花魁・朝霧ママの人生上り下り

 ここは銀座の八丁目。高級クラブが点在する大人の歓楽街。今日もまた、迷える一匹の子羊が、クラブ「紫陽花(あじさい)」のドアを開くのである。

「ようこそ、いらっしゃいませ、岡田様。お久しぶりでありんすね」
「ママ、困った事が起きてね」
「わかりんした。早速、お話を聞かせていただきんしょう」

 クラブ「紫陽花(あじさい)」の朝霧(あさぎり)ママは、江戸時代の花魁(おいらん)の生まれ変わり。現代人とは一味違った感覚で、世の殿方の悩みを一刀両断するのだった。

「女房に浮気が見つかってしまった」
「浮気でありんすか?」
「探偵を雇って決定的な証拠を撮られてしまった」
「逢引きの現場を見つかったわけでありんすね 」
「もう別れるって大騒ぎなんだよ 」
「たった一度の浮気で別れるだなんて、そんな了見の狭い女子(おなご)とは別れてしまいなんし」
「いや、それがねえ、私は婿養子なんだよ。妻の父親が経営する会社の跡取りとして結婚したから、離婚したら家を追い出されてしまうんだ」
「そうでありんすか。そんなら、男裸一貫、ゼロからやり直したらいかがでありんすか?」
「そうは言ってもねえ……。この歳でやり直すのもちょっと……。確かに、男らしく啖呵を切って飛び出したいところなんだけど……。」

Sponsered Link



 岡田の煮え切らない態度に、朝霧のはらわたは煮えくり返るようだった。遠い昔、私を裏切ったあの男。夫婦(めおと)になる約束を交わしたのに、遊ぶ金欲しさに女郎屋に売り飛ばしたあの男。思い出したくもないあの男の顔が、岡田の顔に重なって浮かび上がる。みるみるうちに頬を紅潮させながら、朝霧は思わず声を張り上げてしまう。

「やいやいやい、あんたそれでも玉つけてんのかい? 男なら男らしくしたらどうなんだい? 女房が怖いんでありんしたら、最初っから浮気なんかよしなってんだ! てめえがやった事の落とし前ぐらい、てめえでつけたらどうなんだい!」

 朝霧のあまりの剣幕に、しゅんとうな垂れてしまった岡田。これはちょっと言い過ぎたと反省した朝霧は、一転して優しい言葉で話し始めた。

「岡田様、先ほどは言い過ぎたようで、大変失礼いたしんした。ここは奥様に、平謝りなさったらいかがでありんしょかえ? 頭を地面に擦(こす)りつけて、何度も何度も謝れば、きっと許してくりゃしゃんすよ。そしてもう、夜遊びは金輪際やめると言ったらいかがでありんしょう。ここに来るのもしばらくは、控えたほうがよろしいと思いんすえ」

 岡田は「わかった。女房に謝るよ」と言って、しばらく来れないからと普段の三倍のお金を払っていった。朝霧はドアの前で、丁寧にお辞儀をして見送った。

 いつの世も、男と女の問題は変わらない。強い女を貫こうと決心し、頭(こうべ)を上げる朝霧だった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 14現在の記事:
  • 120111総閲覧数:
  • 299今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3025先週の閲覧数:
  • 4284月別閲覧数:
  • 73329総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 781先週の訪問者数:
  • 1267月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: