消えない思い出

 残業続きの一週間を今日で終えた克典(かつのり)は、自らのご褒美に高い肉を買って帰ってきた。「ただいま」と言っても返事がない暗い部屋の照明を点け、早速調理にとりかかる。静かな室内に、肉の焼ける音だけが響いている。

 ふと、一年前に別れた冴子(さえこ)の後ろ姿が思い出される。帰ってくると必ず「お帰り」と言って出迎えた後、笑顔でこう尋ねてきた。

「先にお風呂に入る? それとも食べてからにする?」

 何時頃に帰るかを伝えると、その時間に合わせて準備をしてくれる。克典を第一に考え、どうしたら彼が喜ぶかと思いながら行動していた冴子。台所や風呂場、リビングや寝室など、もう一年も経つと言うのに、彼女の面影が其処彼処(そこかしこ)に残っている。

 ファンだったミュージシャンの歌を口ずさみながら台所に立つ彼女の姿が、彼の脳裏に浮かんでは消える。忘れなければと思いながら、忘れられずに蘇る思い出の数々。静かな部屋が、彼をさらに孤独にする。

 もう三十歳になろうとしているのに。大人の男に成長したつもりなのに。いろいろと身の回りのものを変えてみてもまだ、彼女の存在を消せない自分が腹立たしい。

Sponsered Link



 夕食を食べ終えて片づけを済ませた後、風呂に入って疲れた体を癒す。湯船に浸かりながら、シャンプーやボディーソープを眺めてみる。彼女が選んでくれたものを、今もずっと使い続けている。もしかしたら今、彼女も同じように湯船に浸かっているかも知れない。そんな淡い妄想が、彼の瞳を潤ませてしまう。

 風呂を出て、冷蔵庫から缶ビールを取り出して一気に飲み干す。ふいに「私にも一本ちょうだい」と聞こえた気がして振り返るが、そこには誰もいない。

 アルコールが入って気持ち良くなった体をベッドに投げ出し、大の字になって手足を伸ばす。いたずらっ子のような笑顔で横に寝転がってくる彼女の姿が瞼(まぶた)に浮かぶ。

 昔から持っているシングルベッド。二人では窮屈のはずなのに、あの頃は何にも感じなかった。二人をいつも包み込んでくれたシングルベッド。彼女の温もりを感じさせてくれるシングルベッド。二人で並んで、いろんな話をしたシングルベッド。

 震えながら初めて彼女を抱いた夜。くだらない話をして彼女を笑わせた夜。いくつもの夜を、このベッドと共に過ごしてきた。その思い出が溢れてきて、克典はまた今夜も眠れそうにない。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 25現在の記事:
  • 135109総閲覧数:
  • 166今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 1597先週の閲覧数:
  • 4839月別閲覧数:
  • 82740総訪問者数:
  • 116今日の訪問者数:
  • 121昨日の訪問者数:
  • 1050先週の訪問者数:
  • 3332月別訪問者数:
  • 133一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: