第82話「ユー&ミー」

 子どもの頃からいつも、皆藤美和子の隣には須藤祐太郎がいた。幼馴染みの二人は、幼稚園から高校まで、ずっと同じ学校だった。

 幼稚園の時、美和子は祐太郎に言った。「大きくなったら祐太郎くんのお嫁さんになる」と。祐太郎は恥ずかしそうに「……うん」と答えた。

 祐太郎は中学からギターを習い始めた。美和子は中学から詩を書き始めた。美和子の詩に祐太郎が曲を作り、文化祭の時に初めてみんなの前で発表した。緊張したが、みんなが喜んでくれた。ユー&ミーの誕生だった。

 高校卒業後、二人はメジャーデビューを目指してストリートライブを始めた。動画投稿サイトにもオリジナルの曲を投稿し、少しずつ認知されるようになっていた。そしてついに、大物プロデューサーの加賀恭司の目に留まり、メジャーデビューすることになった。

「だけど、美和子がソロだよ」

 それがメジャーデビューの条件だった。加賀の曲は、出せばミリオンセラー間違いなしと言われている。

「良い話だよ。このチャンス、絶対逃しちゃだめだ」

 祐太郎の言葉に、美和子は「……うん」と答えた。今までずっと二人でやってきたのに、自分だけがメジャーデビューする。美和子は複雑な感情を抱えたまま、デビューすることになった。

 デビューした美和子は、一躍トップアーティストの仲間入りをすることに。沖縄生まれの母に似て美形と言うこともあり、瞬く間に人気者になっていった。

 しかし、忙しくなればなるほど、美和子は疑問を抱えるようになっていく。そして、悩んだ時はいつも、祐太郎に話を聞いてもらった。

「すごい人気だよ。美和子はもう、雲の上の人だ」
「だけど、私は何か違う気がする」
「違うって、何が?」
「MIWAKOってキャラクターを演じているって言うか、自分じゃない何かに操られている感じ……」

 この頃の祐太郎は、アルバイトをしながらストリートライブを続けていた。メジャーデビューした美和子のことを羨ましく思いながらも、彼女が本当にやりたい音楽じゃないことを可哀想にも思っていた。

「そうだね。美和子が歌いたい歌じゃないもんね」
「うん……。だけど、売れる歌を歌わないと。仕事なんだもん」

 悲しそうに俯く美和子を、抱きしめたいと思う祐太郎。しかし、祐太郎にそんな勇気はない。アルバイトをしながらの売れないミュージシャンでは、トップアーティストのMIWAKOと釣り合うわけがない。祐太郎は両手に力を入れて、衝動を抑え込んだ。

 ある日、美和子は、仲良しのスタッフに教えてもらった零美の店を訪れた。帽子を目深に被り、サングラスをして変装しても、有名人のオーラは滲み出ていた。

「美和子さん、毎日忙しくて嬉しい悲鳴じゃないですか?」
「はい。本当は私、縛られたくない性格なので、忙しいのはあまり好きじゃないんです」
「じゃあ、お仕事が辛い、ということですか?」
「仕事は仕事なので、やりたくないことでもやらなくちゃとは思うんですけど……」
「他に悩みが?」
「実は、好きな人がいて、その人との相性がどうなのかなあって思って」
「では、その人との相性を観てみましょう」

Sponsered Link



 零美は二人の命式を出して並べた。

「お二人とも芸術的感性が似ていますね」
「ああ、そうですね。そう思います」
「あなたが陽、彼が陰。男女反対になりますが、陽と陰でバランスが取れています。あなたは知が主体で彼は情が主体。あなたがリードする形です」
「私がリードする?」
「はい。彼は内面が女性的で繊細です。だから、あなたが守ってあげなくちゃいけませんね」
「確かに、私が守ってあげたいと思う人です」

 美和子は、零美の言葉で確信を強めた。迷っていた心を定めてもらった美和子は、零美に何度もお礼を言って店を出た。

 数か月後、残りのスケジュールをこなした後、美和子は事務所を辞めた。その足で向かった先は、祐太郎のアパートだった。ノックをすると、祐太郎がドアを開けた。

「どうしたの、突然に?」
「いきなりでごめん。今、事務所辞めてきた」
「えっ? どうして?」
「加賀さんの歌を歌うだけなら、私じゃなくても出来る。私は、私にしか出来ない音楽がやりたい」
「それは、どんな?」
「祐太郎くんの作った曲に、私が詩を書く。その歌を歌いたい」
「えっ?」
「ユー&ミーでやりたい」
「でも、売れるかどうかわからないよ」
「大丈夫。絶対売れる自信がある。私に任せて」
「……うーん」
「だけど、私がリーダーだよ」
「リーダー?」
「占いの先生がそう言ってた」
「占い?」
「うん。私が君を守ってあげる」

 そう言って美和子は、玄関先で祐太郎に抱きついた。戸惑う祐太郎に、美和子はこう言った。

「私が祐太郎くんのお嫁さんになってあげる。でも、私がリーダーだからね」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2019年2月2日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 1現在の記事:
  • 61812総閲覧数:
  • 78今日の閲覧数:
  • 45昨日の閲覧数:
  • 905先週の閲覧数:
  • 2199月別閲覧数:
  • 35681総訪問者数:
  • 43今日の訪問者数:
  • 43昨日の訪問者数:
  • 727先週の訪問者数:
  • 1764月別訪問者数:
  • 98一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: