いつまでも一緒に

「本当に良いの?」
「……うん」

 僕の問いかけに、君は恥ずかしそうに笑った。この日が来る事を、僕はどれほど待ち焦がれただろうか? 君がこうして僕の横にいる。僕と、肌と肌を触れ合っている。これを奇跡と言わずに、何と言えば良いのだろう?

「後悔しない?」
「後悔なんてしない。だって、私が望んだ事だから……」

 君はそう言って、僕の裸の胸に顔を埋(うず)める。君の額(ひたい)が僕の肌に当たる。僕は思わず、君を強く抱きしめる。今まで何度、夢の中で君を抱きしめた事だろう。

 偶然歩いていた街中で君に出会った。見覚えのある青い傘をさして、小雨が降る中、君は俯(うつむ)きながら歩いていた。あの傘、あの背格好、あの雰囲気、僕は思わず声をかけてしまったんだ。

「もしかして、瞳(ひとみ)ちゃん?」
「え?」

 君は驚いて僕を見た。僕が作り笑いをした時、君はとびっきりの笑顔を見せてくれた。あの頃と同じ笑顔、やっぱり君は可愛いよ。

「どうしたの?」
「……ううっ」

Sponsered Link



 君は突然、その場で泣き出してしまった。ただ事ではないと思った僕は、話を聞くために一緒に喫茶店に入った。コーヒーを飲んで、ようやく落ち着いた君は、少しずつ話してくれたね。

「もうすぐ結婚式じゃないの?」
「うん……」
「喧嘩でもしたの?」
「ううん……」
「じゃあ、どうして?」
「私、あなたの事が……忘れられない」

 俯いたまま言ったその言葉が、僕の胸に突き刺さった。

 もともと愛し合っていた僕たち。いつまでも一緒にいられると思っていた。だけど君は、お父さんが選んだ相手と結婚しろと言われて、僕たちは無理やり引き裂かれてしまった。

「僕だってまだ、君の事を……好きだ」

 僕のその言葉に、君はとても嬉しそうに笑った。さっきまで泣いていた子どもが急に笑うみたいに、無邪気な笑顔を見せた。

「ねえ、あなたの家に行っても……良い、かな?」
「えっ? ああ、うん、もちろん……良いよ。じゃあ、もう行こうか?」

 喫茶店を出た後、コンビニで弁当を買ってから、僕のアパートに向かった。部屋に入ると君は、すぐに僕に抱きついてきた。僕も思わず反射的に君を抱きしめる。これから結婚しようという人に、こんな事をして良いのか。理性が僕を責め立てるが、抑えきれない感情が言う事を聞かない。

 こうして僕たちは、お互いに初めての人になった。僕の横には君がいる。この先どうしたら良いのかは、僕にはわからない。後ろめたい気持ちもあるけど、このままずっとこうしていたい。君をもう、誰にも渡したくない。そう思いながら僕は、また君を抱きしめるよ。二人の夢が叶う事を信じて。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 20現在の記事:
  • 120126総閲覧数:
  • 314今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3040先週の閲覧数:
  • 4299月別閲覧数:
  • 73333総訪問者数:
  • 50今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 785先週の訪問者数:
  • 1271月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: