幸子の翌日


「ただいま、ああ、寒かったぁ〜」

先生の部屋から、自転車を漕いで帰ってきた幸子はそう言いながら、誰もいない自分の部屋のドアに鍵をかけた。先生の部屋で愛し合った夜、先生の部屋にお泊まりはしない、幸子はそう決めている。幸子が決めたルールだ。

先生の部屋で飲んだのと同じ焼酎のお湯割りを、自分のために一杯作り、ゆっくりと飲み干す。明日は休みだから、全部明日にしよう。幸子はそう決めて着替えもせずに、自分のベッドに潜り込んだ。

「先生、おやすみなさい」

翌朝、バスタブにお湯をためながら、洗面台の鏡に映った自分の姿を見て、幸子は声を上げた。

「ちょっとやだぁ〜。あたし、ショーツ裏返しに履いてるじゃない、こんなんじゃ、先生とは一緒に暮らせないな。ふふ」

小説家の先生が、実は神経質なことを、幸子はよく知っていた。だから、こんなギャグみたいな失敗を、笑い飛ばしてはくれないかもしれない、幸子はそう思ったのだ。

Sponsered Link



先生との未来、幸子はその事を考えなくはない。でも何故だろう、その景色がどうしても、浮かんでは来ない。今の関係を棄てる勇気が、持てないからだろうか。

「ま、いっか。この際だから、不倫のエキスパートになるか」

幸子は自分にそう、うそぶいて、夕方から、母親が経営しているスナックを手伝いに行くことに決めた。先生と愛し合った翌日は、先生が母の店に立ち寄る確率が高くなる。

そう、やっばり幸子は、先生に会いたいのだ。その気持ちに正直になろうと、幸子は笑みを浮かべた。

「先生、私、今のままでいい。だから、いつでも呼んで。どんな時間でも会いに行くから。そして、やさしいキスをして。先生、大好き」

(これは、Wakaさんが「報われない恋」の翌日を幸子の視点で書いたものです)

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 9現在の記事:
  • 172677総閲覧数:
  • 54今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 810先週の閲覧数:
  • 2206月別閲覧数:
  • 108996総訪問者数:
  • 48今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:
  • 585先週の訪問者数:
  • 1669月別訪問者数:
  • 77一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: