人類救済の薬

「博士、うまくいきました!」

 職員の一人が嬉々として叫んだ。私はすぐさま駆け寄り、彼女の目の前にあるモニターを凝視する。そこには、ウェルナー症候群の症状が見てとれる被験者が映っていた。

「おお……完璧だ……」

 想像以上の結果に、私の声が震えているのがわかる。あまりにも感動しすぎて、喜びの表現方法がわからない。体が宙を舞っているかのように感じられ、よろけて転びそうになる。

「危ない! 大丈夫ですか?」

 傍にいた職員が支えてくれた。私は「ありがとう」と声をかけ、彼女の肩を優しく叩く。知らぬ間に、私の目に涙が溜まっているようだ。両頬を伝う涙が冷たい。

 見れば、職員たちの目にも涙が溜まっていた。無理もない。この日を迎えるまで、どれほど困難な道のりだったか。何年もの間、彼らはプライベートを犠牲にしてきたのだから……。
Sponsered Link



「博士、おめでとうございます」

 そう言って抱きついてきた彼女を、私もそっと抱きしめる。「ありがとう」それしか言えない。彼女は恋人と別れてまで、私の研究に付き合ってくれた。

 私は職員一人一人と握手を交わし、感謝の意を伝えた。そして一同に向かって深々と頭を下げ、その部屋を後にした。

 自分の部屋に戻ると、ゆったりと椅子に座って、机の上のファイルを手にとる。「長かった……」これまでの人生が走馬灯のように蘇ってくる。

 増え続ける人類の人口問題。このままでは人類は滅亡する。その解決のために人生を捧げるきっかけとなったのは、先祖代々家宝とされてきた箱を見つけた事だった。

 我が先祖が一瞬で老人になったというその箱。その箱に隠された秘密をようやく解明し、私は早老症を発症させるメカニズムを解き明かした。これで世界の人口を大幅に削減できる事だろう。

 早い……。私の手が急速にしわくちゃになっていく。体が重だるい。唾がうまく飲み込めない。肺が苦しい。これが年老いると言う事か。もう数時間もすれば心臓も止まる……。

 これを実用するかどうかは、為政者たちに委ねよう。ここに私の論文がある。発表するかどうかは研究所の皆に任せる事にしよう。

 何はともあれ、私は充分に満足だ。私は私の人生を誇りに思う。そして、私の先祖を誇りに思う。我が先祖、浦島太郎……。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 11現在の記事:
  • 78165総閲覧数:
  • 81今日の閲覧数:
  • 106昨日の閲覧数:
  • 1032先週の閲覧数:
  • 1698月別閲覧数:
  • 46426総訪問者数:
  • 54今日の訪問者数:
  • 93昨日の訪問者数:
  • 818先週の訪問者数:
  • 1130月別訪問者数:
  • 109一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: