターの奥には、いくつかの絵が飾ってある。以前は喫茶店か何かだったのだろうか。

「いらっしゃいませ。お電話をいただいた笠原様でしょうか?」
「はい、笠原奈津紀です」

「お待ちしておりました。ソファーにお掛けになってください」

女が名刺を差し出した。名刺には【心霊鑑定士 加賀美零美】とあった。

「あのう、相性を占っていただきたいのですが…」
「承知いたしました。それでは、こちらにお客様のお名前と生年月日、そして、相手の方のお名前と生年月日を書いていただけますか?もし生まれた時刻がお分かりになれば、時刻と生まれた場所もお願いいたします」

奈津紀は言われた通り、紙に自分の名前と生年月日、それと相性を見てもらいたい彼の名前と生年月日を書いた。彼の生まれ時刻まではわからなかった。

「書きました」
「ありがとうございます。お客様は笠原奈津紀様、お相手の方は安田太郎様ですね。かしこまりました、少々お待ちくださいませ」

零美はしばらくパソコンに向かい、プリントアウトした紙を持ってテーブルに戻った。

「笠原さんは四柱推命鑑定をご存知ですか?」
「はい、占いは大好きで、よく本やネットで自分なりに占ったりしています」

「四柱推命は、四つの柱に干支と呼ばれる八つの文字が割り当てられます。生まれ時刻が不明の場合は三つの柱に六つの文字になりますが。これをその人の命式と呼び、その八字あるいは六字の関わり合いで運命を推し量るものです」

プリントアウトされた紙には、奈津紀は四柱八字、生まれ時刻が不明な安田は三柱六字で、その横にはいくつかの〇印や△が描かれた図があった。

「あのう、この図は何ですか?」
「これは五行図と言います。この四柱八字や三柱六字をわかりやすく図に展開したものです。鑑定士のインスピレーションを手助けしてくれます。」

「なるほど。そうなんですね」
「まず、あなたと彼の相性は良いと思いますよ。あなたが彼を助け、彼があなたに助けられる関係です。あなたも彼も、その関係を負担には思っていません。むしろ心地良く思っているはずです」

「はい、確かに。なんか知らないけど、助けたくなっちゃうんです。ほっとけないんです」
「この人はかなりモテる人ですね」

「そうなんです。それが悩みというか…」
「この人は愛情をたくさん持っています。もともとたくさん持っているので、普通の人が一人に百パーセントなところ、この人は三人にそれぞれ百パーセント与えることが出来る。三人の女性はそれぞれ百パーセントもらっているので、自分が一番愛されていると思っているのです」

「なるほど。実はこの人、私の他にも何人か女性がいるんです。定期的に巡回しているというか。しばらく私のところにいたら、次は違う女性のところに行って、また何か月かしたら私のところに戻ってくるんですけど…」
「あなたのところに戻ってくるわけですね」

「はい、そしてまたしばらくして出て行くという感じで。彼のことが好きなのでなかなか別れられないというか。でももう年齢的に決断したいところなんです」

「そうですよね。女性であれば出産という問題がありますから、気長に待つなんて事はできませんからね。確かに彼は良い男です。優しくて思いやりがあり、ウソがつけない正直な方です。でも、その優しすぎるところが時には欠点となる場合もあります。
女性なら誰でも、悩みごとを相談して親身になってくれれば、この人は私の事を好きかもと勘違いしてしまいます。彼にはそういう気がなくても、女性から言い寄られるうちに同情が愛情になってしまうのです」
「そうですよね。彼は誰にでも優しすぎるんです。そこが良いところでもあり、悪いところなんですが…」

「どうしますか?彼はしばらくしたらあなたのもとに戻るわけですから、このままでもよろしいですか? それともはっきりと別れて新しいスタートを切りますか?」
「……どうしたらいいのか決められなくて…」

「はっきり申し上げまして、この人の浮気癖は治りません。もう別れた方がいいと思います」
「やっぱりそうですか。どこに行ってもそう言われるんですよね」

そして彼女は鑑定料を払い、肩を落として立ち上がった。
彼女が振り向くと、さっきから右肩にいた男の生霊が振り向いた。

「余計な事を言うな!」

男の口がそう動いた。
零美は何も言わず、男の生霊を睨んでいた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/
Sponsered Link



投稿日:2018年8月10日 更新日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 125現在の記事:
  • 35420総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 162昨日の閲覧数:
  • 1173先週の閲覧数:
  • 5336月別閲覧数:
  • 17355総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 740先週の訪問者数:
  • 2516月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: