約束の日

 心地良いボサノバのメロディーが流れる喫茶店。奥の席で向かい合う、あいつと私。あいつはアイスコーヒー、私はホットコーヒーを飲む。高校時代から付き合い始めた私たちは、別々の大学に進んでからも、何となく付き合っていた。

 それが突然、「大事な話がある」と呼び出されて、今こうして向かい合っている。何だろう、大事な話って? もしかして別れ話? もう別れようって言われるのかな?

「よお、久しぶりだな、七海(ななみ)!」
「ねえ、正義(まさよし)くん、話って何?」
「ああ、実は俺、アメリカに行こうと思ってね」
「アメリカ? 何よ、いきなり? 何で?」
「うーん、神のお告げ、かな?」
「神のお告げって、何よそれ?」

 前から少し変わっているとは思っていたけど、突然アメリカに行きたいなんて……。

「アメリカに行って、どうするのさ?」
「まあとりあえず、英語をマスターするかな。英語が話せるようになれば、世界がぐっと広がるだろ?」
「じゃあ、大学は?」
「その間、休学する」
「英語をマスターして、その後はどうするのよ?」
「まだわかんない。そのままアメリカに住むかも知れないし、日本に帰ってくるかも知れないし」

 思わず大きな溜息が出ちゃう。いつもそう。計画性がなくて、行き当たりばったりな性格なんだから。今までだって、何度振り回されてきた事か。デートで映画に行こうって言ってたのに、急に海に行くって言い出したり。感覚人間で、いい加減すぎるよ。

「それじゃあ私は、どうしたら良いのよ?」
「どうしたらって、何が?」
「正義くんが帰ってくるまで、待ってろって事?」
「うーん、そりゃまあ、どっちでも良いんじゃないかな?」
「どっちでも良いって、何さ!」
「待っていたきゃ待ってても良いし、待ちたくなかったら待たなくても良いし」
「何よ、それ……」

 こういう所が頭にくるのよ。私は一体何なの? 彼女なのか彼女じゃないのか、はっきりしてよ! そう言いたくて、口まで出かかったけど、私は言葉を飲み込んだ。いい加減でいつも振り回されるんだけど、そんな正義が大好きだから。

Sponsered Link



「じゃあ、こうしようか?」
「えっ、何?」
「十年だけ待ってよ。もし十年経っても、君が俺の事が好きだったら、十年後の今日の午後六時、この店で待ってて。もし違う人を好きになったら、来なくて良いから。俺も、十年経っても君の事が好きだったら来るし、違う人を好きになったらここには来ない。それでどうかな?」
「それでどうって言われても……」

 大きな目で凝視された私は、言葉に詰まってしまった。一方的に決められても困るんだよって言いたかった。アメリカなんて行かないでって言いたかった。私の傍(そば)にずっといてよって言いたかった……。

 だけど言えない。言うのは恥ずかしいし、言ってもどうせ聞かないと思うから。もう、絶対待っててなんかやるもんか。そう思いながらも、大好きな気持ちは消せない……。

「うん、わかった。じゃあ、十年後ね。来るかどうか、保証はできないけど」
「好きな人が出来たら来なくて良いからね。俺だって、来るかどうかわからないし」

 そう言って笑う、あいつの顔が眩しい。格好良い。だけど、私にはどうする事も出来ない。

 正義が、「十年後も、ここやってますか?」とマスターに尋ねると、「君たちのために頑張って続ける」と笑った。店内には、私たちの他に客はいなかった。

 十年なんて、あっという間だった気がする。あいつと別れて、今まで何人かと付き合ったけど、どうしても正義と比べてしまう。あいつの嫌な所ばかり思い出すのに、どうしても忘れられない。

 行こう。あいつに会いに行こう。もしかしたら、あいつは来ないかも知れない。私の事なんてとっくに忘れて、幸せになっているかも知れない。それでもいいや。来なくてもいいや。一時間だけ待って、来なかったら帰ろう。

 約束の日、約束の喫茶店。もうすぐ午後六時になる。来てるかな? 来ていないかな? 胸が高鳴って鼓動が早くなる。心臓を右手で押さえながら、ゆっくりとドアを開けた。

 「いらっしゃいませ」と声が響き、穏やかに微笑むマスターが見えた。顔のしわが少し増えた気がする。彼もまた、十年前の約束を覚えていてくれたんだ。私を確認して軽く会釈をすると、奥の席を指差した。

「久しぶり!」

 えっ? どうして? どうしているの? 何でいるのよ、と言いたかったけど、言葉が何も出てこない。その代わり、目から熱いものが零(こぼ)れている。

 涙が口から出そうになるほど、胸の中が熱くなった。ああ、良かった。やっぱり来て良かった。口を押さえたまま立っている私に、あいつが口を開いた。

「元気だったか? 話したい事がいっぱいあるから、まあ座って」

 ちょっとだけ太ったかな? でも、それ以外は変わっていない。十年前のあいつと、少しも変わっていない。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 13現在の記事:
  • 135825総閲覧数:
  • 44今日の閲覧数:
  • 237昨日の閲覧数:
  • 1565先週の閲覧数:
  • 5555月別閲覧数:
  • 83242総訪問者数:
  • 39今日の訪問者数:
  • 151昨日の訪問者数:
  • 1042先週の訪問者数:
  • 3834月別訪問者数:
  • 143一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: