長い長い初恋

「ごめん、もう……行かなきゃ」

 隣に眠る瑞希(みずき)の寝顔を見ながら、壮輔(そうすけ)の脳裏に過ぎた日の思い出が蘇る。あまりにも時が経ち過ぎたため、記憶がはっきりしない。それでも、彼女の泣き顔だけは、今も鮮明に覚えている。

 内気な壮輔が、中学入学以来好きだった瑞希に告白するまで、二年かかった。たまたま隣同士になり、最初に話しかけたのは彼女。笑顔が素敵な女の子、壮輔はすぐに恋に落ちた。

 彼は数学で彼女は英語、お互いが得意な科目を教え合ったり、楽しかった事や腹が立った事など、親友のように何でも話せる関係になっていった。

 友だちとしてはとても良い関係なのに、それ以上の関係を求めたらどうなるのだろう。胸に秘めた恋心を打ち明けられないまま、時はどんどん過ぎていく。

 中学三年になり受験生となった壮輔は、ある決意を固めていた。日毎募る彼女への思い、勉強も手につかない。いっそ告白して、ダメだったら勉強に打ち込む事にしようと。そして花火大会を観に行った帰り道、真剣な顔で言った。

「僕と付き合ってくれませんか?」

 瑞樹の動きが一瞬止まり、やっぱりダメかと思った彼の耳に届いたのは、「いいよ」と言う意外な一言。そこで初めて、お互いが両想いだった事を知る。

Sponsered Link



 友だちから彼氏彼女になった二人は、同じ高校を目指して勉強に励むようになる。成績も上がっていき、バラ色の未来が待っていると信じて疑わない。そんな壮輔に、信じられない事が告げられた。

「私、引っ越しする事になった」

 父親の転勤で、遠く離れた県外に引っ越していく瑞樹。最後は笑顔で別れたいのに、瑞樹の涙に釣られて壮輔の涙腺も崩壊した。

 その後、手紙やメールでのやりとりを続け、同じ大学を受ける事を約束。離れていても心が通じている事を知り、励まし合って勉強した二人は、見事に同じ大学に合格。そして再び付き合う事に。

 二人の関係はずっと続いていくと思っていたのに、運命はそれほど優しくはない。きっかけは些細な口喧嘩。お互いの意地がぶつかり合い、大きな亀裂は修復不能に発展。壮輔の恋は終わった。

 時は流れ、それぞれ別の人と出会って結婚。しかし壮輔は、どうしても瑞希の事が忘れられない。楽しかった思い出が、色あせない記憶として残っている。

 瑞希の記憶を消せないままの結婚生活は上手くいくはずもなく、三年で終わりを告げた。そして今、やはり結婚したが離婚してしまった瑞希が隣にいる。街で偶然出会った二人。またしても運命は、二人をもう一度引き合わせたのだ。

 壮輔の部屋に、朝日が差し込んでいる。幼子のように眠る瑞希の頬に、そっと手を当ててみた。初めて会った日の、あの笑顔が蘇る。

 初めて会ってから二十年の時が過ぎた。若さのせいで許せなかった事も、今ならきっと笑いとばせるに違いない。遠回りした壮輔の初恋が、また動き始める。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 46現在の記事:
  • 120298総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2973先週の閲覧数:
  • 4471月別閲覧数:
  • 73405総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 761先週の訪問者数:
  • 1343月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: