第78話「毒を吸い取る花」

 今日の空は、雨でも降りそうなくらいの曇天だ。まるで俺の心の中みたいだ。杉谷博史は、窓から見える空を見ながらぼんやりと考えていた。

「こら、杉谷! お前は人の話を聞いているのか? 全くお前は、いつもいつもミスばかりする奴だよな。お前みたいな奴は給料泥棒って言うんだよ」

 窓と杉谷の間には、大きなデスクに座る薄毛の男性がいた。彼はいつも大声で部下を怒鳴っている。部長にはごまをすり、部下には罵詈雑言を浴びせる、課長の大倉慎太郎だ。

 杉谷は、基本的に今の仕事は楽しいと思っている。時には失敗もするが、自分がやりたかった仕事だ。出来れば会社を辞めたくない。この課長さえいなければ天国なのだ。

「杉谷さん、お届け物でーす」
「どうもご苦労様」

 杉谷は宅配業者にサインをして、荷物を受け取った。高さが三十センチほどの箱を開封すると、中には鉢植えの花が入っていた。大きな緑の葉っぱが数枚と、中央には青色の花を咲かせている。

 杉谷は説明書を手に取った。ロシア語の文章に日本語訳がある。この花は、ロシア人科学者が医療用に開発したものだ。

 ネガティブ思考の人間が、この花の側でネガティブな言葉を吐くと、そのマイナスエネルギーを吸い込んでプラスのエネルギーを吐き出してくれる。光合成のような原理だ。

 マイナス思考に陥っている人間の毒を吸い取り、プラスにして返してくれる。それによって心身を健全にするものなのだ。早速、杉谷は毒を吐いてみた。

「馬鹿野郎! 俺をいつもコケにしやがって! 絶対に許さねえからな! お前なんか病気になってくたばっちまえ!」

 杉谷は子どものころから、嫌だと思っても心に溜め込む癖がある。思っていることを人に言うことができない。怒りではらわたが煮えくり返る状態だったとしても、顔ではにこにこと笑っている。争いは避けたい性分なのだ。

 久しぶりに大声で汚い言葉を吐きだした。何だかすっきりした。頭の中がクリアになっていく感じがする。

 ふと花を見てみると、少し赤い色がついた。説明書を読むと、毒を吸い込んだ分、花は赤く染まっていくらしい。全部赤くなる前に廃棄するように書かれている。

 杉谷が零美の店を訪れるのは、今回で二度目だ。前回、内に溜め込んでしまいやすい性格をどうしたものかと、相談にきていた。

「どうですか、その後は?」
「そうですね。先生のアドバイスのお陰か、少しは良くなった気がします」
「確かに、以前よりも顔色が良いですね」

Sponsered Link



 以前、杉谷を初めて見た時の零美の第一印象は、「なんて青白い顔なんだろう」だった。ところが今回は、血色が良く穏やかな顔つきだ。

「何か良いことでもあったんですか?」
「この前買ったものが、精神の安定に効果的のようです」
「そうですか。それは良かった」
「先生、人のネガティブな言葉って、体には悪いですよね」
「そうですね。それは一種の毒のようなものですから」
「ということは、そういう言葉を受け続けるということは、毒を少しずつ飲んでいるようなものですよね。病気になったりしませんか?」
「きっと病気になると思います。特に杉谷さんは感受性が強いので、人の悪い波動を受けて体調を崩しやすいですから、そういう人からは遠ざかった方が無難です」
「ですよね。そうしようと思います」

 杉谷は、零美に深々とお辞儀をして店を出た。

「大倉さん、お届け物でーす」
「ご苦労様です」

 家族を仙台に残して単身赴任している大倉に、荷物が届いた。差出人は杉谷だった。中を開けてみると、鉢植えの花が入っていた。大きな緑の葉っぱが数枚と、中央には赤色の花を咲かせている。

 手紙が同封されており、「お世話になっている課長にお中元です」と書かれていた。貰える物は何でも貰う主義の大倉は、綺麗な花を貰って悪い気はしなかった。「杉谷、あいつもなかなか良いところがあるな。たまには誉めてやろうかな」と大倉は思った。

 それから一週間後、杉谷が自宅で夕食を食べていると、同僚の倉田が電話をかけてきた。

「杉谷、聞いたか? 大倉課長自殺したってよ」
「自殺?」
「自宅マンションから飛び降りたらしい」
「そうか。それは驚きだな」
「このところ眠れないって、精神的に参っていたらしいよ」
「そうだったのか。ところで、お通夜は何時?」

 倉田と電話で話しながら、杉谷は同封されていた説明書を読んでいた。そこには、「花が全部赤く染まったら危険です。すぐに廃棄してください。今度は吸い込んだ毒を吐き出しますから」と書かれていた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2019年1月29日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 19現在の記事:
  • 71406総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 504先週の閲覧数:
  • 1560月別閲覧数:
  • 41909総訪問者数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 57昨日の訪問者数:
  • 351先週の訪問者数:
  • 1059月別訪問者数:
  • 48一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: