愛しい人との夢ノート

 ある夏の昼下がり、翔子(しょうこ)は約束のファミリーレストランを訪れた。相手は、禁煙席の一番奥で待っているとの事。店の入り口からぐるりと見回すと、いた、ノートパソコンを開いている男性が見える。

 恐る恐る「あのう……すいません。星流(せいりゅう)先生ですか?」と声を掛けてみる。男性は顔を上げて「はい、星流です。あなたが、翔子さん、ですよね?」と尋ねてきた。安堵した翔子は笑顔で「はい、そうです。よろしくお願いします」と言って頭を下げた。

 翔子は腰を下ろし、目の前の男性と同じようにドリンクバーとケーキセットを頼んだ。ホットコーヒーを用意して席に着いた翔子に「早速、鑑定始めましょうか?」と切り出す男性。その自信に満ちた姿に、翔子は深い安堵を覚える。

 鑑定した人を幸せにすると言う噂を聞き、不安と期待を半分ずつ抱えながらも会う事に決めた翔子だったが、その声と穏やかな微笑みを見た瞬間に、男性の不思議な魅力に引き込まれていた。

 「知りたいのは、電話で聞いた彼との相性ですよね?」と聞かれ、「はい」と顔を強張らせて頷く。どんな事を言われるのか、その答えを受け入れられるだろうか、心の中で自問自答を繰り返す翔子。彼女の心を見透かしているのか、満面の笑みで彼は言った。

「大丈夫ですよ。心配いりません。お二人はお互いの不足を補い合う、素敵な組み合わせです」

 そう言われた瞬間、翔子は全身に電流が走ったかのような感覚を覚えた。今日まで、あまりにもいろいろな事がありすぎて、諦めかけていた恋。それでも諦めきれず、一縷(いちる)の望みに賭けていた恋。

 違う人にしたら、という声も聞いた。翔子自身、そう思った事もある。でもやっぱり、諦められない。どうしてかわからないけれど、この人じゃないとダメなんだ。そんな思いを長年抱えてきた彼女だった。

「あなたが持っていないものを彼が持っていますし、彼が持っていないものをあなたが持っています。正反対の二人ですが、だからこそ最高のパートナーなのです。あなたがちょっと努力する事になると思いますが、あなたなら大丈夫。きっと上手くやれますよ」

Sponsered Link



 確かに、いろいろと気になる事も多い。だけど、自分だって完璧な人間じゃない。彼にもきっと、嫌な思いをさせているかも知れない。それでも今日までやってこれた。これからだって大丈夫。翔子は自分に言い聞かせていた。

「今年はお二人にとって良い年です。今年、来年、遅くても再来年までには結婚すると思います」
「本当ですか?」
「はい。思いは具現化するんです。具体的にイメージ出来るように、プランを立てていきましょう。ノートに、いつまでに結婚すると書くんです。そして、それが叶った、良かった、嬉しいと書きましょう。脳はそれが正しい事だと認識して、その実現に向かって行動を始めますから」
「わかりました」

 翔子は、その日の晩からノートを書き始めた。表紙には「愛しい人との夢ノート」と書かれている。今年中には彼からプロポーズされ、来年は一緒に暮らす。すぐに子どもにも恵まれ、幸せな家庭を築く。そんな将来の理想像をイメージしながら、ノートに夢を書き続けた。

 そして、翔子の生活に変化が現れ始めた。もっと楽に生きようと思い始めたのである。今まで、こうあらねばならないという思いが強かった彼女の心が、少しずつ変わり始めたのだ。

 あの時「意識して、彼にアプローチしてみましょう」と言われて以来、遠く離れた彼との連絡を密にしてきた翔子。「動けば、良くも悪くも運命は変わります」と言われたからだ。

 今までは受け身だった彼女は、「あなたがリードする立場です」と言われた言葉を思い出しながら、積極的に彼に働きかけていった。そうする中で、彼も結婚を強く意識し始め、遂にプロポーズされたのである。

 両親や友人たちからの祝福を受け、ようやく彼と結婚した翔子。彼女には、もう一つ叶えたい夢があった。

 それは、自分の店を持つ事。そのために、和食の勉強もしてきたし、「夢ノート」にも「三年後に店をオープンさせる」と書き続けてきた。

 それから三年後、遂に彼女は夢を実現させた。結婚してから住み始めたお洒落なマンションの部屋には、二人で揃えたお気に入りの家具が備えられている。朝食の準備をしている翔子に、出掛ける準備を整えた愛しい人が声をかける。

「いよいよ、今日がオープン初日だね」
「うん」
「ごめん、仕事で僕は立ち会えないけど」
「ううん、大丈夫、気にしないで。ほら、時間ないから食べて」

 愛しい人の横には、彼にそっくりの息子が座っている。翔子は幸せの真っただ中にいた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 7現在の記事:
  • 140958総閲覧数:
  • 125今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 1262先週の閲覧数:
  • 4806月別閲覧数:
  • 86642総訪問者数:
  • 86今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1009先週の訪問者数:
  • 3180月別訪問者数:
  • 132一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: