さよなら私の恋

「私、お兄ちゃんのお嫁さんになる」

 幼い頃の私の言葉に「ありがとう。嬉しいよ」って言ってくれたあの人が今、誓いの言葉を述べている。白いウェディングドレスを着た綺麗な人に、永遠の愛を誓っている。お嫁さんになるのは私じゃない。

 私は今、新郎の友人の席にいる。私たちは幼馴染で親同士も仲が良い。五歳年上のあの人を私は「お兄ちゃん」と呼び、あの人は私を「薫(かおる)ちゃん」と呼んだ。遊びに行く時はいつも、あの人の後ろにくっついて行った。「圭太(けいた)くんがいれば大丈夫」って親は安心していた。

 幼稚園の頃、公園のブランコから落ちて泣きじゃくる私を、あの人は家までおぶってくれた。膝から血を流して泣きじゃくる私に「大丈夫だからね」って励ましてくれた。小学校に入学して、いつも一緒に登校してくれた。一年間だけだったけど、ずっと一緒に登校してくれた。一人っ子の私には、本当のお兄ちゃんに思えた。

 私が中学生になると、あの人は高校三年生になっていた。その頃から私は、お兄ちゃんと呼べなくなった。一人の男性として意識するようになった。頼れるお兄ちゃんから、憧れの男性になり始めた。それまでは気軽に話しかけられたのに、急に恥ずかしい気持ちが芽生えて、まともに顔が見られなくなってしまった。

 あの人は、それまでと変わらずに接してくれるのに、私だけが意識しちゃって緊張していた。近くにいると苦しくなるから、遠くから見つめるだけで満足だった。一日も早く大人になりたかった。

Sponsered Link



 高校を卒業すれば、あの人の恋人になれると思っていた。だけど、そんな簡単な話じゃなかった。先月やっと高校を卒業したけど、間に合わなかった。あの人にはもう、結婚を決めた人がいたのだ。

 新郎新婦の両親、親戚、友人たち、ここにいるみんなが、二人の結婚を祝福している。ただ一人、私だけを除いて。もちろん、誰も私の気持ちなんて知らない。あの人だって、私がどんなに好きだったかなんて、知るはずがない。私の一方的な恋。一方通行の恋。胸の奥に秘めて誰にも言わなかった私の初恋。それが今日、終わる。

「お二人とも、おめでとうございます」

 思い切って言ってみた。涙をこらえていたから、上手く言えたか自信ないけど、何とか笑顔を作って二人を祝福した。

「薫ちゃん、今日は来てくれてありがとう」

 あの人が笑っている。私の頭を撫でてくれている。あの人にとって私は、今でも妹のままだ。

「薫ちゃん、これからよろしくね」

 お嫁さんの言葉に、無言で頷(うなず)く。歯を食いしばっていたから、言葉が出ない。笑顔でいられた自信がない。もうその場に居たたまれなくなって、大きくお辞儀をしてからすぐに、トイレに駆け込む。披露宴会場から、友人たちの笑い声が聞こえてくる。私はしばらく個室に閉じこもったまま、涙と嗚咽を抑えるのに必死だった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 49現在の記事:
  • 120126総閲覧数:
  • 314今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3040先週の閲覧数:
  • 4299月別閲覧数:
  • 73333総訪問者数:
  • 50今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 785先週の訪問者数:
  • 1271月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: