第三話「人を操る少女」

僕の妹の美樹は、霊感が鋭い。本人曰く、「霊は見えないけど、いるのは感じるし、心の中に声が聞こえてくる」らしい。僕には全くそういう能力はないけれど、母がやはり《そういう体質》のようで、「肩がこるから」と、よく肩もみをさせられる。

美樹は頭も良く、そこそこ可愛いからモテると思うのだが、恋愛に関しては奥手のようだ。彼女の生涯のテーマは、《仮説検証》である。自分の立てた仮説が正しいのかどうかを、実験を繰り返して検証することこそが、彼女にとって至福の時間なのだ。

その行為が、男女の恋愛よりも、美樹にとっては優先されるものだった。そして、友人の恋愛話の相談を受けたときは、彼女にとって絶好のチャンスなのだ。

美樹は僕より一つ年下なのだが、小さい頃から「お兄ちゃん」とよく慕ってくれる。向かいあってそれぞれに自分の部屋があって、お互い行ったり来たりする。
Sponsered Link



ある日、僕が帰ってくると、美樹は友人の加奈子にタロット占いをしていた。彼女はドアを開けっ放しにするので、会話の声が聞こえてくる。今どきの女子中学生たちの恋愛話に、ついつい聞き耳を立ててしまう。

どうやら加奈子は、同じクラスの男子・藤本が好きなようだが、美樹の占いでは、彼は別の女子・愛梨が好きらしい。どうも近々、彼は告白を考えているようである。しかし、愛梨は彼の気持ちに気づいていない様子だ。そして困ったことに、この二人の相性は良いらしいのだ。

美樹は「彼が告白したら、愛梨はOKしちゃうよ」と加奈子に言う。「それは嫌だ」という彼女に、美樹はこうささやく。

「じゃあ、邪魔しちゃおうよ」

美樹はそう言って、「彼が告白する前に彼女を連れてきて」と加奈子に言った。そして次の日、加奈子は愛梨を連れてきた。どうやら、美樹のタロット占いは、学校でも《よく当たる》と評判のようである。
僕は例によって、向かいの部屋の会話に聞き耳を立てる。

「愛梨ちゃん、あなたに、不吉なことが近づいているようだわ」
いきなりの不吉な宣告だ! 中二がそんなこと言っていいのか?

「なにそれ、やだー! なんなの、不吉なことって?」
中二らしい、素直な驚きようである。

「あなたに近付いてくる男がいる。一見、良い男のように見えるけど、あなたはその男と縁を持つと不幸になる暗示が出ているわ」
「えー? だれ、それ? わかんなーい!」

どうやら、愛梨は藤本の気持ちには気づいていないらしい。

「その人のイニシャルはFだわ。」
「F? 古川? 藤井? 福田?……藤本?」

おっ?
藤本の名前が出たぞ。

「とにかく、その男から言い寄られたとしても、つきあってはダメ。その男はあなたに災いをもたらすから」
「そうなのね。わかったわ」

「あなたを幸せにしてくれる男は八年後に現れると出てる」
「八年後? わたしが二十二歳になったら出会えるのね」

愛梨は美樹の占いに満足し、喜んで帰っていった。

数日後、美樹の元に、友人の加奈子が来ていた。どうやら藤本は、愛梨に告白してフラれたようだ。
加奈子は、成功報酬として、美樹の好きな限定販売のケーキを買ってきていた。美味しそうにケーキを食べながら会話をする二人の様子は、中二の女子そのままである。

加奈子の藤本に対する恋はまだ成就していないのだが、まずはライバルを一人消してもらったことが嬉しかったようだ。
彼女は終始上機嫌で、何度も美樹に礼を言って帰っていった。彼女が帰ったあと、美樹が僕の部屋にやってきた。

「お兄ちゃん、今の話聞いてたでしょ?」
「えっ?……いや、別に、僕は……」

お前は《千里眼の女》か?

「あの子、これから使えるわ」
「……」

使えるって、なに?
何を企んでるの?

数日後、美樹の部屋に二人の女子が来ていた。
一人はこの前の加奈子、もう一人は……。

「はい、私は中一で、卓也の妹の藤本沙織です」

えっ、藤本の妹?
僕は、意外な人物の登場に、いつもより神経を集中させて聞き耳を立てた。

「はい、私も占い大好きなんです。美樹先輩の噂を聞いて、加奈子さんに連れてきてもらいました」

推理好きの僕は、《沙織》という女の子の登場に、なにか偶然ではないような、必然的に仕組まれたような気がしてならなかった。あわててノートを広げ、登場人物をまとめてみる。

まずは、妹の美樹。そして美樹の友人の加奈子。その加奈子が好きな男子の藤本。藤本が告白した相手の愛梨。

藤本と愛梨を結ぼうとしていた《赤い糸》が、美樹と加奈子によって切られてしまった。その結果、加奈子の美樹に対する信頼がぐっと高まった。

この加奈子という女の子は、僕が見た感じ、かなりのおしゃべりのようだ。学校における、美樹の広報担当のような役目を担っているのだろう。

加奈子が拡散した噂を耳にした沙織が、今日、この家にやってきたのだ。
まるで蜘蛛の巣にかかった蝶々のように……。

さっきちらっと顔が見えたが、沙織もまた、美樹に雰囲気が似ている。”類は友を呼ぶ”と言うことか。
その後、沙織は、度々一人で美樹の部屋に来るようになった。美樹がタロットを教えているようだ。

「すごーい、また当たったー!」

ん?
どうやら、カードで透視の練習をしているのだろう。かなり当たるみたいだが、どうも気になる。僕がさらに聞き耳を立てていると、部屋のドアをノックする音がした。

「お兄ちゃん、ちょっと来て」

お前は《超能力者》か? どうして僕の心がわかるんだ?
僕は言われるがまま、美樹の部屋に入った。

「紹介するね、この子は藤本沙織ちゃん、中学一年生」
「初めまして、藤本沙織です。よろしくお願いします」

「あ、どうも。美樹の兄で中学三年の浩一です」
「この子すごいのよ。何のカードかを当てちゃうの」

そして、美樹はカードを並べると、沙織に当てさせた。たしかに、かなりの的中率で当てていく。どうやらこの子も、美樹と同じ類の人間なのだろう。

美樹は時々、僕に《実験の経過》を見せたがる。この子も、あの加奈子同様、美樹にとっては《実験のアイテム》に過ぎないのだ。

僕には何となく、ストーリーが見えてきた。美樹の計画は、沙織を助手にするつもりなのだ。
まずは沙織にタロットを習得させる。そしてそれによって《人の心が操れる》ことを教えるに違いない。自分と沙織が同類であることは、美樹ならばすでに見抜いているはずだから。

沙織は、師匠である美樹の言うとおりに行動するだろう。美樹の狙いは、沙織のタロットを使って、兄の卓也と加奈子をくっつけるつもりなのだろう。

そうすれば加奈子は、美樹の言うことを絶対視する《忠実な僕》になるだろうし、それは同時に、沙織が師匠の美樹にさらに心酔する要因になる……。

推理オタクの僕は、勝手に妄想をふくらませていった。すると突然、美樹が僕の顔を見て、微笑みながらささやいた。

「その通りよ、お兄ちゃん」

えっ……?
やっぱり、僕の心の中まで見えてるのか?

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 5現在の記事:
  • 35428総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 162昨日の閲覧数:
  • 1181先週の閲覧数:
  • 5344月別閲覧数:
  • 17363総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 748先週の訪問者数:
  • 2524月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: