ある日、喫茶店で

 東京、秋葉原。様々な言語が飛び交うこの街は、世界的に有名な日本を代表する電気街。高音や低音、いろいろな音が飛び交っており、感受性が敏感過ぎる沙也加の心を悩ませる。

 まだ五月だと言うのに、これでもかと照りつけるお天道様のお陰で、背中がじんわりと汗ばんでくる。今朝の冷え込みから上着を羽織ってきたのに、今は脇に抱えて鬱陶(うっとう)しい。

「伊藤さん、ちょっと喫茶店で休んでいきませんか?」

 一つ年下の橋本悟郎が、額の汗をぬぐいながら懇願している。それほど太っていないのに汗かきなのは体質なのか。

「そうね、私も疲れちゃった」

 人混みが嫌いなのに、この街が営業の担当エリアになった沙也加は、自社商品を置いてもらっている代理店を回る。同じく代理店担当の橋本は、沙也加が気軽に話せる数少ない男性社員だ。

「ここなんかどうですか?」
「良いわね、ここにしましょう」

Sponsered Link



 外から中を覗くと、営業マンらしき人たちが何人か見えた。そりゃそうだ、この暑さじゃみんなやってられないよ。心の中で自己正当化しながら、奥の空いたテーブルに向かう。

「僕はアイスコーヒーで。伊藤さんは?」
「私はホットコーヒーにする」

 冷たいものを飲むとお腹を壊しやすい沙也加は、夏でも出来るだけホットを注文する。自動販売機ではホットが買えないのが悩ましい。

「伊藤さん、あれ観ました? コナンの新作」
「もちろん観たわよ。すごかったね」

 沙也加が橋本と気が合うのは、映画が好きという共通点があるからだった。洋画でも邦画でもアニメでも、話題の映画はとりあえず観ておきたい。そして感想を誰かに言いたい。橋本はその相手として理想的な存在だった。

「ほんと、あれは笑っちゃいますよね。ははは」

 眼鏡の奥の瞳を細めて笑う橋本につられて、沙也加もふふふと笑ってしまう。男性不信になりかけていた沙也加の心を開かせるのは、この男ぐらいかも知れない。

「あれ? あの人……」

 橋本が目で合図をした。その視線の先を辿ると、あっと言う声が思わず出そうになり、慌てて両手で口を押さえた。

「あの人、田中さんじゃないですか? そうすると、前に座っているのは噂の社長令嬢ですかね……」

 少しずつ両手を上にずらし、顔を覆(おお)って指の隙間から覗いてみる。間違いない。あの人だ。こんな所で会うなんて。偶然過ぎる……。

 心臓の鼓動が速くなる。苦しい。息苦しくて堪(たま)らない。沙也加は両手で顔を覆ったまま、突っ伏すように下を向いた。

「伊藤さん、大丈夫ですか?」

 沙也加には、橋本の言葉の意味がわかっていた。田中賢治は沙也加の元同僚で、元婚約者でもある。二人は結婚するものだと、社内でも公然の噂になっていた。

 しかし、ある日突然、沙也加は賢治から別れを切り出されてしまう。美人の社長令嬢に見初められた賢治は、会社も沙也加も裏切ってライバル会社に移ったのだ。

 美男美女カップルの破局は、瞬く間に社内に広まる事となった。橋本も当然その事実を知っており、やけ酒にも付き合ってくれた。

 さっきまでの陽気な会話は中断されたまま、二人の間には無言の空気が漂う。その緊張感を嫌ってか、橋本はわざと音を立ててストローで啜(すす)っている。

 片(かた)や、向かい合って笑顔で話す美男美女カップル。片(かた)や、どちらも下を向いたまま沈黙している沙也加と橋本。明と暗のコントラストが痛々しい。

 しばらくして、ガタッという音と共に席を立ちあがる賢治たち。そのまま沙也加に気づく事なく店を後にした。それを見届けた橋本が「行きましたよ、伊藤さん」と声をかける。

 その言葉を信じて、恐る恐る顔を上げる沙也加。誰もいなくなったテーブルを確認して、ほっと胸を撫で下ろす。

 飲みかけのホットコーヒーを口に運び、ずずずっと小さな音を立てて飲む。それを見て、不安そうな顔から笑顔に変わった橋本。何も言わずに待っていてくれた事が沙也加には嬉しかった。

 すると突然、沙也加のスマートフォンにメッセージが届いた。確認すると、送信してきたのは目の前の橋本だった。

【僕じゃだめですか?】

 ん?と思って橋本を見ると、下を向いたままスマートフォンを操作している。

【あの人の代わり、僕じゃだめですか?】

 再び送ってきたメッセージに続けて、三通目が届いた。

【僕が伊藤さんを守ります】

 さらに届いた四通目。

【僕の事、嫌いですか?】

 確信を突いた質問にしばらくじっと考えた後、沙也加は返信メッセージを送った。

【嫌いじゃないかもよ】

 それに続けて、沙也加は二通目を送る。

【じゃあ、付き合ってみる?】

 想像もしていなかった返信に、橋本の細い目が大きく開かれた。

【本当ですか? 僕、伊藤さんの事が前から好きだったんです】

 見た目はそれほどでもないけど、真面目で正直な所が信頼できる。こういう男性が良いかな。少しは彼の事、前から気にしていたのかも知れない。沙也加はそう思った。

【じゃあ、今度一緒に、映画観に行こうよ】

 それを確認した橋本は顔を上げて「はい、喜んで!」と大きな声を出した。周りの視線が集まってくる。沙也加は恥ずかしさのあまり「ここは居酒屋か!」と突っ込んで笑った。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2020年6月27日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 77現在の記事:
  • 136178総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 214昨日の閲覧数:
  • 1391先週の閲覧数:
  • 26月別閲覧数:
  • 83485総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 138昨日の訪問者数:
  • 982先週の訪問者数:
  • 23月別訪問者数:
  • 137一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: