たしかなこと

「あつしー、同窓会どうする?」
 マミからの電話であまり乗り気じゃなかった高校の同窓会に参加する決心がついた。
「あ、うん。一応顔出しておくかな。」
「じゃあ、あたしも。きっとみんなから質問攻めにあうねwww」
 5年ぶりにみんなと会える楽しみもあるが、それ以上に東京で暮らす俺たちへの興味津々の視線が怖い。

 二人が育った田舎はほとんど上京する人はいなくて、みんな地元で就職してる。憧れはあるけど住むには怖い街という印象があるんだろう。そんな大都会から帰ってくる二人に注目が集まるのは覚悟の上だ。

 当時、俺たちは誰もがうらやむ恋人同士だった。どこへ行くのも何をするのも一緒。ある年の文化祭で恥じらいもなくキスシーンを演じてみんなを驚かせた。その時から君への想いがだんだん強くなって結婚したいと思うようになった。

 君はどうなんだ?学生時代の恋愛ごっこだったのか? 恋人がいれば田舎でも刺激のある学校生活が過ごせる、と思ったのかもしれない。その証拠に上京してまもなく、お互い仕事に追われデートも出来ず、すれ違いの日々が続いて別れた。だけどこの大都会でひとりで生きて行くのは怖かったのか、お互いにいつでも駆けつけられる距離に住んでいた。

Sponsered Link



 君は東京での生活をみんなにどう話す? オシャレなカフェや素敵なお店もたくさんあっていいところよ。とでも話すのか。だけど現実は、毎朝の通勤ラッシュでヘトヘトになり、やっと会社に着いても一息つく暇もなく仕事を頼まれる。帰り着くのは毎日22時を過ぎるし、軽くシャワーを浴びて眠るだけの生活だ。

 華やかなのは雑誌やTVの中だけで、休みの日には芝生の上で弁当を食べて昼寝なんて贅沢な話なのだ。石ころ一つ見つけるのも容易ではない世界。毎日のようにけたたましいクラクションが聞こえ、罵声が飛び交う現実。自分たちが生まれ育った環境がいかに平和だったのか思い知らされる。

 同窓会の3日前、久しぶりにマミと会う約束をした。
「あつしー、お待たせ。久しぶりだね。で、何時の飛行機にする?」
 君の姿を見て思わず笑顔がこぼれる。上京した頃の、少し背伸びした少女のままだったから。

 俺は決心した。彼氏はいるのか?仕事の状況は?そんなことはどうでもいい。このまま二人が完全に大都会に染まる前に俺の気持ちを伝えよう。そしてみんなに話すんだ。

「東京は夢を思い起こさせてくれる凄い場所だ」ってことを。

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『心霊鑑定士 加賀美零美 第1巻 Kindle版』amazonで販売中!

 
心霊鑑定士 加賀美零美 第1巻 Kindle版

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2022年2月10日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

  • 28現在の記事:
  • 225883総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 85昨日の閲覧数:
  • 795先週の閲覧数:
  • 233月別閲覧数:
  • 139764総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 82昨日の訪問者数:
  • 673先週の訪問者数:
  • 199月別訪問者数:
  • 93一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: