思い出のグラウンド

「ねえ、倉田さんはどうだったんですか?」
「えっ?」

 平日の昼時、既に大勢の客で賑わうファミリーレストランの店内。窓際の奥のテーブル席で、胡椒がかかり過ぎて辛いシーザーサラダを食べながら、篠崎美優(しのざきみゆ)が話しかける。おしゃべりな彼女の話を聞き流していた倉田徹(くらたとおる)は戸惑ってしまう。

 確か初恋の話だったような気がするんだけど……。

 時間を遡(さかのぼ)って考えた結果、彼女が聞きたいのは僕の初恋だと徹は結論づけた。

「ああ、僕はね、確か……」

 手にしていた箸を置き、腕組みをして上を向きながら考えてみる。恋に奥手の彼は、女性と話をする事すら得意ではない。美優のように気軽に話しかけてくれれば良いのだが、自分から女性に話しかける事はあまりない。

 身長が高く整った顔立ちで、頭も良くて運動神経も良い彼は、モテないわけではない。今まで異性から告白される事も何度かあった。しかし、人間関係を築くのに時間がかかるため誤解される事も多く、来月には三十歳になるのに恋人すらいない。

 告白してくる相手が好みのタイプではないため仕方がないのだが、好きな相手に告白する勇気はない。そんな彼が、初恋と言われてすぐに思いつく人がいた。その人の姿を映像化するために、徹の意識は遠い過去に遡っていく。

Sponsered Link



 小学校時代から足に自信があった徹は、中学では陸上部に入った。百、二百メートルの短距離走の他に、走り幅跳びの選手だった。同じグラウンドを使う野球部に比べ、個人競技のためか練習の内容は自分で決められた。

 全体練習を終え、百メートルを数本走った後、幅跳びの練習に向かう。と言っても、大体は仲の良い先輩や同級生と話をして過ごす事が多かった。

 みんなの輪に加わりながら、徹が気にしていたのはトラック競技の練習だった。大勢の人たちの中で、特に気になったのが、一際小さな女の子。長い髪を一つにまとめたポニーテールの女の子。身長が高い彼にとっては、背の低い女の子が可愛く思えた。

 彼女を見ている事を悟られないようにしながら、ちらちらとその姿を目で追った。大きな瞳で笑顔が似合う女の子。彼にとっては、彼女が初恋の相手なのだ。

 クラスは違ったため、会えるのは放課後のグラウンドだけ。幅跳びの練習の合間に、彼女の姿を目で追うのが彼の日課だった。

 卒業するまでの三年間、告白なんてする事もなく、名前すら呼んだ事もない。ただ遠くから眺めているだけの淡い初恋。ただそれだけだったと、遠い目をしながら美優に話した。

「いやー、倉田さんの青春、良いですねえ。その人の名前、なんて言うんですか?」
「名前? そう言えば、名前なんだっけなあ……」

 顔は思い出せるのに、名前は出てこない。

「やばい、もう年かな」

 そう言って徹は笑った。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 13現在の記事:
  • 111969総閲覧数:
  • 144今日の閲覧数:
  • 257昨日の閲覧数:
  • 2009先週の閲覧数:
  • 2681月別閲覧数:
  • 70336総訪問者数:
  • 48今日の訪問者数:
  • 111昨日の訪問者数:
  • 815先週の訪問者数:
  • 1180月別訪問者数:
  • 110一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: