第80話「任侠に生きる男」

 夜の繁華街を通る一台の高級車。黒い車体からは、中に乗っている人物の背景が想像できる。彼らの住む世界は、一般市民とは一線を画している。

 運転を任されているのは、後ろに座る柳田寛治を兄貴と慕う室屋光だ。毎日喧嘩に明け暮れていた光。危うく命を落としそうになったところを、寛治に助けてもらった。以来、寛治に憧れてこの組に入った。

 寛治の横に座る田所幸樹は、この界隈を取り仕切る田所組の組長だ。世渡り上手で、上手く他の組との共存に成功している。

 彼が経営する闇カジノなどの商売が順調で、小さな組ながら他の組から一目置かれる存在だった。柳田は、田所の右腕として常に行動を共にしている。

 赤信号に引っかかった光が車を停車させると、横に並んだバイクの男が運転席の窓をノックした。「何だ?」と思った光が窓を開けると、フルフェイスの男はいきなり発砲。

 頭を撃ち抜かれた光は即死。「野郎!」と叫んで柳田が車外に飛び出すと、男に腹を打たれた。「ううっ」と柳田がうずくまっていると、立て続けに男は田所に発砲。二発の銃弾を浴びた田所は、その場でぐったりとして動かなくなった。

 通行人たちの叫び声をかき消すように、男はバイクのエンジン音を鳴らして走り去った。通行人の通報により、救急車とパトカーのサイレンが聞こえてくる。薄れゆく意識の中で、変わり果てた二人を見つめる柳田の目は潤んでいた。

 襲撃事件から三か月後、柳田は零美の店を訪れていた。

「先生、私が何者かわかりますか?」
「そうですねえ。特殊な職業の方でしょうか?」
「先生のような堅気の方とは住む世界が違います。汚れた裏社会の人間です」

 見た瞬間から、何となくそうかなとは思っていたが、映画やドラマなどで見る同業者とは違う、優しそうな印象だった。

Sponsered Link



「そうですか。でも、身形もきちんとされてますし、穏やかな顔をされていますので、とてもそのような方には見えませんが」
「穏やかな顔……。そうですか。そう見えますか。確かに、今は穏やかな気持ちです」
「今は? と言いますと、ちょっと前まではそうではなかったと?」
「はい。気持ちが固まりました。親分と弟分の仇を討とうと思います」
「と言うことは、お二人とも亡くなられたんですか?」
「はい。今日ここに来たのは、二人が私のことを恨んでやしないかと思いましてね。先生は、亡くなった人と話が出来ると聞きましたんで」
「私の場合、誰とでも話ができるわけではなく、波長の合う人でないと難しいのですが」
「そうですか。じゃあ、私らみたいな世界の人間は難しいかも知れませんね」

 悲しそうな顔をする柳田を見て、零美は申し訳なく思った。せっかく来てくれたのに役に立てず。

「すいません」
「いえ、いいんです。ところで先生、私らみたいな極道の行き着く先は、やっぱり地獄ですかね?」
「地獄、ですか? 私は宗教家ではありませんので、天国や地獄があるかどうかははっきりとはわかりません。それに、極道だからって、悪い人ばかりではないと思うんです」

 零美は実際そう思っていた。ヤクザと言われる人の中にも、堅気の人には手を出さず、任侠に生きる人もいるはずだと。男が男に惚れるとはそういうものだ。

「じゃあ先生、先生は敵討ちをどう思いますか?」
「どう思うかと言われましても……」
「人を殺しに行って、自分も殺されるわけですから、普通の人はしないでしょ。先生みたいな立場の人なら、やめたほうがいいって止めるんじゃないですか?」
「私は、ここに来られる相談者の味方でいたいと、いつもそう思っているんです。柳田さんがもう決心していらっしゃるのなら、全面的に応援します。もちろん、一般の人には迷惑がかからないようにしてもらいたいですが」
「それはもう、約束します。私も古い考えの人間で、任侠に憧れているものですから」
「人間いつかは誰でも死ぬわけですから、悔いのない生き方をした方が良いと思うのです。柳田さんが覚悟を決めていらっしゃるわけですから、私もその生き方を尊重します」
「ありがとうございます。最期に先生みたいな人に出会えて良かった」

 そう言って、柳田は店を後にした。そしてその足で、田所と光を殺した神田組の事務所に車で向かった。

 神田組事務所前に車を乗り付け、拳銃の他に用意しておいたものを腹に巻き付けた。深く息を吸った後、車を飛び出して事務所に入っていく。途中、警備していた若い組員に発砲。そのまま事務所に突入した。

 一斉に拳銃を向けられるが、柳田はジャンパーの上着を開き、腹に巻き付けたダイナマイトを見せた。柳田の「はははは」という高笑いの後、大きな爆発音が街中に鳴り響いた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2019年1月31日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 5現在の記事:
  • 75704総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 45昨日の閲覧数:
  • 379先週の閲覧数:
  • 1414月別閲覧数:
  • 44769総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 35昨日の訪問者数:
  • 264先週の訪問者数:
  • 842月別訪問者数:
  • 36一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: