夕陽の思い出(改稿版)

 さらさらと音を立てる川面に、吹く風が心地いい。遠くに見える陸橋の向こうに、今まさに夕陽が沈もうとしている。自然の芸術家は、辺り一面をオレンジ色に変えていく。

「わー、綺麗な夕陽だ。なんか懐かしいなー」

 森川咲良(もりかわさくら)は軽のワンボックスを停めて窓を開けた。秋の風で長い黒髪を躍らせながら、大きな瞳を軽く閉じると、心ときめかせたあの頃にタイムスリップしていた。

Sponsered Link



「僕は、ここから見る夕陽が一番好きなんだ」
「私も大好き」

 土手に座る咲良の横では、色黒の梶原翔平(かじわらしょうへい)が笑っている。実家は東京で、大学入学と同時にこの街に移り住んだ翔平。友人に紹介されて彼と初めて出会った時、咲良は一目で恋に落ちてしまった。

 眉が太くて目は大きな二重瞼、日本人離れした濃い顔の翔平は、沖縄出身の母の血を強く受け継いでいる。中学から始めた野球は、進学校だが甲子園を目指す高校でも続け、まさに文武両道だった。

 咲良も、高校時代は野球部のマネージャーを務めていた事もあり、野球の話題で意気投合した二人。運命の赤い糸で結ばれていたかのように、急速に距離が近くなっていった。翔平もまた、咲良に一目惚れしていたのだ。

「さっきコンビニで買った肉まんだけど、食べる?」
「うん、ありがとう」

 肉まんと缶コーヒーを買い、土手に座って夕陽を眺めながら食べるのが、二人のお決まりのデートだった。東京で小さな会社を経営している翔平の実家。業界全体が不景気の煽りを受けたため、学費以外は自分で稼ぐ生活をしていた。

 咲良の実家は、全国でも有名な老舗の旅館。お金には不自由しないのに、翔平を気遣って質素なデートにも文句は言わなかった。二人で一緒の時間を過ごすだけで満足なのだ。

「大学を卒業したら、父の会社を手伝うよ」

 咲良は一人娘。必然的に、実家の旅館を継ぐ事になる。両親がそれを期待しているし、自分もその期待を裏切ってはいけないと思ってきた。

 だけど本当は、翔平に言いたかった。私と結婚して旅館を継いでほしい。借金まみれの会社より、全国的な知名度もある老舗旅館の跡取りになってほしい。その方が楽だし、翔平だって幸せになれるはず……。

「頑張ってね、応援する。私もこっちで頑張るから」

 言えなかった……。翔平も一人息子。両親の期待を一身に背負う彼もまた、その期待を裏切るわけにはいかないのだ。

 咲良はわかっていた。私も一緒に東京に行くと言ってほしかった事を。だけど、咲良の家の事情を思って言葉に出来ない翔平。あまりにも不器用な二人。話す言葉も見つからないまま、遠くに沈む夕陽をただ黙って眺めていた。

 遠い昔の記憶を辿りながら、思いついたように携帯電話を取り出した。最近届いた翔平からのメールを読み返してみる。

お元気ですか?
君に遅れる事二年、僕もようやく結婚しました。
君が結婚したと聞いた時はショックでした。
でも、僕も良い人と巡り合う事が出来ました。
お互い、素敵な家庭を築いて幸せになりましょう。
お体大切にして、元気な赤ちゃんを産んでください。
待ってますよ、赤ちゃんの写真!

 メールに添付されていたのは、結婚式で撮った二人の画像。純白のウェディングドレスで着飾った新婦の顔に、自分の顔を重ね合わせてみる。その瞬間、咲良の頬に一筋(ひとすじ)の涙が伝(つた)う。

「おめでとう、幸せになってね」

 思い浮かべた自分の顔を涙で消して、二人の幸せを祈っていると、お腹の中で小さな足がポンと蹴った気がした。

「ごめん、風が冷たいよね。早く家に帰ろうね」

 そう言って、大きくなったお腹をさすると、開けていた窓を閉めた。思い出の夕陽に別れを告げ、旅館で待つ愛する人の元へ車を走らせた。地平線に静かに消えていく夕陽は、あの日と同じ色だった……。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2018年8月14日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 61現在の記事:
  • 110689総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 246昨日の閲覧数:
  • 1808先週の閲覧数:
  • 1401月別閲覧数:
  • 69744総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 98昨日の訪問者数:
  • 681先週の訪問者数:
  • 588月別訪問者数:
  • 96一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: