第二話「人は誰でも闇を抱えているもの」

「今の女性はどんな人だったの?」

奥から、零美の夫である和彦の声がした。

「浮気がやめられない男と別れられない人」
「別れたくても別れられないの?」

「そうね。多分、別れるのは無理かもね」
「何か視えたの?」

「彼氏の生霊が憑いてたわ。睨んでいたから私も睨みかえしてやったけど」
「……そう」
Sponsered Link



和彦は「この人、ホントに気が強いな」と思っていた。零美と結婚して十年になる和彦は、小説家を生業としながら零美の仕事を見守ってきた。
時には強い霊のお陰で入院したりする零美の体を心配するが、彼女にはこれが天職だと思って応援している。

「今日はシチューだよ」
「あら、嬉しい。あなたの作るシチューは美味しいもの」

「今日はもうお客さんは来ないの?」
「もう今日はおしまい。さあ、食べましょ」

零美が今の仕事を始めたのは、高校を卒業してすぐのこと。元々霊感の強い彼女は、子どもの頃から霊障に悩まされていた。そんな彼女をサポートしてきたのが、霊能者であり心霊研究家の加賀美志保、つまり和彦の母だった。
志保からいろいろと教えられるうちに、志保の生き方に共感した零美は、自分も人々を救う手助けがしたいと思うようになっていった。

二歳上の和彦は、初めて家に来た時から零美の不思議な魅力に心奪われていた。大きな瞳に長いまつ毛が可愛らしい女の子なのに、年齢よりも大人びた考え方をする彼女のギャップが魅力的だったのだ。

和彦には霊感など全くなかったのだが、祖母も母も視える人なので「そういう人も確かにいる」という感覚で、零美が初めて出会った年の近い善き理解者だった。二人は自然の流れで愛し合うようになり、結婚することになったのだ。

「ほんと、あなたのシチューは最高! 美味しいからおかわりしちゃおうかな」
「うん、いっぱい作ったから、いっぱい食べていいよ」

和彦は、普段は冷静な零美が、自分だけに本当の素顔を見せてくれる事が誇らしかった。多くの人が抱える重い人生に共感してストレスも多いだろうに、そんな素振りを見せる事はない。ただ、自分と一緒の空間にいる時だけが彼女の安らぎのようなのだ。

≪人は誰でも闇を抱えているもの、人は誰でも秘密を隠しているものなの。それは誰にも知られたくない事なのだけれど、誰かに知ってほしいという心理が隠れている。それを吐き出してしまわない限り、その人は楽になれないわ。心の中には、悲しみや涙で膨れ上がった大きな水風船があるの。それを針でチョンとつついてあげて、パーンって割ってあげる。そうすると涙がドドドドーって溢れ出すのよ。その時は、私も一緒に泣いちゃうけどね≫

和彦は、いつか彼女が言った言葉を思い出していた。そして、零美もきっと、心の中で大きな水風船を膨らませているのだろうと思って、少し胸を痛めた。
和彦は思いついたように零美に尋ねた。

「あのさ、一般的に離婚って良くないと言われるけどさ。離婚したいって言う悩みで相談にきた人には、零美はなんて言うの?」

零美は、口の中に残っていたシチューの具を胃の中に流し込んでから、ティッシュで口の周りについたものを拭きとり、麦茶を飲んでから話し出した。

「そうね…。離婚ね…。難しい話だよね。基本的に私は、その人の味方でいようと思ってる。本人がどうしても離婚したがっているのに、賛同してくれる人が誰もいなかったら可哀想だと思う。
大抵の場合、相談に来る前にみんな、こうしたいっていう覚悟を決めているの。離婚したい人は離婚するっていう覚悟を決めてきてる。そういう人に、離婚はいけませんよって言っても心に響かない。この人はわかってくれないってなっちゃう。

みんな、あなたの考えは正しいよって肯定してほしいのよ。だいたいさ、子どもの頃って何をやっても褒められるけどさ、大きくなるにつれて褒めてもらえなくなって、否定される事が多いじゃない?
親に否定され、学校で否定され、職場で否定される…。誰もわかってくれる人なんていない。そうなると、段々と心を閉ざして不幸になる道を選択するようになるの。
だからさ、私だけでも味方になってあげたいんだ」

黙って聞いていた和彦が口を挟んだ。

「でもさ、離婚する事であきらかに経済的にやっていけなくなる人もいるよね。感情的にならずに冷静に考えるように導く事も大事じゃない?」
「Exactly(その通り) that’s right(あなたは正しい)」

零美は人差し指を立ててそう言った。

「そうなのよ。そこが難しいところなのよね。別れれば精神的な悩みからは解放される、けれど今度は経済的な悩みに直面する人もいる。専業主婦で夫の稼ぎに依存している場合には、離婚という選択はとてつもなくハードルが高いものになる。

だからこそ、安易に答えを出さないように、冷静に考える事も大事ですよと言ってる。相性が良くないから別れた方が良いですよと言うだけでは無責任よね」

和彦は、さっきから気になっていた事を聞く事にした。

「あのさ…。さっきのお客さんなんだけど。別れた方がいいって言ってたけど、別れられそうにないって言ってたよね。あれはどういう意味なの?」
「そうね…。あの二人は魂の結びつきが強いの。別れたくても別れられないってやつ? まさに腐れ縁って感じね。確かに彼は浮気はやめられないと思うな。だけど、それでもいいって彼女は思っているの。それほどまでに彼の事を愛しているのよ。そして、浮気をやめられない彼もまた彼女を愛している。それで彼の生霊が睨んでいたわけよね、私が別れた方がいいって言ったから。

でも多分、彼女は当分の間は別れないと思う。今は誰が何を言ってもダメね」

そう言って、零美は再びシチューを食べ始めた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 112現在の記事:
  • 35657総閲覧数:
  • 239今日の閲覧数:
  • 162昨日の閲覧数:
  • 1410先週の閲覧数:
  • 5573月別閲覧数:
  • 17455総訪問者数:
  • 102今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 840先週の訪問者数:
  • 2616月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: