第91話「芸人を辞めたい男」

平日の夕方遅くにやってきた男性は、どこかで見た事がある顔だった。メガネをかけて丸顔で体全体が大きな彼は、いつもはニコニコとしているのに、今日はとても沈んで見える。

「昨日電話した、岸田隆治です」
「あっ、岸田さんってあの、よくテレビに出ていらっしゃる芸人さんの?」
「はい。いつも見てくださってありがとうございます」

大きな体を小さくして深々とお辞儀をした。テレビ画面でのキャラクターと違い、内面は誠実で真面目そうに思えた。テーブル席に案内をしてコーヒーの準備をする。カウンターから覗くと、緊張が高まっているように思えた。

一方で、彼の横で温かく見守っている存在が感じられた。ずっと以前から彼の事を知っていて、喜びや悲しみを共に享受してきた間柄のようである。岸田がその存在に気づいていないのが寂しいようだった。

零美はそんな関係性を目の前にしながら、とても羨ましく思えた。そして、彼の座るテーブル席に向かって軽くお辞儀をした。それに気づいた彼は、どうしてお辞儀をしたのか理解出来ないまま、とりあえず会釈で返した。

零美は淹れたてのコーヒーを持って席に着いた。「ありがとうございます」と彼がお辞儀をする。大柄で暑がりの彼にはアイスコーヒーが良かったかなと後悔したが、美味しそうに味わう彼を見て、心配は無用に思えた。

「何か気になる事があるんですか?」と質問すると、「僕、芸人辞めようと思うんです」という答えが返ってきた。数年前からテレビ番組でも活躍するようになった彼は、相方を病気で亡くして以来、ずっと悩んでいたのだ。

「幼稚園の頃からずっと一緒で、僕が芸人になれたのも彼が誘ってくれたからでした。彼がいなかったら今の僕はいません。だから……」

そう言って下を向き、唇を噛み締めて両肩を震わせた。

「辞めたらあかんよ」
「えっ?」

零美の言葉に驚いて顔を上げた。

Sponsered Link



「今のは?」
「相方の三田さんです」
「えっ?」
「三田さんがそこに居ます」
「……」

そう言われて、左に顔を向ける岸田。しかし誰もいない。

「三田がここに居るんですか?」
「はい。あなたの傍に」
「彼はどんな顔をしていますか?」
「とびっきりの笑顔です」
「そうですか。それは良かった」

彼は笑いながら泣いていた。細い目を思いっきり細めて笑いながら、その目からは涙が流れていた。

「どうしたんですか?」
「いや、嬉しいんです。病室で苦しそうな顔しか見ていなかったから。やっと楽になれたんだなと思って……」

零美は三田のメッセージを受け取り、彼に伝える。

「三田さんが、気にしてくれてありがとうっておっしゃっています」
「そうですか」
「元気出して、僕の分まで頑張ってくれって」
「……」
「君が、諦めないでやろうやって言ってくれたから続けてこれたって」
「えっ?」
「三田さんが、もう芸人辞めたいって言った時、岸田さんが諦めないで頑張ろうって言ったそうですね」
「……」

岸田は下を向いて黙ったまま、何度も何度も頷いていた。

「三田さんは、岸田さんにすごく感謝しているそうです」
「そ、それは、僕の方こそ感謝しないといけないくらいで……」
「芸人になる時に自分から誘ったくせに、下積み期間が長くてもう辞めたいって言い出した時、岸田さんが一生懸命引き留めてくれたって。だから途中で諦めないでやれたし、やっと食べて行けるようになった。本当に感謝してるって……」
「うううっ……」

岸田は、テーブルに顔を突っ伏して泣き始めた。声を上げて泣いた。身長が百八十センチを超え、体重も百キロ近い大きな体を小さくして、感情を抑えきれずに泣き喚いた。

彼の大きな声は、広いライブ会場でコントを演じる時のように、店内に響き渡った。年齢は三十も半ばを過ぎ、四十も近づいてきた分別のある男性が、幼い子どものように泣きじゃくっている。

しかしそれは、悲しい涙ではなく嬉しい涙だった。相方であり、幼馴染みの親友の言葉がもう一度聞けたからだ。もう二度と会えないという喪失感で、仕事に対する情熱も失いかけていた彼に、惜しみなく注がれた愛の言葉だった。

零美は、彼の飲みかけのコーヒーカップを持ってカウンターに入った。冷めてしまったコーヒーを捨て、新たに熱々のコーヒーを注ぐ。やはり彼には、アイスコーヒーよりも熱々のホットコーヒーで正解だった。哀しみで冷えた体は温めた方が良いだろう。

ひとしきり泣いた彼に、そっとコーヒーを勧めた。彼は軽く頭を下げ、出し切って空っぽになった体に温かいコーヒーを注ぎ込む。時折、左に居るであろう相方の方を見つめては、コーヒーカップを勧める仕草をする。

「昔はこうやって、一杯のコーヒーを二人で飲み合いっこしたものです」
「そうそうって、三田さんが頷いていますよ」
「そうなんです。彼の口癖はそうそうなんですよ。懐かしいなあ」

彼は小さくため息をつくと、零美の目を優しく見つめた。

「先生、あいつにこう言ってください。もうちょっと頑張ってみるよって。君の分まで頑張ってみるよって……」

零美は岸田の言葉を三田に伝えた。そして「頑張れよって、三田さんが」と彼に言った。岸田は黙って頷き「ありがとうございました」と言って、お金を支払って帰っていった。彼の後ろ姿を見送っていた三田の姿も、いつの間にか視えなくなっていた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 12現在の記事:
  • 35420総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 162昨日の閲覧数:
  • 1173先週の閲覧数:
  • 5336月別閲覧数:
  • 17355総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 740先週の訪問者数:
  • 2516月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: