白い便箋

 真夏の夜、寝苦しさに耐えかねて、剛(つよし)はベッドから跳ね起きた。汗で濡れた下着を脱ぎ、タオルで体を拭いて着替えた後、コップに水を注いで一気に喉に流し込む。乾いた体に水分が行きわたり、全身の細胞が活性化したような気分になる。

 椅子に腰かけて、最強にした扇風機の風を火照った体に当てながら、さっきまで横たわっていたベッドをぼんやりと眺めてみる。

「あー、本当だったら今頃、彼女がここにいるはずなんだけどなあ……」

 誰に聞かせるわけでもない独り言が、彼の口から勝手に飛び出す。彼の他に誰もいない部屋で、その言葉が行き場もなく漂っている。

 彼は、ぼーっとした頭のまま、机の上の本棚から便箋を取り出した。表紙をめくり、罫線(けいせん)だけが引かれた白い便箋をじっと眺める。今や、手軽にメールを送れる時代。もう何年も手紙を書く事はない。久しぶりに開いた便箋が新鮮に見える。

 遠い昔に離れ離れになってしまったあの人。彼にとっては初恋の相手。そして彼女にとっても、彼は初恋の相手であり、二人は相思相愛だった。

 中学時代に彼は、何枚も何枚も書き直したラブレターを何日も何日もカバンに忍ばせた末に、思い切って告白した。玉砕覚悟だったのに、意外にも彼女も彼に好意を抱いていたと知り、我が世の春とばかりに毎日浮かれていた。

Sponsered Link



 二人の交際は清らかで、手を握る事もなかった。彼は彼女と結婚する事を夢見ていたし、彼女もまた彼と同じ気持ちでいた。古風な二人は、お互いを大切な存在として認め合っていた。

「新しいステレオが来るから、聴きに来ない?」

 彼がそう言った時、彼女は複雑な笑顔を見せた。何も言わずに見つめるだけの彼女。その様子がおかしいと思いながらも、彼は理由を聞けなかった。

 その数日後、彼女は突然引っ越してしまった。噂では夜逃げのようだった。その後の彼女の行方を知る事は出来ず、彼の恋は終わりを告げた。

 それ以来彼は、彼女の面影を引きずりながら、新しい恋をする事も出来ず独身を貫いている。彼女はきっともう、結婚しているだろうと思いながらも、彼は彼女を忘れる事が出来ない。

 白い便箋に、彼は再びラブレターを書いた。

「どうか、幸せになってください」

 一行だけのラブレター。決して出す事のないラブレターを書き終えた彼の瞳から、一滴の涙が滴り落ちた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 10現在の記事:
  • 140957総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 1261先週の閲覧数:
  • 4805月別閲覧数:
  • 86641総訪問者数:
  • 85今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1008先週の訪問者数:
  • 3179月別訪問者数:
  • 132一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: