雨の日の思い出

 コツンコツンとフロントガラスを叩く雨音。少しずつ強くなり、前方を滲(にじ)ませて私の視界を妨害する。ワイパーを動かし、視界がクリアになったところで、「雨が降ると思い出すなあ」と心の中で呟(つぶや)いた。

「やっぱり、あなたとはやっていけない!」

 そんな捨て台詞を残し、上はTシャツ、下は短パンのまま、サンダルを履いて部屋を飛び出す私。綺麗な月夜の街で感傷に浸りたいと思ったのに、月も星も見えない空からは、降り始めの雨がぽつりぽつりと頭の上に落ちてくる。

 「やばい、傘!」と思ったけれど、彼のいる部屋に戻る気にはなれず、仕方なくそのまま歩き始めた。後ろから勢いよくドアが開く音がして「美奈(みな)―!」と叫ぶ声が届く。「嫌だ、恥ずかしい!」思わず私は、力一杯走りだしていた。

 元陸上部、足には自信がある。でも、Tシャツと短パンまでは良かったけれど、サンダルで走るのはきつい。元サッカー部の竜司(りゅうじ)にすぐに追いつかれてしまった。

「待てよ!」
「嫌だ!」
「どこ行くんだよ?」
「知らない!」

 私が結婚の話を切り出しても、全然真剣に考えてくれない。「そのうちな」いつも決まった言葉ではぐらかされてしまう。「もう、ついていけない」それが本音だった。

 竜司が私の左腕を掴(つか)む。「痛い!」思わず叫んだ。手を離した隙(すき)に、再び走り出す。「おい、待てよ!」その声を尻目に、住宅街を抜けて河川敷に向かう。近所迷惑だし、大声を出すのにちょうど良かったから。

 土手を降りる頃には歩きだし、少し進んだところで竜司に捕まった。今度は後ろからのハグだった。

Sponsered Link



「怒るなよ……」

 右耳に囁かれた言葉が、胸の奥に沁(し)みていく。私は右耳への囁きに弱い。

「ごめん、悪かった……」

 密着する頬と頬。右耳への優しい囁き。後ろからの力強いハグ。私の弱点を知り尽くしているこの人には敵(かな)わない。

「怒ってないし……」

 好きだから、本気で怒れない。別れたくない。嫌われたくない。結婚してほしかったのは、一日一日おばさんに近づいている私の焦りなの。

「俺で良いの?」
「えっ?」
「結婚するのは、もっと収入が増えてからと思ってたんだけど……」

 優しい……。頭が良くて現実主義、いつも計画的で冒険はしない。私と結婚して養っていく自信がないから、プロポーズ出来なかった。

「私も働くよ」
「うん、ありがとう……。でも、子どもが出来たら働けなくなる……」
「大丈夫、私あげまんだから。あなたの収入が上がるから心配しないで」

 彼がくるりと私を回して、今度は正面から抱きしめた。雨がどんどん強くなって、いよいよ土砂降りになってきたけど、降るなら降れ、私たちの愛は雨なんかに負けないぞ!

 見つめあう二人。これ、ドラマのワンシーンみたいだ。東京ラブストーリーのあの曲が始まる気がする。

「ねえ、キスして……」

 私が目を瞑(つむ)ると、彼が唇を重ねてきた。その瞬間、雨の音が消えて、何も聞こえなくなった。頭の中で、オーケストラが演奏しているイメージが浮かぶ。

 ひとしきりお互いの温もりを感じ合った後、彼が優しく私に促した。

「もう帰ってお風呂に入ろう」
「うん……」

 頭からずぶ濡れのまま、二人は手を繋いで歩き始めた。誰もいない、二人だけの世界。

「ぐごごごご!」

 突然、助手席から聞こえた大きないびきで、私は現実の世界に引き戻された。あんなにカッコよかった彼が、今は中年太りのおっさんになっている。まあ、私もおばさんになったから仕方ないけど。

 ミラー越しに、彼と同じように寝ている息子の姿が見える。私はハンドルを握りながら、思わず笑いだしてしまった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 10現在の記事:
  • 135827総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 237昨日の閲覧数:
  • 1567先週の閲覧数:
  • 5557月別閲覧数:
  • 83243総訪問者数:
  • 40今日の訪問者数:
  • 151昨日の訪問者数:
  • 1043先週の訪問者数:
  • 3835月別訪問者数:
  • 143一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: