一本の白い線

 梅雨明け間近の、休日の昼下がり。照りつける太陽の下、子どもたちが走り回る河川敷を見下ろしながら、散歩道を歩いてみる。昨日の出来事が夢のようで、未だ信じられない私をよそに、社会は通常の生活を繰り返している。

 たとえあなたがいなくなっても、世の中は変わらない。その現実は致し方ないとしても、私の心はどうしようもなく騒いでしまう。生きとし生けるもの、必ずいつかは逝(い)ってしまう。誰もがその宿命から逃れられない。わかってはいるけれど……。

 橋の近くの坂には、若いカップルが並んで座っている。高校生同士だろうか? 仲睦まじく愛を語り合うその光景は、微笑ましくもあり、妬(ねた)ましくもある。私にはもう、愛を語り合う人がいない。もし彼らが、突然に愛する人を失ったとしたらどうするのだろう。そんな危惧(きぐ)を覚えずにはいられない。

 人はいつも、愛する人との別れを想定して生きるべきなのだろうか? 私もそうして生きていたなら、少しは苦しみが少なかったのだろうか? 答えのない自問自答を、いつまで繰り返したら良いのだろうか?

 ふと川に目をやると、白いボールが浮かんでいる。幼子(おさなご)が落としてしまったようだ。父親らしき男性が、棒を手にしてボールを引き寄せようとしている。川に落ちる事なく、上手くやり遂げれば良いけれど。見知らぬ人ながら、応援したくなる。

Sponsered Link



 人は、失敗を繰り返しながら生きている。子どもの頃なら、親が手を差し伸べてくれるだろう。泣いて頼めば、笑って助けてくれるだろう。でも、年齢を重ねるにつれて人は、助けてと言えなくなってしまう。誰もがみんな、助けてと言いたいのに、それを許さない風潮が世間にはある。悲しい事だけれど……。

 人はみな、生まれてすぐに名前をもらう。生きとし生けるもの全て、神様からもらった名前があるが、人の場合はそれぞれに特別な名前をもらう。あなたは特別な人なんだよと言うメッセージのように。たとえこの世からいなくなったとしても、名前だけはいつまでも残る。

 どうやらあの父親は、ボールを拾い上げるのに成功したようだ。抱きついて喜んでいる幼子の笑顔が愛くるしい。見ているこちらまで嬉しくなる。彼らの幸せがこれからも続くようにと祈らずにはいられない。

 そして、あの高校生カップルの未来にも、幸せが訪れる事を心から願う。人の運命が決まっているのかどうかは知らないが、それでもやはり、悲しみはないに越した事はない。人の幸せを祈る時、少しだけ自分も幸せな気分になれるのは不思議な感覚だ。

 ふと空を見上げると、青い空に一本の白い線が引かれている。飛行機雲だ。あの白い線は、一体どこまで続くんだろう。どこまでも上を目指すその線が、あなたからのメッセージのような気がして、私の胸を苦しくさせる。

「もう、泣かないよ」

 そう心で呟きながら、涙を止められない私がいた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 35現在の記事:
  • 134706総閲覧数:
  • 190今日の閲覧数:
  • 256昨日の閲覧数:
  • 1468先週の閲覧数:
  • 4436月別閲覧数:
  • 82464総訪問者数:
  • 107今日の訪問者数:
  • 157昨日の訪問者数:
  • 970先週の訪問者数:
  • 3056月別訪問者数:
  • 123一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: