雨に打たれた日

 長く長く振り続ける雨。窓の外を眺めながら、奈央(なお)の脳裏に過ぎし日の思い出が蘇る。雨が降る度に思い出すあの日の記憶。本当は思い出したくないのに、昨日のように鮮明に蘇ってくる。

あれは、半年以上前の出来事。傘も持たずに飛び出した奈央の体を、冷えた雨が容赦なく叩き続けている。昨日、せっかく美容院に行ったのに。雨に恨み言を言う奈央は、飛び出した原因の糸を辿ってみる事にした。

 きっかけは些細な口喧嘩だった。同棲を始めて半年。子どもの頃から我慢する事に慣れている奈央は、悟志(さとし)の上から目線の物言いにも何とか堪(こら)えてきた。しかし、ちょうど生理で気分が滅入っていた事と、雨の日でむちうちの古傷が痛みだすという何とも最悪な日で、それまでの不満が一気に爆発したのだ。

「何よ、私が全部悪いんでしょ?」

 そう吐き捨てて、部屋を飛び出した奈央。しばらくして、Tシャツと短パンだった事に気づくが、部屋に戻る気にはなれない。意地と言うかプライドのようなものが、奈央の心を頑(かたく)なにさせる。

Sponsered Link



 行く当てもなく、街をただただ彷徨(さまよ)ってみる。母親と歩いている幼子が、彼女に向かって指を差す。幼子の母親は、それを窘(たしな)めようともしない。母子の些細な行動が、奈央の心の傷を抉(えぐ)る。

 夏とは言え、雨に打たれ続けるのは体に良くない。体調が悪いせいか、気持ちがどんどん落ち込んでくる。奈央は自分も言い過ぎたと反省し、部屋に戻る決心をした。

 階段を駆け上ると、二人の部屋の玄関のドアが開いている。その横には、赤い傘が立てかけてある。自分の傘とは違う、女物の傘。冷え切った背筋が、更に冷たくなってしまう。

 恐る恐る玄関の中を覗(のぞ)くと、彼の靴の横に赤い靴が見える。明らかに、自分が持っている靴ではない。奥の部屋から、男女の笑い声が聞こえてくる。その瞬間、奈央は悟った。もうここに、私の居場所はない。

 下を向いたまま踵(きびす)を返すと、さっき駆け上った階段を急いで駆け下りた。そして、近くに住む親友の部屋を目指して走り続けた。その後の記憶は、何故かはっきりしない。

 雨が降る度に、彼の事を思い出してしまう。彼が何故あの時、彼女といたのか、今どうしているかなんて、知る由もない。知ったところでもう、どうする事も出来ない。ただ、思い出すと涙が出る奈央だった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 38現在の記事:
  • 135822総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 237昨日の閲覧数:
  • 1562先週の閲覧数:
  • 5552月別閲覧数:
  • 83240総訪問者数:
  • 37今日の訪問者数:
  • 151昨日の訪問者数:
  • 1040先週の訪問者数:
  • 3832月別訪問者数:
  • 143一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: