彼女の思い出

「はい、お部屋の確認は終わりました。あっ、あそこに、サボテンがありますけど」
「えっ? あっ、そうですね」

 不動産屋の担当者に言われて、気がついた。出窓の隅にいた、小さなサボテン。全く違和感を感じないほど、この部屋と馴染んでいる。彼女が置いていったものだ。

「どうしますか?」
「えーっと、そうですね……。持っていきます」

 どうしますかと言うのは、こちらで処分しましょうかと言う意味だろうか? いくら彼女と別れたと言っても、サボテンを捨てるのは違う気がする。

「これ、どう? 可愛いでしょ?」

 同棲を始める時に、彼女が持ってきたサボテン。可愛いかと言われても、あの時は返答に困ったけれど、こうして花が咲いていると可愛く感じる。

 彼女が育てていたから、どうやって育ててれば良いのかわからない。砂漠なんかで育つ植物だし、水をやるタイミングなんかがあるのだろうか? そう言えば彼女に、サボテンの育て方を聞いた事がなかった。彼女がやっていた事に、もっと関心を持ってあげれば良かった。

Sponsered Link



 彼女は何が好きだったんだろう? 料理の研究は、よくしていた気がする。雑誌を買ってきて読んだり、ネットで調べたりしていた。感想をよく聞かれたけど、僕は料理にこだわりなんてないし、ただお腹が膨れれば良いと思っているから、どれもみんな旨いってだけで済ませていた気がする。そういうところがダメだったのかも知れない。

 外食しても、いつも同じ店だって言われたなあ。同じ店で同じメニューしか頼まないって。確かに僕は、同じ店にしか行かないし、だいたいいつも、同じものを頼んでいる。いちいち食べる事で悩みたくないし、その悩む時間がもったいないと思うから。

 でも、女性はきっと違うんだろうなあ。いろんなお店に行ってみたいし、いろんなものを食べてみたい。食べる事が楽しみなんだろうなあ。その辺の事を、わかってあげれば良かった。

 あの日の事は、今でもよく覚えている。些細な口喧嘩から、お互いの不満が一気に爆発してしまった。洗濯の途中だったのに、よほど頭にきたのだろう。荷物をカバンにつめて、そのまま出て行ってしまった。後に残された僕は、しばらくぼーっとしていたっけなあ。

「では、鍵をお預かりします。どうもありがとうございました」

 笑顔の不動産屋に頭を下げて外に出た。この部屋には二人の思い出が詰まっているから、一人で住むには辛すぎる。彼女はもう、新しい恋に出会っただろうか? 僕はしばらく、彼女の事を引きずりそうだ。空から降る雪が、この街を冷たくしながら、僕の心も冷やしている。冬が終わらない限り、心に積もった雪は解けそうにない。

 当分の間は、このサボテンと一緒に生きて行こう。厳しい環境でも生き抜く力を、サボテンから学ぶ事にしよう。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 46現在の記事:
  • 120299総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2974先週の閲覧数:
  • 4472月別閲覧数:
  • 73406総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 762先週の訪問者数:
  • 1344月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: