第4話 ライバルの告白

「お兄ちゃん、ちょっと良い?」

 美樹が僕の部屋を訪ねてきたのは、夜の九時頃の事。勉強していた僕は、ちょうど休憩しようと思っていたので「良いよ、入って」と答えた。ゆっくりとドアが開き、そろりそろりと近づいてくる美樹。その手には、何やらノートらしきものを持っている。

「どうしたの?」
「ちょっと、お兄ちゃんに相談があるんだけど、良いかな?……」

 可愛い妹に頼られて、嬉しくない兄がいるだろうか? 誇らしい気持ちを胸に秘めて、僕は笑顔で「良いよ」と答えた。その途端、それまで神妙な顔つきだった美樹の顔が明るくなり、いつもの無邪気な笑顔になった。そして、「これなんだけど……」と言って、手に持っていたノートを僕に手渡してきた。

「ん? 予言ノート? 何の予言?」
「んふふふ……」
「中、見て良いの?」
「まだ、何も書いてないけど」

 確かに、表紙に「予言ノート」と書いてあるだけで、中身は真っ白のまま。意味がわからず困惑した顔の僕に、彼女はこのノートの使い道を説明してくれた。

 彼女には、同じクラスに気になる女の子がいる。その子の名前は麗菜(れいな)。髪が長くておとなしく、お嬢様タイプの女の子だ。自分の事を可愛いと自負している美樹は、男子の視線を集めている彼女に対し、ライバル心を抱いている。

 その麗菜が、同じクラスの藤田倫太郎(ふじたりんたろう)に告白するらしい。手作りチョコを作って渡すつもりだと、友人に聞いたのだ。実は美樹も、藤田のことが好きなのだが、恋愛に奥手の彼女は告白なんて出来ない。ライバルに好きな男子をとられる、そう焦った美樹が考えたのが「予言ノート」なんだとか。

 「予言ノート」とは、叶えたい願い事を書いて、その予言を的中させるためのものだと言う。なんだかデスノートみたいである。彼女 曰(いわ)く、言葉には言霊(ことだま)があって、強く念じれば念じるほど、その通りになるのだと。

 美樹は、タロット占いをやっていくうちに、霊感が強くなってきたと言い、いつかこの予言ノートを試してみたいと思っていたのだが、怖くて出来なかったと言うのだ。

「こんなノート、使って良いと思う?」
「殺人に使わなければ、大丈夫じゃないかな?」
「私も、殺人だけはしないつもりだよ」

 殺人だけはしない? じゃあ、上限はどこまでなんだろう。彼女の考えを聞きたかったけど、怖くて聞けなかった。

 そして、美樹の「予言ノート」生活はスタートした。彼女のやり方はこうである。まず、「麗菜はフラれる」という言葉を、一ページにびっしりと書く。その際、書きながら呪文のようにその言葉を唱えるのだ。それを、告白する日まで毎日続けると言うのである。

 僕はときどき、そのノートを見せてもらった。確かに、「麗菜はフラれる」の文字が、ページいっぱいに隙間なく書かれている。兄としては、美樹の一途な思いが叶う事を願うのだが、実際にそんな事があり得るのかという思いもある。

 そしてついに、運命の朝がやってきた。美樹は緊張しているのか、目を瞑(つむ)りながら朝食のトーストをゆっくりと噛みしめている。緊張に耐え切れない僕は、先に学校に向かった。

Sponsered Link



 一日の授業が終わり、下校時間となる。いよいよ、運命の瞬間の到来だ。一人で校舎の裏に立っている麗菜。美樹と僕は、遠くから彼女を見張っていた。麗菜の友だちから呼び出された藤田が、彼女の前にやってきた。何を話しているのか、その内容は遠すぎてわからない。ただ、麗菜が手作りチョコを差し出すと、藤田は喜んで受け取った。

「これ、OKって事、かな?」

 僕は隣の美樹に聞くが、彼女の返答はない。美樹は黙ったまま、走って家に帰っていった。彼らが悪いわけではないが、可愛い妹を悲しませるこの二人が許せなかった。

 家に帰ると、美樹は自分の部屋に閉じこもっており、かける言葉も見つからない僕はどうする事も出来なかった。その後しばらく、美樹から笑顔が消えてしまった。

 そんなある日の夜、部屋にいた僕のもとに美樹がやってきた。

「お兄ちゃん、勉強してる? ちょっと良いかな?」

 宿題はあったが、妹と久しぶりに話せるのが嬉しくて、「良いよ」と快く迎え入れた。美樹の手には、例の「予言ノート」が。そして、彼女が開いたページには、”mission(ミッション)complete(コンプリート)”と書かれている。

「何なの、ミッション・コンプリート(任務終了)って?」

 意味が分からない。願いは叶ったという事か? 不思議な顔の僕に、美樹は詳細を語りだした。

 実は、あの手作りチョコを食べた藤田が、チョコが原因で食中毒になって入院したのだ。そのお陰で、大事なサッカーの試合にも出られなかった。退院後に藤田は、麗菜との交際を断ったらしい。そのショックで、麗菜は今、登校拒否状態だと言う。

 「そうなると、願いが成就したって事なの?」そう尋ねる僕に、紙袋を差し出す美樹。中には、木で作った二体の人形が入っていた。

 人形の頭の部分には、隠し撮りした藤田と麗菜の顔写真が貼られている。よく見ると、藤田の人形の腹の部分に、コンパスの針を刺した痕がいくつもあった。美樹は、告白現場を見届けた後に急いで家に帰り、この人形を完成させていたと言うのだ。

 そして再び、「予言ノート」に「麗菜はフラれる」という言葉を書き続け、さらには藤田人形の腹を刺し続けたのだ。部屋を真っ暗にして、キャンドルを二つ灯し、ブツブツと念じながら腹を刺し続ける光景を想像すると、背筋が寒くなってくる。その結果、藤田は食中毒を起こしたのだと言う。

 それだけにとどまらず、美樹はさらに、麗菜の写真の頭の部分にも針を刺し続けたらしい。その努力の甲斐あって、見事に予言を完成させた。ニコニコ顔の美樹を見て、「こいつに恨まれたらお終(しま)いだ」と僕は思った。

 「これからも仲良くしようね、お兄ちゃん!」そう笑う美樹に対し、僕は頷(うなず)く事しか出来なかった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年9月30日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 13現在の記事:
  • 184718総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 185昨日の閲覧数:
  • 979先週の閲覧数:
  • 3913月別閲覧数:
  • 116872総訪問者数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 112昨日の訪問者数:
  • 639先週の訪問者数:
  • 2371月別訪問者数:
  • 88一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: