女優・戸田恵梨香さんと俳優・成田凌さんの相性

女優の戸田恵梨香さんと俳優の成田凌さんの結婚は近いのでしょうか?

戸田恵梨香と成田凌の“写真流出”で見えた「結婚までのカウントダウン」

2018/8/30

 戸田恵梨香と成田凌のツーショット写真が『フライデー』(9月7日号)に掲載された。

 同誌のページを開いて、まず目に飛び込んできたのは「LOVE」とプリントされたタオルを羽織った成田が、戸田の肩を抱いている写真。

 おっ、さすがフライデー!

 セブ島まで追いかけていったか、と思ったのは早とちりだった。記事のタイトルに『セブ島旅行の「ラブラブ写真」が流出』とあるではないか。

《まるで映画のワンシーンのようなロマンチックな1枚》は、実はツイッターに流出した写真だったのである。

 週刊誌のスクープ写真は大きく分けると3つある。張り込みなどでカメラマンが撮った写真、外部から持ち込まれた写真、そして最近ではSNSなどに投稿された写真がそれだ(厳密に言えば、投稿された写真はすでに誰かの目に触れている可能性もあるので、スクープとは言い難いが……)。

 そして特に後者ふたつのケースが、いわゆる“流出写真”となる。

流出はこれまでにも……

 昔も今も多く見られるのが、かつては“ニャンニャン写真”と呼ばれたベッド写真。

 ほかには、プリクラ写真があった。10年ほど前に流出した、中居正広と元フジテレビアナウンサー中野美奈子のキス写真は話題になったものだ。
 
もちろんプリクラ写真そのものが出回ったわけではないが、本人しか持ってないものが、どうやって流出してしまうのか? 

「プリクラは、機械にデータが残っている場合があると聞きました。業者の人ならデータを取り出すことができるんじゃないでしょうかね」(パソコン雑誌ライター)

 そんな話が広まって、今ではプリクラを撮る芸能人カップルはほとんどいなくなったという。

 また、こんな流出の仕方もあった。貴乃花(現・貴乃花親方)と宮沢りえが婚約したとき、一部の週刊誌に持ち込まれた、結納の席でのツーショット写真がそれに当たる。親族、あるいは関係者が撮ったと思われる記念写真だ。

 あとで関係者に聞いたところ、貴乃花が結納からの帰り道に、高速道路のサービスエリアで現像を依頼した写真店が流出元だという。一刻も早く写真を見たかったのだろう。もちろん彼は写真とフィルムは全部受け取ったのだが、写真店のアルバイト学生が1枚余計にプリントして、それが週刊誌に渡ったのだ。

 また、水野美紀も交際相手が携帯電話を落としてしまったことで、プライベート写真が流出したことがある。このときは携帯電話を拾った人物によって、週刊誌に持ち込まれたのだという。

 今ではツイッターなどのSNSで流出を恐れ、“カギ付き”や“ウラアカ”という、親しい人しか見ることのできない方法をとる芸能人もいるようだが、最近はそれさえも油断できないそうだ。

 さて、フライデーが発売される10日ほど前にSNSに投稿されたふたりの写真には、

《いまフィリピンのマクタン島に来てて一昨日シュノーケリングのツアーに行ったら戸田恵梨香と成田凌がデートしてた》

 という、投稿者のコメントが付いていた。このコメントを見る限り、写真は、本人たちの自撮りでもなく、旅行に同行した友人が撮影したものでもなさそうだ。おそらく、船に同乗した一般人が撮影したものだろう。

 ベストショットだ。自分で発信する手段がなかった昔だったら、週刊誌に持ち込んで、ついでにお小遣い稼ぎをする人がいただろう。だが、現在は誰でも発信者になれてしまう。

 それよりも、このロマンチックな写真から見えてくるのは……。

「戸田・成田のグループはふたりのほかに、戸田の中学時代の友人男性4人が一緒だったそうですが、戸田はほかの乗客とも気さくに話をしていたようです」(スポーツ紙記者)

 お忍びでの海外旅行だったが、気が緩んでしまい、通行人に写真を撮られてしまったという芸能人に「よくある」ケースではないようだ。ふたりは、自分たちが写真を撮られているのも、もしかしたらその写真がSNSに投稿されるのも、十分承知の上で旅を楽しんでいたのかもしれない。

 “もう、何も隠す必要はない”ということなのか。“公然の秘密”から公然となった、ふたりの交際。この“写真”は、彼らのゴールが近いことを物語っているのではないだろうか。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

[出典:戸田恵梨香と成田凌の“写真流出”で見えた「結婚までのカウントダウン」(週刊女性PRIME > http://www.jprime.jp/articles/-/13194]
Sponsered Link



そんな戸田恵梨香さんと成田凌さんの相性を観てみました。

戸田恵梨香さん(1988年8月17日生まれ)

年 戊辰 偏財  衰
月 庚申 偏官  絶
日 甲辰     衰

大運 癸丑 印綬 冠帯
流年 戊戌 偏財  養

比肩星 木 ●
食傷星 火 
財星  土 ●●●
官星  金 ●●
印星  水 △△

成田凌さん(1993年11月22日生まれ)

年 癸酉 偏官 長生
月 癸亥 偏官  胎
日 丁未    冠帯

大運 戊午 傷官 建禄
流年 戊戌 傷官  養

比肩星 火 ●
食傷星 土 ●
財星  金 ●
官星  水 ●●●
印星  木 △

戸田恵梨香さんと成田凌さんの相性

戸田さんは甲辰日生まれで、甲は陽の木、辰は春(4月)の土(陽)です。
「命が芽吹く季節に育つ樹木」といった感じです。

戸田さんの五行の土には栄養分がたくさんありますので、この木はどんどん成長することでしょう。
そしてこの木は、五行の金が加工することで、人々の役に立つようになります。
「この木を必要とする人のために喜んで犠牲になる」そんな感じに見えますね。

柴崎岳選手、倉持麟太郎さんも甲辰日生まれです。
サッカー・柴崎岳選手と女優・真野恵里菜さんの相性
山尾志桜里衆院議員と倉持麟太郎弁護士の相性

成田さんは丁未日生まれで、丁は陰の火、未は夏(7月)の土(陰)です。
「乾いた砂漠の大地を優しく照らす月明り」といった感じです。

3つある五行の水は「砂漠のオアシス」に見えます。
訪れた人の喉を潤すには充分すぎる水で、現場のチームのために自分が何をすべきかを理解し、自分の仕事に徹する人でしょう。

日支の冠帯は「若々しさ」「人格者」「宗教性」などを表わします。
比肩が弱く、地支に穏やかな星が並んでいるので、性格的に優しくて思いやりのある人でしょう。
日支の冠帯は羊刃ですが、強い偏官がその凶意を去らせてくれます。

木生火で、甲木生まれの戸田さんが、丁火生まれの成田さんを助ける形になっています。
また、五行で見れば、成田さんの充分すぎる水が、戸田さんの日干である木に栄養を与える形です。
お互いに助け合って発展していく二人の関係が、これからもうまくいくと良いですね。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 73現在の記事:
  • 35427総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 162昨日の閲覧数:
  • 1180先週の閲覧数:
  • 5343月別閲覧数:
  • 17362総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 747先週の訪問者数:
  • 2523月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: