芥川龍之介 小説 独自解釈「悪魔」

引用:青空文庫 芥川龍之介「悪魔」

 芥川龍之介先生が書いた「悪魔」というお話について解説したいと思います。自己流ながら解釈したものをお話したいと思います。

 「伴天連《ばてれん》うるがん」と言う人が主人公です。この人は本名を、ニェッキ・ソルディ・オルガンティノと言います。1533年、イタリアで生まれたオルガンティノは、22歳でイエズス会に入会します。そして、1570年、日本の熊本県天草にやってきます。1577年から30年にわたって京都地区での布教責任者を務めました。

 オルガンティノは1576年に、京都に「聖母被昇天教会」いわゆる「南蛮寺」を完成させます。日本語や日本の習慣を学び、法華経を研究し、パンの代わりに米を食べ、お坊さんのような着物を着て、日本に馴染もうとしていた事と、持ち前の明るい人柄が日本人に受けて、着任3年で、1500人だった信者を15000人に増やしました。

 1587年、豊臣秀吉による禁教令が出されると、京都の南蛮寺は打ち壊されました。オルガンティノは小豆島に逃れた後、翌年には九州に向かい、1609年には長崎で76年の生涯を終えました。

 日本人が好きだった彼は、宇留岸伴天連(うるがん・ばてれん)と呼ばれ、多くの日本人から慕われました。京都で30年過ごす中で、織田信長や豊臣秀吉ともよく交流していました。

 そんなうるがんには、他の人が見えないものまで見えたそうです。そして、人間を誘惑に来る地獄の悪魔の姿まで、ありありと見えたそうです。彼は信長に、自分が京都の町で見た悪魔の様子を話しました。それは、人間の顔と、コウモリの翼と、山羊の脚とを備えた、奇怪な小さい動物であると。この悪魔が、塔の九輪(くりん)の上で手を打って踊り、四つ足門の屋根の下で、日の光を恐れてうずくまる恐ろしい姿をたびたび見たと。そしてある時は、山の法師の背にしがみついたり、女性の髪にぶら下っているのを見たと。

 うるがんの話の中で最も興味深いのが、ある姫君の輿(こし)の上に、悪魔があぐらをかいていた、と言う話です。うるがんについて書かれた本の作者は、これは彼が遠回しに信長を諭しているものだと考えています。

 信長は、その姫君を恋慕い、自分の意に従わせようとしました。ですが、姫君も、姫君の両親も、信長の望みに応えたくありません。そこでうるがんは、姫君の為に、悪魔に言葉を借りて、信長の暴挙をいさめたのだろうと。この解釈が正解かどうかはわかりませんが、我々には関係のない話だと芥川先生は言っています。その時の話は以下の通りです。

Sponsered Link



 ある日の夕方、南蛮寺の門前で、その姫君の輿(こし)の上に一匹の悪魔が座っているのを、うるがんは見ました。この悪魔は、ほかの悪魔とは違って、玉のように美しい顔でした。その悪魔は、何かを深く思い悩んでいるようです。

 両親と共に熱心なローマ・カトリックの信者である姫君が、悪魔に魅入られていると云う事は只事ではないと、うるがんは考えます。そこで彼は、輿の側へ近づき、尊い十字架の力によって難なく悪魔を捕まえると、南蛮寺の中へ連れていきます。キリストの絵の前には、蝋燭の火がくすぶりながら灯っています。その前で、何故、姫君の輿の上に乗っていたのか追及します。すると悪魔はこう答えました。

 「私はあの姫君を堕落させようと思いましたが、同時に堕落させたくないとも思いました。あの清らかな魂を見たら、地獄の火に汚(けが)す気にはなれません。しかしその一方で、堕落させたいと言う気持ちも沸いてきます。相反する気持ちで迷いながら、しみじみ私たちの運命を考えていました。そうでなかったら、あなたに捕まる前に逃げていたでしょう。私たちはいつも、堕落させたくないもの程、ますます堕落させたいのです。これ程不思議な悲しさが他にあるでしょうか。私はこの悲しさを味わう度に、昔見た天国のほがらかな光と、今見ている地獄の暗がりとが、私の小さな胸の中で一つになっているような気がします。どうかそういう私を憐れんで下さい。私は寂しくて仕方がありません」

 美しい顔をした悪魔は、こう言って涙を流しました。この悪魔のその後については明らかになっていません。それは我々には関係ないと芥川先生は言います。芥川先生はこの話を読み、ただこう呼びかけたい、と言っています。

 うるがんよ。悪魔と共に我々を憐れんでくれ。我々にもまた、それと同じような悲しさがある。

 私たちの心の中でも、天使と悪魔がいつも闘っています。そういう人間の弱さを、この作品を通して伝えたいのではないかと思いました。私の解釈なので正解かどうかはわかりませんが、また、芥川先生の小説解説をしたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 16現在の記事:
  • 190970総閲覧数:
  • 143今日の閲覧数:
  • 79昨日の閲覧数:
  • 987先週の閲覧数:
  • 5509月別閲覧数:
  • 119743総訪問者数:
  • 86今日の訪問者数:
  • 70昨日の訪問者数:
  • 597先週の訪問者数:
  • 2385月別訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: