芥川龍之介 小説 独自解釈「二人の友」

引用:青空文庫 芥川龍之介「二人の友」

 芥川龍之介先生の書いた小説「二人の友」について考えてみたいと思います。この「二人の友」とは、森鴎外(もり・おうがい)先生が発表した小説の事です。「二人の友」の主人公「私」は、役人として東京から福岡県の小倉に赴任します。そこで二人の男性と交流します。

 一人はF君です。F君は二十歳を過ぎた青年です。彼はドイツ語に自信があり、ドイツ語に造詣(ぞうけい)の深い「私」にドイツ語を習いたいとやってきます。もう一人は安國寺(あんこくじ)と言う若い僧侶です。毎日のように「私」のもとにやってきてドイツ語を学び、彼は仏教の根幹の思想「唯識論(ゆいしきろん)」を講義します。

 森鷗外先生は東京大学医学部を卒業後に陸軍の軍医となり、空いた時間で小説を書いていました。小倉に赴任したのは1889年6月19日から1902年3月26日まで。1888年2月に結婚して1年半後に離婚していますので、この頃は独身でした。 鴎外先生が下宿で読書をしていますと、のちに第一高等学校のドイツ語教諭になる福間博が訪れます。「二人の友」の中のF君は福間博の事です。

 芥川先生は、一高で福間先生からドイツ語を学びました。この頃はまだ「二人の友」は活字になっていなかったそうです。福間先生は背が低く、金縁(きんぶち)の眼鏡をかけ、かなり長い口ひげを蓄えていました。福間先生は冗談が好きだったので、生徒たちは皆、親しみを抱いていました。

Sponsered Link



 福間先生は、一学期のある時間に久米正雄(くめ・まさお)にこう言われました。「君にはこの言葉の意味がクメとれないんですか?」と。それに対し久米は「ええ、ちょっとわかりません。どう言う意味がフクマっているか」と、シャレで返しました。

 福間先生は、芥川先生が二年か三年生の時に亡くなりました。その一週間か二週間か前に、今の恒藤恭(つねとう・きょう)、当時の、井川恭(いかわ・きょう)と一緒に、お見舞に行きました。福間先生はベッドに横になったまま「大分良い」と言いましたが、実際は大分悪かったようです。福間先生の葬式の導師になったのは、やはり鴎外先生の「二人の友」のうちの一人、「安国寺(あんこくじ)さん」です。

 芥川先生は、この短い文章に「二人の友」と言う題をつけましたが、勿論、鴎外先生の「二人の友」を借用したと書いています。そして偶然、この文章の中にも、芥川先生の二人の友だちが登場します。久米正雄と井川恭です。福間先生は、井川恭にもこんな事を言っています。「そんな言葉がわからなくてはイカわ」と。「いかわ」と言うのは、「いかんわ」のシャレでしょうか?

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

  • 42現在の記事:
  • 217796総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 76昨日の閲覧数:
  • 547先週の閲覧数:
  • 116月別閲覧数:
  • 134202総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 65昨日の訪問者数:
  • 426先週の訪問者数:
  • 99月別訪問者数:
  • 56一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: