紫陽花の涙

【ほら、紫陽花(あじさい)だって泣いているよ】

 雨に濡れた紫陽花を見ながら、心の中の私が叫ぶ。この紫陽花は、私の心に共鳴して泣いているのか。私を可哀想に思って泣いているのか。

「ごめん……」

【ごめん? ごめんって何さ? 何であなたが謝るの? 謝らないでよ。私がみじめになるじゃない。良いんだよ、私の事なんて気にしなくたって】

 ごめんの後の言葉が見つからないあなた。心の中の私は強がってみせるけど、実際の私は、黙って下を向いたまま。弱い女になってしまう。本当は笑顔で別れたいのに……。

【もう、私なんか気にしなくて良いからさ。さっさと彼女のところに行きなさいよ。あそこで待ってるじゃない】

 遠くに見える赤い傘。その傘は顔だけを隠して、白いワンピースと赤いスカートを私に見せつけている。

Sponsered Link



「本当にごめん……」

【だから、本当にごめんって何さ? 頼むから謝らないでよ。私を可哀想に思わないで。あなたと別れたって平気なんだから。すぐに立ち直って、もっと良い人見つけるんだから】

 心の中の私は、全然素直じゃない。本当は、辛くて辛くて仕方ないのに……。あなたと別れたくないのに……。「やっぱり君の方が良い」って、言ってほしいのに……。

 こんな天邪鬼(あまのじゃく)の私なんか嫌だよね。本当は弱いのに素直になれない。変なプライドが邪魔をして、つい強がってしまう。男の人は、もっと甘え上手な女が好きなんだってわかるけど、甘えられないんだよなあ……。

【もう行けば、彼女のところに。あんまり濡れると風邪引くよ。私は良いの、濡れたって。涙が流れているのを知られたくないから、雨に打たれていたいのよ】

 本当は、ずっとこうしていたいのに……。あなたに抱きしめてもらいたいのに……。でも、そんな事は言えない。絶対に言えない。私のプライドが許さないから……。

【フラれたって思いたくない。自分から身を引いた事にさせて。彼女にあなたを譲(ゆず)った事にさせてよ。私の方が彼女より年上なんだし。大人の女として扱って】

 見た目も中身も、彼女の方が私より上だ。だから、あなたが彼女を選んだ事は納得できる。あなたが悪いんじゃない。私が悪いんだ。私がもっと素敵な女だったら、きっとあなたを苦しませなかったはず……。だから、もう、私の事は気にしないで……。

「もう、行って。彼女が待っているから……。お幸せにね……」

 そう言って私は、後ろを振り向いて走りだした。「ヒールじゃなくて良かった」走る事なんて想定していなかったけど、結果的に走りやすい靴で良かった。本当はゆっくり歩くほうが格好良いのかも知れないけど、恰好良くなくたって良い。走りたかったんだ。走ればきっと、あなたへの想いを断ち切れる。そう思うから。……うっううう。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 61現在の記事:
  • 136177総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 214昨日の閲覧数:
  • 1390先週の閲覧数:
  • 25月別閲覧数:
  • 83484総訪問者数:
  • 22今日の訪問者数:
  • 138昨日の訪問者数:
  • 981先週の訪問者数:
  • 22月別訪問者数:
  • 137一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: