明け方の風景

 新聞配達さえ来ない早朝から、カチャカチャと腕時計をはめる音がする。大きな背中が白いシャツに隠れる。私は眠い目を擦りながら、彼の着替えをじっと眺める。思わず「またか」と心の中で呟いてしまう。この雄鶏は鳴きもせずに黙々と着替えるだけだ。

「もう行くの?」
「ああ」

 私の問いかけに返ってくる返事がそっけない。でもこれはいつもの事だと、慣れてしまっている自分が嫌だ。肉体の欲望さえ満たしてしまえば、すぐに冷静になれる。そんな男ばかりに出会ってしまうのは何故だろう。

 たまには、目が覚めてもしばらくベッドで過ごすカップルになりたい。シーツにくるまって裸身を隠す。ハリウッドの恋愛映画で良く見かけるシーンのように。そんな素敵な男は、この日本にはいないのだろうか?

「朝御飯は食べないの?」
「うん」

 朝御飯を食べずに出ていくのはいつもの事。食事をしたくないのは、私とは家族じゃないからだろうか? 家で待つ奥さんに遠慮しているのだろうか? そんな事は、不倫相手の私がどうこう言える立場じゃない。だけど、なんか寂しい。

 私以外にも、不倫している女はたくさんいるはず。世界中で、この日本にだってたくさんいるに違いない。みんなどう思っているんだろう。寂しくないのだろうか? 切なくないのだろうか? 悔しくないのだろうか? 出来る事なら、一人一人に尋ねてみたい。

Sponsered Link



 この人がもし、奥さんで満足できるのなら、私のところへは来ないだろう。口を開けば、奥さんに対する愚痴ばかりが飛び出す。この人に愛されていない奥さんもまた、寂しい思いをしているのではないかと思う。彼女もまた、私と同じなのだ。

「私の事、好き?」
「ああ、もちろん」

 意地悪な質問をしてみる。もしも私が嫌いなら、ここへは来ないだろう。でも、本当に好きかどうかはわからない。腹の中ではそう思っていなくても、口では何とでも言えるのだから。好きなふりをして、私の体を繋ぎとめているだけなのではないか。そんな嫌な考えが頭をよぎる。だけど、それでも良い。来てくれるだけで、私は良いんだ。

 彼の事を遠くから見つめていた頃は、愛しているだけでも幸せに思えた。それが、付き合うようになって目の前にいる事が増えると、愛してほしくなる。体だけでなく、心も愛されたい。不倫相手の私には贅沢な望みなのだろうか?

「今度はいつ来れる?」
「わからない。また連絡する」

 そう言って、彼は部屋を出ていった。私は窓の傍に立ち、カーテンの隙間から彼の背中をそっと見送る。我知らず、涙の雫が頬を伝う。私は一人、仕方がないよと自分を慰めるより他にない。新たな一日が静かに始まっていく。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 34現在の記事:
  • 120125総閲覧数:
  • 313今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3039先週の閲覧数:
  • 4298月別閲覧数:
  • 73332総訪問者数:
  • 49今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 784先週の訪問者数:
  • 1270月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: