姉妹の夜

「お姉ちゃん、頼むよ!」
「わかった、可愛い妹よ。ちょっとそこで待っていなさい」

とある一軒家の二階、部屋に訪ねてきた妹の志乃を座らせると、綾乃はタロットカードを並べ始めた。そして、大きな瞳を閉じた後、カードの上に右手をかざしながら、どれが最適なカードなのかを探ってみる。

「お姉ちゃん、それさ……」
「ちょっと黙ってて。集中してるから」
「ごめん……」

 志乃は慌てて口に手を当てる。そして今度は黙ったまま、姉の右手の動きをじっと観察する事にした。綾乃の長い髪が、箒(ほうき)で掃(は)くようにカードを撫(な)でている様子が気になるが、声を出さないようにひたすら我慢する。

 一分近く彷徨(さまよ)った右手がようやくカードを捉(とら)えたようで、綾乃は志乃を見つめて微笑みながら言った。

「色は深紅(しんく)だわ」
「深紅って事は、赤ね。ちょっと待ってて」

 そう言って志乃は立ち上がり、隣続きの自分の部屋に駆け込んだ。クローゼットを開け、赤系統の服を探しては、手当たり次第にベッドに放り投げる。気に入った服はすぐに買いたくなる志乃。値札がついたままで着ていない服も多い。みるみるうちに、ベッドには服の山が出来上がった。

Sponsered Link



「お姉ちゃん、お姉ちゃん、どれが良いの?」

 両手いっぱいに服を抱えて部屋に入ってきた志乃に驚きながらも、綾乃は微笑ましく彼女を迎えた。自分を信頼して頼りにしてくれる妹が、この上なく愛(いと)おしいのだ。

「じゃあ、一枚ずつ着てみたら? 私が良いと思うのと、志乃が良いと思うのが一致したら、それにしよう」
「うん、わかった」

 素直な志乃は、姉の言う通りに一着ずつ試着を始めた。

 明日は、志乃にとって大事な日である。長い間、片想いしてきた憧れの彼と、初めて二人きりで会う。デートではないが、志乃にとってはデートのようなもの。第一印象で彼の心を掴(つか)み、積極的にアピールする。状況次第で告白してしまおうと考えている。

 志乃から何度も彼の話を聞かされてきた綾乃は、可愛い妹の恋を少しでも応援したい。

 霊感があり、直感が鋭い綾乃は、友人知人からいろいろな相談を受けている。特に恋愛に関する悩みが多く、綾乃のアドバイスで上手くいったケースをいくつも見ている志乃は、姉に全幅の信頼を置いている。姉に勧められるまま試着を繰り返す志乃。明日の成功を夢見る二人の夜はまだまだ続く。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 20現在の記事:
  • 134002総閲覧数:
  • 148今日の閲覧数:
  • 172昨日の閲覧数:
  • 1293先週の閲覧数:
  • 3732月別閲覧数:
  • 82035総訪問者数:
  • 98今日の訪問者数:
  • 118昨日の訪問者数:
  • 920先週の訪問者数:
  • 2627月別訪問者数:
  • 117一日あたりの訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: