第11話「憑かれた女」

零美は和彦と電車に乗っていた。今日は久しぶりに和彦の母に会うために、実家を訪れることになっていたのだ。
電車の中はほどほどの混み具合で、零美と和彦は立って吊革につかまっていた。

和彦はさっきから、自分の前に座っている若い女性が気になって仕方なかった。白い大きなつばの帽子を被り、サングラスをかけて下を向いている。
二十四、五歳ぐらいのその女性は、線の細いスラっとした美女で、隣りに妻の零美がいるのに、和彦は彼女をチラチラと見ていた。

それは、彼女が美人だからという事もあるが、それの他に、なにやらぼそぼそと独り言を呟いているからだった。
その声は小さく聞き取れないが、確かにぼそぼそと聞こえてくるので、和彦は気になって仕方なかったのだ。

Sponsered Link



そして、もうすぐ目的の駅に着こうかというところで、その声は突然に大きくなった。

「いつまで憑いているんだ、この野郎おおおおおお! いい加減にしろおおお!」

静かな車内に不似合いな余りにも大きな声に、周りの人たちが一斉に声の主に注目した。しかし、彼女は何事もなかったかのように下を向いている。
そして駅に着き、和彦と零美は人波に流されるようにホームへと押し流された。

人波のせいで零美と離れてしまった和彦は、零美の元に駆け寄った。

「さっきの声、聞いた?」

開口一番、和彦は零美に一番聞きたかった事を聞いた。

「『いつまで憑いているんだ、この野郎お』でしょ?」
「そうそう。びっくりしたね、あれには」

歩きながら両手を広げるジェスチャーをする和彦。

「あれは結局、霊に憑かれているってことなの?」
「そうね…。可哀想だけどね」

零美はさして驚いた表情も見せず、淡々と答えていた。

「君には、その…、その霊は視えたのかい?」

和彦は恐る恐る聞いた。零美が普段から、あまり霊を視ないようにしている事を知っているからだ。

「そうね…。視たわ…」

零美の様子から、思い出したくなさそうな感触を受け取った和彦は、聞かなきゃ良かったと後悔していた。
霊感のない和彦にとっては、「視える」というのは羨ましい事なのである。それをネタに面白そうな小説だって書く自信はある。

しかし、「視える」事によって、零美が子どもの頃から苦しんできた事も知っている。普段の彼女は、出来るだけ視ないようにしているという事も……。

ある人が言うには、人は誰でも訓練次第で、視えたり聞こえたり出来るようになるのだと言う。大きな事故で生死の境を彷徨って以来、視えるようになったという人の話もある。
和彦は、いつか自分も視えるようになりたいと願っているのだが、その一方で、怖いという思いもあるのだった。

「あの人に憑いていた霊はね……」

考えながら歩いていた和彦に、零美が話し掛けてきた。

「顔だけを、彼女の右肩に乗せていたわ」
「えっ?」

「そして彼女の右耳に向かって、何かを囁いていたの…。何を囁いていたのかはわからなかったけど……」
「そうか…、それは鬱陶しいなあ」

「それが毎日毎日繰り返されるわけだから、彼女も辛いわよね」
「そうかあ、毎日かあ…。耳鳴りがするって言う人も大変だって聞いたことあるから、耳元で意味のある言葉を囁かれたらもう、本当に辛いだろうね。いい加減にしろおって言いたくなるのもわかるよ」

和彦の言葉に、零美は頷いていた。

「あの霊は結構、恐ろしい形相をしていたから、きっと恨みつらみの言葉だったはずよ。だけどあれは、彼女にとってはいい迷惑よね。だって彼女には、何の罪もないんだもの。彼女の何代か前の先祖に苦しめられて亡くなった人が、先祖ではなく、今生きている彼女を苦しめているんだから」
「それは、彼女にとっては理不尽な話だなあ。恨むんだったらさ、いじめた本人を恨めよって話だよね」

「うーん、その人がこの世に生きていれば出来るんだろうけど、もうこの世にいなかったらどうしようもないもんね。だからせめて、その人の子孫を苦しめるしかないんじゃないかな。もし子孫がいなかったら、ちょっとでも関係のある人とか…」

零美は話の途中で、急に立ち止まって駅構内の壁際をじっと見ていた。

「どうしたの?」
「ほら、あそこ…。じっと座っている人がいる」

「えっ? どこ?」

零美が指差す方向を見ても、和彦には何も見えなかった。

「あの人からも、強い恨みの念が伝わってくるわね」
「恨みって…。誰かに殺されたのかな?」

「それはちょっと違うかも」
「違うって言うと?」

「たぶん……、あの人は自殺じゃないかな。誰か特定の人って言うよりも、この社会全体に対する恨みって感じがするわね」
「社会全体か……」

「自己主張の強い人は、通り魔事件とか起こして、幸せに暮らしている人たちに思い知らせてやろうとするけど、自己主張出来ない人は、自分で自分が嫌になって傷つけたくなるんじゃないかしら。
そういう人って、同じような思いを持っている人を探しているのよ。自分の苦しみをわかってくれる人をね。そしてそういう人の体に憑いて、恨みつらみ、妬み嫉み、怒りや悲しみの思いを増長させるの。

だから、怒りや悲しみの思いを、そのまま長く持ち続けるのは危険な事なのよ。三秒以内、三分以内、三十分以内とか、短い時間で気持ちを切り替える事が大事よね」

零美はそう言って、足早にその場を立ち去ろうとしていた。さっきの霊の事情に共感したのか、和彦には彼女の瞳が潤んでいるように見えた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 98現在の記事:
  • 36203総閲覧数:
  • 176今日の閲覧数:
  • 268昨日の閲覧数:
  • 1589先週の閲覧数:
  • 6119月別閲覧数:
  • 17767総訪問者数:
  • 104今日の訪問者数:
  • 143昨日の訪問者数:
  • 933先週の訪問者数:
  • 2928月別訪問者数:
  • 118一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: