星に勇気をもらって

 何だか眠れなくて、私は外に飛び出した。田舎に帰ってきて、ずっと塞(ふさ)ぎ込んでいたから、外に出るのは随分と久しぶりだ。ああ、空気が旨い。都会の空気に比べて、ここは本当に空気の味が違う気がする。

 今夜の月は満月。まあるいまあるい満月。なんか、満月を見ているだけで丸をもらった気がする。百点満点、今のままでオッケーだよって、空が私に言っているのかも知れない。

 そう言えば、東京で空を見上げた事があっただろうか。いつも人の背中ばかり見ていたんじゃないだろうか。いつも誰かの視線を気にして、迷惑をかけないように小さくなって生きていたような気がする。満員電車の中で、会社の中で、誰にも迷惑をかけないように、縮こまって生きていた。

 こんな私だから、きっとあの人も嫌になっちゃったんだろう。実家に帰ってきてからも、あの人の事ばかり考えてしまう。

「由美子、いきなりどうしたの?」
「私、会社辞めてきちゃった。しばらくここに居させてね」
「そうか……。まあ、ゆっくり休みなさい」

Sponsered Link



 いきなり帰ってきた私を心配する父と母。きっと、仕事が大変で辞めたと思っているんだろう。まあ、それもあるかも知れない。失恋して、心がボロボロになって、仕事をする気力がなくなったのは事実だ。

 ずっと一緒にいられると思っていた。あんなに仲が良かったのに、人の心は突然に変わってしまうものなのか。

 懐かしい公園にやってきた。子どもの頃、母と一緒に遊んだブランコに乗ってみる。きいー、きいーっと鳴る音が、私の心を振動させる。どこか物悲しい音色(ねいろ)が、誰もいない公園に響いている。

 スマートフォンを取り出して、電話帳を開く。スクロールして、ま行にたどり着くと、あの人の名前が載っている。電話をかけてみたら、声が聞けるかも知れない。あの人の写真を見ながら、私の指が震えている。

 あの人はもう、私の番号を消してしまったのだろうか?

 笑顔の写真が、私の胸を切なくさせる。あの笑顔をもう一度見たい。会って話がしたい。もう一度会えば、もしかしたらやり直せるのかも知れない。そんな馬鹿げた妄想を、何回繰り返した事だろう。

 ブランコに乗りながら、空を見上げてみる。手を伸ばせば届きそうな星たち。みんな黙って、私の事を見守っている。そんな静かな沈黙が、親友の優しさのような気がして、私の頬を涙が濡らす。

 あの星たちのおかげで、なんだか頑張れる気がする。私はぎゅっと目を閉じて歯を食いしばった後、「よしっ」と小さく叫んだ。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 46現在の記事:
  • 120306総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2981先週の閲覧数:
  • 4479月別閲覧数:
  • 73412総訪問者数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 768先週の訪問者数:
  • 1350月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: