X’masの出逢い〜カナ&ショウタ*season4

 華やかな光の輪の中をゆっくりと歩いてみる。近頃よく耳にするジングルベルが聞こえてくる。土曜日なのに、いつもより人通りが少ない。肌を刺す冷たい空気に耐えられなくて、みんな地下街にいるのだろう。だけど私はそれほど寒さを感じない。今日は12月25日、待ちに待ったX’mas本番なのだから。

 約束の時間までまだ1時間以上ある。お気に入りの雑貨店でペアのカップを見ていると、ふいに電話の着信音が鳴った。課長からだ。

 「カナ君、申し訳ない。トラブルが起きた! 至急来てくれ」
 
 年末休みに入る直前、しかも週末だから仕方がない。慌ててショウタに電話を入れる。

 「ショウタ、ごめん。急ぎの仕事入っちゃって、会えなくなったぁ」
 「残念ですが仕方ないですね。カナさん、無理しないでくださいね」

 ショウタの気遣いが嬉しい。会社に戻ると、課長が一人で作業に追われている。

 「おー、カナ君。助けてくれ! 明日使うデータの変更を頼まれた。あと1時間しかない!」

 見ると、当初より大幅に変更されている。上得意な取り引き先で、断ることが出来なかったらしい。パソコンが苦手な課長だけでは間に合わないだろう。自分もそんなに得意ではないが、入力だけならなんとかなる。先方も、クリスマス返上で待機しているハズ。

 タイムアウト10分前。

 「こっちはなんとか終わりました。課長、大丈夫ですか!」
 「すまんっ。これだけ頼む!」

 10分で3ページ⁉️ 大変だけど、絶対間に合わせる! パソコンに全意識を集中させ、最後の✴️Enterキー✴️を押す。ま、間に合った?

 「よっしゃ〜、間に合った!」
 「やりましたね〜、課長♪」

 思わず手を取り合って喜んだ。もぉ〜、課長ったらかわいすぎるぅ。

 「カナ君、ほんとに助かった、ありがとう。せっかくのクリスマスなのに申し訳なかったね」
 「課長こそ、おつかれさまでした。こんなクリスマスもありですね」

 課長、意外とパソコン出来るんだ。今度からお願いしよう。時計を見ると、既に22時を過ぎている。ショウタに終わった事をメールすると、すぐ着信がきた。

 「カナさん、お疲れ様です。今どこですか?」
 「会社出るところだよ。今日はごめんね、せっかくのクリスマスだったのに……」
 「カナさん、そこにいてくださいね」

 15分後、あり得ない事が起きた。

 「カ〜ナさん、おつかれさまでした♪」
 「えーっ! なんでいるのー! どしてっ?」

 家からだと、早くても会社まで30分はかかる。

 「カナさんって、終わったらすぐメールくれるでしょ? だから会社からだろうと思って……。まだクリスマスは終わってませんよ。ケーキ買って、二人で食べましょ?」

 嬉しすぎるのと疲れ過ぎたせいで、泣きそぉになる。住宅街の歩き慣れた道を二人で歩く。今日は赤や緑の明かりがとてもキレイ。まるで私たちのために灯されたように見える。すると、ショウタが突然立ち止まって人差し指を口にあてた。ん? ……ニャー……ニャー。か細く震えた鳴き声が聞こえてくる。

Sponsered Link



 ✴️心やさしい人に出会えますように✴️と書かれた箱の中に、悲しい目をした仔猫が震えている。捨て猫? ショウタが仔猫を抱き上げて、心配そぉに見つめている。

 「こんなに震えて、かわいそうに。お腹も空いてるよね」
 「ねぇカナさん、この子心配だから、連れて帰っていいですか? せめて元気になるまで」
 「あたしもそう思ってた。ほぉっておけないもんね」

 ショウタは嬉しそぉに、自分のコートに仔猫を包み込んだ。

 「いいな……」
 「ん? どぉしました?」
 「なんでもな〜い」
 「あっ! この子のご飯、用意しなくちゃ」
 「ねぇ、名前も考えなきゃ。いつまでもこの子じゃかわいそう」
 「そぉですね。じゃあ、みんなに愛されるように、✴️ラブリー✴️はどぉですか?」
 「ぅん♪ いいかも。女の子だし、ピッタリね」

 24時間営業のスーパーに寄って、ラブリーのご飯とミルク、それに小さなショートケーキを買った。

 「アレ? クリスマスケーキは?」
 「だって、ショウタ甘いものニガテじゃない。それに、もぅクリスマス終わるし。これも、今日中に食べなきゃいけないと思う」
 「じゃあ、半分こしましょう」
 「キャー大変! あと1時間でクリスマスが終わるー💦 早く帰ってパーティーしなくちゃ。走るよ〜」
 「ニャ〜」

 ラブリーが、ショウタの腕の中で返事をした。

 「カナさんが、ラブリーにヤキモチ妬かないように」

 そう言って、私の手を握りしめる。そのまま二人で手を繋いで、家までの道を駆け出した。

fin

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月25日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」

  • 23現在の記事:
  • 200493総閲覧数:
  • 49今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 1509先週の閲覧数:
  • 3508月別閲覧数:
  • 123849総訪問者数:
  • 43今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 554先週の訪問者数:
  • 1724月別訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: