思い出のレストラン

「ママ、暑いよ」
「そうだね、暑いね」

 今日は一段と暑い。頭上から降り注ぐ太陽が、足元から照り返す。娘と重ねた右手が汗ばむ。汗が滲む娘の額をハンカチで拭いながら上る坂道が、どこまでもどこまでも続いている。

 この街は坂が多い。久しぶりに来てみて、改めてそう感じる。若い学生が、自転車で坂を上っている姿を見て、昔の自分と重なって見えた。若い頃、この街で過ごした記憶が蘇る。

「ママ、見て。レストランがある」
「うん。ここでアイスを食べよう」
「わーい、やったー」

 懐かしいレストラン。ここに来るのは十年振りだ。外観は少しも変わらない。私のために変わらないでいてくれたのか。そんなはずはないけど、何故かとても嬉しくなる。

 娘と座る窓際のテーブル。彼はここから見える海が好きだった。遠くに見える岬や貨物船を、何も言わずに一緒に眺めた日々。美味しそうにアイスを食べる娘と、十年前の彼の姿が重なる。

海がない県で生まれ育った私は、海が見える場所に住むのが夢だった。初めての一人暮らしの部屋は、出来るだけ海が近い所から選んだ。歩いて五分で浜辺に出られる部屋に住み、暇さえあれば海を見て過ごすのが好きだった。

 彼とはこの店で出会った。友人の彼氏の友人で、会った瞬間に恋に落ちた。

短髪で日焼け顔、海が似合う人だった。一緒にサーフィンをしたり、ドライブをしたり、彼との思い出は楽しい事ばかり覚えている。喧嘩(けんか)をした事なんて一度もなかった。すごく気が合ったし、一緒にいてとても楽しかった。

Sponsered Link



「僕たち、別れよう」

 あまりに突然すぎて、言葉が出てこない。それまで仲良く過ごしていたのに、どうしてそんな事を言い出すのか見当もつかない。

「僕には夢があるんだ。その夢を叶えるために、僕と別れてほしい」

 喧嘩をしたわけではない。嫌いになったわけでもない。ただ、夢を叶えるためには私と別れないといけない。その夢が何なのか、詳しく聞いても教えてくれない。

 彼の事が好きだったから、彼の願う通りにしてあげたいと思った。私と付き合う事以上に、彼にとっては夢が大事なのだろう。私が一番になれなかった事がショックだったのかも知れない。

「うん、わかった。頑張ってね。応援しているからね」

 そう言って私は、彼に向かって微笑んだ。その笑顔は、自然な笑顔ではなかったと思う。どこか不自然で、無理やり作った笑顔だったと思う。

 もしあの時、自分の本音をさらけ出していたら……。別れたくないって、泣いて彼にすがっていたら……。

 そう思いながら、目の前にいる娘の顔と彼の顔を変えてみたけど、やっぱりしっくりこない。過去をいくら悔やんでも始まらない。彼とは別れる運命だったのだ。

「美味しい」
「そう、良かった」

 そう言う娘の飛び切りの笑顔が、私の過去の決断を肯定してくれた気がした。

投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 34現在の記事:
  • 120111総閲覧数:
  • 299今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3025先週の閲覧数:
  • 4284月別閲覧数:
  • 73329総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 781先週の訪問者数:
  • 1267月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: