第16話「潔癖症の女」

「こんばんは」

ドアの方から聞こえたその声は、微かに聞こえる小さな声だったが、テーブルで書き物をしていた零美はすぐに気付いて、急いで入り口に向かった。そこに立っていたのは、髪の長い色白の女性で、全身を白で固めた線が細い人だった。

「どうも。予約されていましたっけ?」
「いえ、予約はしておりませんが、出来ますか?」
「ああ、大丈夫ですよ。どうぞ入ってください」

申し訳なさそうに頭を下げて、言われた通りにテーブル席に着いた。弱々しそうな彼女のために、零美はコーヒーを淹れた。彼女にはコーヒーが似合うと、直感で感じたからだ。

「どうぞ」
「あっ、すいません。良いんですか? ありがとうございます」

いちいち恐縮する辺りが気になるが、さも当然という態度よりは好ましかった。コーヒーカップを持つ手を見ると、白い手袋を嵌めていた。そう言えば、来た時からずっと手袋を嵌めていたのを思い出した。どうして嵌めたままなのかが気になった。

「あっ、これですか? すいません」

零美の不思議そうな視線に気づいたようで、手袋を嵌めたままの理由を語り出した。

「実は私、極度の潔癖症なんです」
「潔癖症、ですか……」
「はい。どうしても、外出している間は手袋を欠かせないんです」
「それは、他人が触ったものを触れない、って事ですよね?」
「……はい」

彼女は恥ずかしくてうなだれた。彼女の悩みはこれだった。極度の潔癖症のため、自分以外の人が触れたものは汚らわしく感じるのだ。よくテレビ番組などでも聞く話なのだが、大抵の人の場合は、自分こそ正しいと主張したがるものだ。

しかし、彼女の場合は違っていた。自分がおかしいと認識しており、そういう自分である事を申し訳なく思っている。そういう自分を許せないと思っているのだ。

日本の社会では、個人よりも全体を優先する教育をしているため、人と違うと言うのはとても生きづらいものだ。それでも、強い人なら何とか自己主張出来るが、彼女の場合は自分が悪いのだと思い込んでいる。

「いろんな場面で困る事が多いんじゃないですか?」
「そうですね。どうしても手袋を嵌めていられない時もありますので、そういう時は、家に帰ってから何度も何度も手を洗います」
「今はお一人でお住まいですか?」
「はい」
「ご結婚は?」
「将来的にはしたいと思うのですが……。こんな私を好きになってくれる人がいるでしょうか?」
「人と握手するなんて、難しいですよね?」
「はい。家族や親しい人なら大丈夫なんですが」
「じゃあ、信頼出来る人なら触れる事は出来ると?」
「はい」
「じゃあ、私も信頼してもらえたら、握手が出来るって事ですかね?」
「そうですね。先生は綺麗好きって感じですし、私の味方になってくれそうだから、多分大丈夫です」

Sponsered Link



そう言って彼女は、両手の手袋を取った。そして、零美に向かって右手を差し出した。「あっ、えーっと、いいんですか?」と零美は戸惑ったが、「……はい」と彼女は答えた。

零美は、恐る恐る手を出してみた。そして彼女も、恐る恐る零美の右手の指先に触れてみる。彼女の中指と零美の中指の先が触れ合った。彼女が「あっ」と小さく叫び声をあげて右手を引っ込めた。

「ごめんなさい」
「大丈夫ですか?」
「……はい、大丈夫です。もう一度お願いします」

彼女がそう言ったのを合図に、二人は少しずつお互いの右手を近づけていった。そして再び、二人の中指の先が触れ合った。今度は、彼女の右手は動かなかった。そして少しずつ手を滑らせていき、しっかりと握手を交わす事が出来た。

「やりましたね!」

零美は思わず叫んだ。「はい!」と答えた彼女の顔もほころんでいた。零美は更に、自分の左手をそーっと動かし、彼女の右手を挟み込むように添えた。

すると彼女も、自分の左手を零美の右手を挟み込むように添えた。二人の体は電流が流れたかのような感覚になり、しばらくそのまま動かなかった。

「どんな感じですか?」
「そうですねえ。先生の手が温かいです」
「あなたの手も温かいですよ」
「人の手の感触、ずーっと忘れていました。なんかとても懐かしい気がします」

零美は彼女と手を繋ぎながら、あるイメージが浮かんできた。

「私が今感じたのは、あなたの場合、自己評価がすごく低かった気がします」
「自己評価ですか?」
「はい。自分は価値のない人間だと。自分は汚らわしいと。そんな意識が、人と触れてはいけないと思い込ませていたのではないかなあって、そんな気がしたんです」
「はあ……」
「だから、自分を受け入れてくれる人とは触れ合う事が出来る。家族や親しい友人とかはそうですよね」
「はい」
「私も、今日初めて会いましたけれども、この人は私の味方だと思ってくれたからこそ、触れ合う事が出来たんじゃないかと思うんです」
「……ああ、そうですね。わかります。先生に会って、少し話をしただけで、私の事を全て受け入れてくれるような気がしました。だからなんですね。ああ、そうなんですね。良かったあ」

彼女の顔がぱあーっと華やいだ。白くて弱々しかった体に、温かい血が巡りだしたように思えた。まるで、止まっていた火山が動き始めたかのようだった。

「こうやって、少しずつ味方を増やしていってください。そして、素敵な男性と出会って結婚される事を期待しています」
「ありがとうございます」

そう言った彼女の両目からは、涙の雫が流れていた。それを確認した零美は、彼女の手を放そうと思ったが、彼女がそのままでいる事を願っているようなのでやめた。時が止まったかのように、二人はそのまま手を繋いで離さなかった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 2現在の記事:
  • 39473総閲覧数:
  • 170今日の閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 1319先週の閲覧数:
  • 1759月別閲覧数:
  • 19855総訪問者数:
  • 110今日の訪問者数:
  • 131昨日の訪問者数:
  • 896先週の訪問者数:
  • 1131月別訪問者数:
  • 112一日あたりの訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: