第95話「初めて出会う二人」

 今日やるべき仕事が早めに終わった池迫治美は、同僚や上司に見つからないように気をつけながら、私的な作業をしていた。

 職場のパソコンを使っているので気が引けるのだが、少しぐらいは良いだろう。自分だって、そこそこ会社の役に立っているのだからと自己弁護をしながら、治美はツイッターにログインした。

 最近始めたツイッターの面白さにハマってしまった治美は、自宅はもちろん、行き帰りの電車の中でもスマートフォンは手放せない。

 四十も近い三十七歳、最近は目がチカチカする。ドライアイ、いわゆるスマホ老眼と言われるものだろう。そのため、パソコンが使える時は、パソコンでツイッターをしている。

 ツイッターでの名前は「ハル」。恥ずかしがり屋なので、ツイートはしないでもっぱら見るだけ。特に好きなのは、猫や動物の写真や動画。それと、心に響いた言葉には、いいねやリツーイトをしている。

 そんな治美だったが、自分でもびっくりするようなことを始めた。特定の人と、ダイレクトメッセージでやりとりをしているのだ。

 三十七年間、一度も両想いになったことはない。好きな人が出来ても、一方的に片思いをするだけで、告白する勇気はない。

 そんな治美が大胆になれたのは、インターネットは匿名性が高いから。本名や顔を晒す必要はない。アイコンにしても、自分の好きな画像を使えるのが嬉しい。

 治美は、お気に入りの絵師に可愛い女の子の絵を描いてもらった。実際の自分とはかなりかけ離れてはいるが、心は永遠の十代なのである。

 きっかけは、趣味のアニメだった。その人が、自分の好きなキャラクターを熱心に呟いていたので、フォローして、いいねやリツイートを繰り返していたところ、相手からダイレクトメールが届いた。

 いつもなら、知らない人からのダイレクトメールは無視していたのだが、趣味が同じだったこともあり、送られてきたことが素直に嬉しかった。

 初めのうちは、お互いに相手の反応を探りながら、恐る恐るやりとりをしていたのだが、慣れてきてからは、親しい友だちのような関係になっていった。

 お互いに、顔も年齢も知らないが、言葉遣いや文面などから勝手にイメージを膨らませていった。たぶん、自分と同じくらいの年齢ではないかと。

 占いが好きな治美は、彼との相性を占ってもらおうと思い、会社の同僚が一度観てもらったという零美の店にやってきた。

「こんにちは」
「どうも。お待ちしておりました。どうぞ」

Sponsered Link



 席に通されてコーヒーを出された治美は、「ありがとうございます」とお辞儀をした。

「池迫さんの気になることは何ですか?」
「実は、ある方との相性を観てもらいたくて」
「では、あなたとその方の生年月日を教えていただけますか?」

 彼の誕生日は、プロフィールに記載されているが、生まれ年まではわからなかった。

「誕生日はわかるんですが、何年生まれかまではわからないんです」
「そうですか。それではなかなか判断が出来ませんね。では、その方のお写真などがあれば見せていただけませんか?」
「……実は、ツイッターで知り合った人なので、本名も顔も知らないんです」

 治美は困った顔をしながら、「それでも何とかなりませんかね」という顔をしている。そこで零美は、占い師である自分が判断できる材料が無い時に、必ず相談者に聞くことを治美に尋ねた。

「当事者であるあなたが、インスピレーションや直感で感じたことが、かなり信頼できるものだと私は考えています。どうですか、その方とご自分は、相性が良さそうだと思いますか? それとも、あまり良くないなあと思いますか?」

 そう聞かれた治美は、自分の胸に尋ねてみた。趣味が合うし、話していて楽しい。相性が悪いとは思えないし、出来れば良い相性であってほしいと願っている。

「私はどちらかと言うと、相性は良い気がするんです」
「そうですか。では、あなたの直感が正しいと、私は思います」

 そう言って微笑む零美の顔を見て、治美の確信は高まった。

「実は、彼も東京に住んでいまして、会ってみませんかというお誘いを受けたんですけど、先生はどう思いますか?」
「会ってみる、ということですね?」
「はい」
「池迫さんは、会ってみたいと思っていますよね」
「……はい」
「じゃあ、会ってみたら良いと思います」

 零美の言葉に勇気をもらい、治美は彼に会うことにした。そして一週間後の日曜日、治美は高まる胸を押さえ、彼との待ち合わせ場所にやってきた。

「あ、あの……もしかして、ジュンさん、ですか?」

 それらしき男性の後姿に声をかけた。すると「えっ?」と言って、彼が後ろを振り返った。

「……もしかして、ハルさん?」
「はい」

 短髪でさわやかな顔。思っていたより優しそうな感じだった。しかし、治美はすぐに、彼の秘密を見破った。それは、正反対ではあるが、自分と同じ悩みの持ち主だったからだ。

「ジュンさんはもしかして……女性、ですよね?」

 短い髪に白いTシャツ、ズボンはジーパンを履いていて、男性のような恰好をしているが、声は明らかに女性である。胸は、サラシのようなもので潰しているのだろうか。

 彼は恥ずかしそうに下を向いて頷いた。でも、彼も治美の秘密に気づいたようだった。何と言っても、声が不自然なのだから。

「実は私も……ほら」

 治美は、首に巻いていたスカーフを外して、喉仏を見せた。いつかは完全な女性の体になりたいと思っている治美なのだが、まだ男の体のままだ。

「私、工事はまだなんですけど、ジュンさんは?」
「僕もまだ、女のままです」
「じゃあ、もし二人が一緒になったら、子どもを作ることが出来ますね」
「ははは、そういうことになりますね」

 身長百七十八センチの治美と、おそらく治美より二十センチは低いジュン。周りの人たちにはおかしなカップルに見えていただろうが、治美とジュンはお互いに、ある意味理想の相手に思えたのである。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2019年2月15日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 6現在の記事:
  • 78740総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 236昨日の閲覧数:
  • 1031先週の閲覧数:
  • 2273月別閲覧数:
  • 46872総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 139昨日の訪問者数:
  • 814先週の訪問者数:
  • 1576月別訪問者数:
  • 115一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: