元AKB48・女優の大島優子さん

元AKB48で女優の大島優子さんのインタビューです。

AKBじゃない自分は何者なのか―大島優子、30歳で見つけた答え

12/11(火) 7:00 配信

20代最後の1年をアメリカで過ごし、10月に30歳を迎えた大島優子。
2014年にAKB48を卒業後、女優業に専念するなかで、「AKB48じゃない大島優子は何者なのか」「女優としてどう表現していけばいいか」、迷いを抱えていたという。
1年の海外生活を経て、再発見した自分とは。
(取材・文:城リユア/撮影:藤原江理奈/Yahoo!ニュース 特集編集部)

なぜ、アメリカに旅立ったのか

「戻ってきたときに、自分の居場所はないかもしれないとも思いました。でもその恐怖よりも、新しい環境に飛び込んだ自分に会いたい気持ちの方が勝ったんです」

2014年にAKB48を卒業した後、女優業に専念してきた。
2015年には映画『紙の月』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。
舞台やドラマにも出演を重ね、ステップアップしていこうというとき、突然アメリカへ。
2017年夏、「ニューヨークへ留学する」「本場のエンタメを学ぶ」と報じられた。

「留学先はニューヨークではないんですよ。ダンスや演技など、エンターテインメントを勉強しに行ったわけでもなく、語学留学なんです。留学先ではカレッジに通い、英語漬けの毎日を送っていました。大量に出される宿題を家でこなしていたから、一人しか現地の友だちをつくれなかったくらい(笑)」

なぜ、アメリカに旅立ったのか。

「『AKB48じゃない大島優子って、いったい何者なのか?』『自分がどういう人間で、女優としてどう表現すればいいか』、分からなくなっていたんです。だから、スタッフもファンの方も誰もいない海外で、一人でチャレンジして、自分はこういう人間だって言えるようになりたいと思いました。もっと英語も話せるようになりたくて」

「自分は誰なのか?」という問いに向き合う場面は、留学中にたびたび訪れた。

「例えばクラスメートの前などで、自己紹介を求められる機会が多かったんです。『あなたは誰?』『あなたは自分がどういう人間だと思う?』と、質問攻め。『元AKB48』とか『女優』ということは誰にも言わなかったんです。すると何を答えていいのか、やっぱり分からない。自分の取りえは何なんだろう、と悩みましたね」

あるとき、現地でお世話になっている人から、その答えを教えられたという。
「みんなを笑顔にできるところ、場を明るく変えられるところが、君の魅力じゃない?」と。

「その言葉を聞いたとき、素直に『あ、それ、すごく好きなことかもしれない』と思えたんです。確かにアイドル時代、ファンの方々もそんなふうに言ってくれていたな、と。アメリカに来てようやく、大島優子という人間はみんなを笑顔にすることが好きで、それが私なんだって、初めておなかの真ん中にストンと落ちました」

自分は望まれていない存在だと思って

7歳から子役を始めた大島の芸歴は、今年で23年。
人生の大半を芸能界で生きてきた。
アメリカでは「芸能人の大島優子」を久しぶりに離れて過ごし、自分を再発見することができたようだ。

そもそも芸能活動のきっかけは、家族の勧めだった。
テレビドラマなどに出演したが、芽は出なかった。

「ドラマに年に1、2回、小さな役で出ていましたね。たぶん才能がないんだな、私はこの世界にいない方がいいのかもしれないって思っていました。望まれていない存在だと。高校生のときは本当に辞めようとしていたんです。進路を考えるころだったし、社会福祉系の学校に進もうかと」

そんな折、ラストチャンスと思って受けたAKB48の2期生オーディションに合格。
17歳のときだった。
当時、AKB48はまだほとんど知られていなかった。

「AKB48がアイドルであることも知りませんでした。合格してからは栃木の高校と東京のレッスン、劇場を行ったり来たり。『自分はアイドルをやるんだ!』と決意する暇もなければ、辞めたいと思う暇もないくらい忙しかった。がむしゃらでしたね」

授業中は眠ってしまうが、移動の電車内で勉強し、テストでは高得点をキープしていたという。
目まぐるしい日々を送る大島を支えたのは、一人で育ててくれた父の存在だ。

「毎日お弁当を作ってくれたり、車で送り迎えしてくれたり。ハードな毎日を乗り越えられたのは、学校やAKB48にいた友だちのおかげでもありますが、やっぱり父の存在が一番大きかったですね。あのころは当たり前になっていたけど、大人になった今、実感しています」

頑張ってもミステリアスにはなれない

「常に目の前の景色が動いていて、止まっている瞬間がなかった」というAKB48時代を経て、女優へ。

アイドルと女優の違いに、戸惑いもあった。

「AKB48のときは、握手会でファンの人と触れ合うことで、どういう空気感かっていうのを分かってもらったうえでステージに立っています。バラエティーにもたくさん出させていただいて、私自身がどういうキャラクターなのか、イメージが付いていると思うんですね。女優として役を演じるっていうときに、やっぱりそれが先に頭に浮かんでしまうんじゃないかって」

アイドルとして自分自身をさらけ出した後で、今度は役を生きる女優にならなくてはならない。
昔から周囲のスタッフには「『本当はこの人、何を考えているんだろう?』と想像したくなってしまうような、ミステリアスさが大島には足りない」と言われてきたという。

「何回かトライして“ミステリアス”をつくろうと頑張ったんですけど。全然無理なんですよ、ミステリアスになれないんですよ(笑)。で、受け入れて、諦めて。私はミステリアスじゃない人としてやっていきますというふうに、もう割り切りました。『その人物になる』ということにただ専念しようと」

女優業に専念するようになってからは「集中しすぎて苦しくなる瞬間がある」と語る。

「例えば人との触れ合いを閉ざしている役だったら、部屋のカーテンも閉めて、友だちとも会わないようにして……。もう少しうまくやれるといいなと思うんですけど。(AKB48を)卒業して4年、まだやり方をつかめていないのかもしれません」

アイドル時代も女優になっても、「全力投球」のスタイルは変わらない。

「バカなんですね、たぶん。全力バカなんだと思います」

30歳になって、生きやすくなった

10月17日、30歳の誕生日を迎えた。

「30歳になった今、すごく気持ちが軽いんです。楽しみしかない。実は20歳になった瞬間から、早く30歳になりたいって思ってたんです。20代の10年間は、人生の土台を作るための“苦行”だと覚悟していて。大人になるための準備というか」

アメリカでの暮らしも、気持ちにゆとりを与えたようだ。

「出会った皆さん、心豊かで、気持ちに余裕があって。私もそうでありたいな、と。『小さいことなんて気にしなくていいんだ』って思えるようになって、とても生きやすくなりました」

「20代のころは仕事も恋愛も『これだけ頑張りたい』と決めていたんですけど、今はもう、流れに身を任せて。ゆる~く、流れるままにいたいと思っています。あ、でも、90歳のおばあちゃんが元気なうちに、未来の旦那様や子どもを見せてあげたい(笑)」

リスクがあってもいばらの道を選びたい

帰国後、再始動1作目は、ロシアの文豪・ドストエフスキー原作の舞台『罪と罰』だ。

「最初にファンの皆さんの目の前に立って、生のお芝居をしたかったんです」

アイドルとしてずっと板の上で勝負してきた大島は「舞台に立つことがやっぱり好き」だと言う。
演じるのは、罪を重ねる主人公・ラスコリニコフを受け入れ、唯一の心の救いとなっていく娘・ソーニャ。
大島は、本作を手掛けるイギリス人演出家のフィリップ・ブリーンによるワークショップに、大竹しのぶや勝村政信らと共に参加した。

「ワークショップに参加したのは初めてでした。フィリップのお芝居に対する尋常じゃないほどの情熱にのみ込まれ、濃密なひとときでしたね。大先輩方が真摯に芝居に取り組まれる姿や、フィリップの助言を受けて変わっていく光景が、それはもう圧巻で!」

『罪と罰』の脚本は「読めば読むほど闇に吸い込まれていくよう」と難しさを実感しながらも、熱を帯びたワークショップを経て、いっそう気合が入っている。

アメリカ渡航中には、英語の勉強も兼ね、映画やドラマを多く見ていたという。
もちろん日本語字幕はない。

「今の流行をピックアップするのではなく、一つ先のトレンドを読んでいるような作品や、ハチャメチャに明るくなれる作品に特に心を動かされました。いつの日か私も日本でこんな作品づくりに携われたらいいなと夢が膨らんで。そのためにも、いろんな国の映画を見たり本を読んだりして、自分なりのテーマや感性を見つけていきたい」

20代の終わり、思い切って日本を離れ、単身アメリカで過ごしたことで、人生の視野が柔らかに広がった。

「安定の道を取るか、リスクがあってもいばらの道を行くか。私はいばらを選びます。やりたいことがあれば、絶対にやってみるべきだと思うんです。やって後悔は絶対ない。グラグラしているところをつま先立ちでちょっと歩いて渡ってみる。その方が断然、楽しいから」

大島優子(おおしま・ゆうこ)
1988年生まれ。栃木県出身。
2006年AKB48に加入し、中心メンバーとして活躍。
2014年に卒業。女優として多くの作品に出演。
主な出演作に映画『ロマンス』『紙の月』、ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』『東京タラレバ娘』など。
出演舞台『罪と罰』は、2019年1月9日~2月1日に東京・Bunkamuraシアターコクーン、2月9~17日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演予定。
ヘアメイク:犬木愛(Agee)
スタイリング:百々千晴

[出典:AKBじゃない自分は何者なのか―大島優子、30歳で見つけた答え (Yahoo!ニュース > https://news.yahoo.co.jp/feature/1164 ]
Sponsered Link



そんな大島優子さんの四柱推命です。

大島優子さん(1988年10月17日生まれ)

年 戊辰 正財 冠帯
月 壬戌 印綬  墓
日 乙巳    沐浴

大運 壬子 印綬  病
流年 戊戌 正財  墓

比肩星 木 ●
食傷星 火 ●
財星  土 ●●●
官星  金 
印星  水 ●

大島優子さんの命式

大島さんは乙巳日生まれで、乙は陰の木、巳は夏(5月)の火(陰)です。
「夏に咲く草花」といった感じです。

日村勇紀さん、松坂桃李さん、林遣都さん、溝端淳平さんも乙巳日生まれです。 
芸人・日村勇紀さんと元NHKアナウンサー・神田愛花さんの相性
俳優・松坂桃李さん
俳優・林遣都さん
俳優・溝端淳平さんとモデル・美優さんの相性

日干・乙は「乙女」であり、美しい花や植物のよう。
大島さんは比肩も強くないので、見た目通り心優しい人でしょう。

特徴的なのは強い財星です。
財星が強い人は楽天的で余裕があります。

財星は印星を剋しますから、考えないで行動する傾向があります。
また、一度嫌いになると顔も見たくなくなる傾向もあったりします。

一方で、財星の強い人はお金だけでなく愛情もたくさんあります。
「してあげたい」というサービス精神が旺盛です。
それが過ぎると「お節介」になりがちなので注意したいところです。

比肩が弱いので自己主張は強くありません。
年支の冠帯が羊刃であるために、社会的に成功されたのでしょう。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2018年12月15日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 30現在の記事:
  • 69297総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 67昨日の閲覧数:
  • 558先週の閲覧数:
  • 1565月別閲覧数:
  • 40423総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 39昨日の訪問者数:
  • 324先週の訪問者数:
  • 1128月別訪問者数:
  • 45一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: