乾いた心

「君だって、好きにしたら良い」
「わかりました。そうさせていただきます。」

 玄関先で冷たい視線をぶつけ合う二人。時田雄一郎(ときたゆういちろう)は黙って踵(きびす)を返すと、待たせていた車に乗り込んだ。咲子(さきこ)は深々とお辞儀をして、遠ざかる車を見送る。乾いた魂のぶつかり合いに干渉する者は誰もいない。高級住宅街の朝が静かに始まる。

「夫は日曜の夜まで帰りません。私も出掛けます。日曜の午後には帰る予定です」
「かしこまりました」

 家政婦にそう告げると、咲子は荷物を持って車庫に向かった。待っていた運転手の宮崎智弘(みやざきともひろ)がドアを開くと、咲子は一礼して車に乗り込む。前を向いて指示を待つ宮崎に、咲子は緊張した声で話す。

「宮崎さん、おはようございます」
「奥様、おはようございます」
「昨日頼んでおいた事、覚えていらっしゃいますか?」
「はい……一応、準備しております」
「では、参りましょう」

 咲子に促され、宮崎は車を発進させる。道中、咲子は車外を見つめるだけで、一言も話さない。緊張している宮崎は、唾を飲み込む回数が増えていく。二時間が経過すると、車は目的地に到着した。ホテルにチェックインした後、咲子が部屋に入る。続いて宮崎も同じ部屋に入る。

 緊張して立ったままの宮崎に、椅子に座るように咲子が促す。彼女が注いだお茶を「ありがとうございます」と言って飲み干す。彼の喉の渇きは尋常ではない。

「宮崎さん、今日は付き合わせてごめんなさいね」
「あ、いえ、私の事はお気になさらず」
「優しいのね」
「あ、いや……」

Sponsered Link



 宮崎は咲子の専属運転手で、彼女の買い物の手伝いをしたり、送迎をするのが仕事である。雄一郎には別の運転手がついているが、その人が休みの日などは雄一郎の送迎をする事もある。
 
 雄一郎はいくつも会社を経営している実業家で、咲子とは一回り年齢差がある。結婚して数年経つ今でも、二人に子どもはいない。

「夫と私の結婚は、お互いの親が決めたんです」

 宮崎は昨日、車の中で、咲子から話を聞いた。お互いの親が、両家の利益のために二人を結婚させた。性格が正反対で、心は通わない二人なのだが、別れる事は出来ない。独身の頃から女遊びをしてきた夫は、結婚しても変わろうとはしなかった。一人、涙で枕を濡らす日々が続く咲子。

 段々と心が病んでいく咲子を心配した雄一郎は、ある日彼女に提案をした。君も愛人を作れば良いじゃないかと。そのため、咲子の専属運転手を雇う事に。しかし、誰でも良いわけではなく、独身で良心的で口の堅い男でなければいけない。

 そして、社員の中から選ばれたのが宮崎だった。容姿や性格、年齢など、咲子の希望に合わせ、最終的には雄一郎が直接話をした。特別な仕事だ、給料も今までの倍にする、但し秘密は守ってほしい、約束出来るか、と。雄一郎に連れられて咲子と会い、彼女の了承を得て、彼の仕事は始まったのである。

 二人は温泉に入った後、夕食を済ませ、ベッドに並んで座った。

「宮崎さん、私の事はどう思います?」
「え? どう思いますと言われましても……。素敵な女性だと思います」
「それは……好き、という意味ですか?」

 ぷるんと膨れ上がった唇を艶(なま)めかしく見せつける咲子に、宮崎の鼓動は最高潮に高鳴っている。人形のように美しい彼女に、彼は一目惚れをしていたのだ。

「はい。初めて会った時から、奥様の事が好きでした」
「そう、嬉しいな。私も、宮崎さんを初めて見た時から、好きになっちゃった」

 乙女のように恥じらう様子が、さらに愛おしさを増していく。しかし、これは仕事の一環であり、本気で好きになってはいけない。それが条件なのだから。

 咲子は指輪を外して、テーブルの上に置いた。

「さあ、始めましょう」

 彼をベッドに倒し、唇を重ねてくる咲子。この瞬間、宮崎は、運転手から愛人へと、スイッチを切り替えた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 46現在の記事:
  • 120296総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2971先週の閲覧数:
  • 4469月別閲覧数:
  • 73403総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 759先週の訪問者数:
  • 1341月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: