芥川龍之介 小説 独自解釈「お時儀」

引用:青空文庫 芥川龍之介「お時儀」

 芥川龍之介先生の書いた小説「お時儀(じぎ)」について考えてみたいと思います。主人公は堀川保吉(ほりかわ・やすきち)。海軍の学校で英語を教える傍(かたわ)ら、小説を書いています。この保吉は、ほとんど芥川先生ご本人の事と考えて良いと思います。冒頭で「保吉は、30になったばかりである」とありますが、この小説を書いたのが大正12年9月となっていますので、ご自身は31歳の頃です。

 この原稿が書かれた大正12年9月と言えば、9月1日に「関東大震災」があったばかり。先生はたびたび、震災の話を書いています。「小説を書くのに忙しく、過去を振り返っていられないほど目まぐるしい日々を送っている」と保吉の状況を説明している通り、この頃はご本人も忙しかったのかも知れません。

 物語の始めのほうで「匂いの刺激によって過去の記憶が鮮やかに蘇る事がある」と書いています。そして、都会ゆえに悪臭ばかりであると。その中でも汽車の煤煙(ばいえん)の匂いは、誰でも好んで嗅ぎたい匂いではありません。でも保吉は、その匂いを嗅ぐたびに思い出すお嬢さんがいると言います。

 それは5,6年前の記憶。ある避暑地の停車場のプラットホームで出会ったお嬢さん。毎日汽車に乗る彼にとっては、顔馴染みの一人。年齢は16,7歳。背は低いがすらりとしている。顔は美人と言うほどではないが愛嬌のある丸顔。彼は恋をしているわけではありませんが、彼女がいないとどこか寂しい気がします。

 3月のある日、彼は勤め先から出て列車に乗りました。窓から見える風景をぼんやりと眺めながら、いつか読んだ横文字の小説に平地を走る汽車の音は「Tratata tratata Tratata(タラタタ・タラタタ・タラタタ)」、鉄橋を渡る汽車の音は「Trararach trararach(タララッチ・タララッチ)」と書いてあった事を思い出し、そう言う風に聞こえなくもないなと考えています。

 避暑地に着いて停車場に降りると、少し前に着いた下り列車も止っています。すると、その汽車からお嬢さんが降りてきました。おや、と思った彼は思わず、お嬢さんにお時儀(じぎ)をしてしまいました。彼は「しまった」と思い、恥ずかしさのあまり耳を真っ赤にしてしまいます。ところが意外にも、彼女も彼に会釈をしました。

Sponsered Link



 保吉は下宿に帰らず、誰もいない砂浜へ行きました。彼は気持ちが沈んだ時にはよく、ここにやってきてパイプをふかします。明日、顔を合わせた時、彼女はどうするだろうか? 彼を不良少年と思っていれば、ちらりとも見ないだろう。しかし不良少年と思っていなければ、今日のようにお時儀するかも知れない。お時儀をした事でこんなに悩む保吉は、彼女にほのかな恋心を抱いていたのでしょうか?

 翌朝、保吉は人のこみ合ったプラットホームを歩いていました。彼は、お嬢さんに会いたい気持ちと会いたくない気持ちで揺れています。そして、会った瞬間に非常識な事をしてしまいそうな不安があります。会ってすぐにキスまでしないとしても、舌を出したりあかんべーをするかも知れない。一種の破壊衝動でしょうか?

 小説家に限らず、芸術家と呼ばれる人たちは皆、破壊衝動を持っている気がします。従来の古いものを壊し、新しいものを創造するのが芸術です。人々をあっと驚かせたい、そういう「いたずら心」を持っているからこそ、創作エネルギーが湧いてくるわけですから、保吉がこういう衝動を抱えている事はわかる気がします。

 そして彼は、悠々と歩いてくるお嬢さんを発見しました。接近する二人は、お互いの顔を見つめています。そしてそのまま何事もなく通り過ぎようとした時、お嬢さんの目を見て彼はこう感じました。「彼女はお時儀をしたがっている」と。そう思いながら緊張していましたが、彼女は何をする事もなく通り過ぎていきました。

 20分後、汽車に揺られながら保吉はパイプを咥(くわ)えていました。お嬢さんの眉毛、目、鼻などを思い浮かべながら、この気持ちはやはり恋愛と言うものだろうかと考えていました。それ以来、汽車の煤煙(ばいえん)の匂いを嗅(か)ぐたびに、彼はこの日の彼女の事を思い出すようになったのです。

 そして文章の最後に、横文字の小説に書いてあった汽車の音で締めくくっています。「Tratata tratata tratata trararach(タラタタ・タラタタ・タラタタ・タララッチ)」映画のエンディングみたいで、なんだか素敵だなあと思いました。皆さんはどう思いますか?

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月6日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」

  • 37現在の記事:
  • 200494総閲覧数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 1510先週の閲覧数:
  • 3509月別閲覧数:
  • 123850総訪問者数:
  • 44今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 555先週の訪問者数:
  • 1725月別訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: