西に向かう旅

 朝、ひとみが目を覚ますと、リビングのテーブルに置手紙があった。白い便箋(びんせん)に大きく「田舎に帰る。今までありがとう」との文字。ひとみは慌てて悟郎(ごろう)を捜すが、彼の姿はどこにもない。携帯に電話をかけるが、出てくれない。LINEのメッセージも既読にならない。

「田舎? 九州? 福岡?」

 頭の中で、彼の故郷の情景が浮かぶ。一度、一緒に旅行に行った事がある。実家の住所も知っている。時計を見ると、午前七時五十分。いつもなら六時には起きるのに、今日は休みだからと昨夜は飲み過ぎてしまった。突然、田舎に帰るなんて、どうしたんだろう? ひとみの頭の中で、昨夜の記憶が蘇る。

「俺、やっぱり京都は合わない」
「そう? 京都生まれの私でも、合わないなって思う時があるよ」
「うん」
「そんなに悩まないで、まあ、飲もうよ」

 二人の出会いは、インターネット。共通の趣味の話題で盛り上がり、意気投合。京都と福岡で遠距離ながら、どんどん感情は高まっていった。そして遂に、会いたい気持ちが最高潮に達したところで、彼が京都に行き、二人は同棲を始めた。

 ひとみは両親が経営するスーパーで働いており、彼もそこで働く事になった。しかし、いきなり娘と同棲を始めた彼を、ひとみの両親は快く思わない。娘を心配する親心として当然だろう。

Sponsered Link



 彼もまた、成人した娘の恋愛を邪魔する彼女の両親の気持ちが理解出来ない。彼女が一人娘だから、三男の自分がわざわざ京都に来てやったのにという思いがある。

 それでも彼は、内面を隠しながらニコニコと仕事をしていたが、スーパーでの接客を通して、京都に住む人たちの人間性に戸惑う事があった。九州で生まれ育ち、常識のように思っていた事が、京都では常識ではなかったりする。

 もともと悩みやすく、不満を内に抱えやすい彼は、ひたすら自分を押し殺して生きてきた。それでも、自分を理解してくれるひとみさえいてくれればそれで良い、そう思ってきた。

 さりげなく、自分の気持ちを打ち明けてみるが、楽天家の彼女には彼の悩みは理解出来ない。昨夜の会話の中で、彼が送った最後のSOSを、彼女は見過ごしてしまったのだ。

 彼に連絡がつかないまま、ひとみは新幹線に飛び乗った。窓の外には雨が降っている。その雨が、彼の涙のような気がして、ひとみの瞳を潤ませる。半年間、我慢してくれた彼が愛おしい。彼と過ごした日々が思い出される。

 ひとみはもう、心に決めた。彼と共に福岡で住もうと。新幹線のように、彼女の心は猛スピードで彼のもとに飛んでいた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 10現在の記事:
  • 140953総閲覧数:
  • 120今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 1257先週の閲覧数:
  • 4801月別閲覧数:
  • 86637総訪問者数:
  • 81今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1004先週の訪問者数:
  • 3175月別訪問者数:
  • 132一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: