逃げ出した男

 平日の夕方、店のドアが開く。その音に気づいた私は、予約はないはずなのにと思いながら、入り口に駆け付けた。そこには、灰色のスーツを着た中年の男性が立っている。

 私の顔を確認すると、彼は黙ってお辞儀をして、そのまま何も言わずに立ったままだ。私は思い切って尋ねてみた。

「今日は何か御用ですか?」
「あっ、いや、あの、最近あなたの噂を耳にしまして……。それで、どうしても行ってみないといけない気がして……。突然ですが、今日寄ってみました」
「そうだったんですか。どうぞ、良かったら中へお入りください」

 私は、彼が導かれてきた理由がすぐにわかった。彼のすぐ横に、居るはずのない女性が視(み)えている。彼女は生前、何度かここに来た事がある。気になる人との相性を観てほしいと、度々相談しに来ていたのだ。そんな彼女が急に来なくなって、もう一年になる……。

 あんなによく来ていた彼女が、急に姿を見せなくなった理由が今わかった。来たくても来られなかったんだね。彼女の無念が伝わってくる。今はもう話せない彼女の言葉を代弁したくなった。

「コーヒーでもお飲みになりますか?」
「えっ、はい、ありがとうございます」

 頭を下げた彼の横に、彼女は座っている。彼の方を向いているのに、彼は全く気づかない。彼女は生前、箸が転んでも笑うような笑顔の絶えない女性だった。それなのに今は、表情一つ変えずに、彼をじっと凝視している。それを視るのが辛くて、コーヒーを淹(い)れながら涙が零(こぼ)れそうになる……。

「ごゆっくりどうぞ」
「ありがとうございます、いただきます」

 お辞儀をする彼の横に、もう一つのコーヒーカップを置く。湯気が立つそのカップを見て、不思議そうな顔をする彼。

「えっ? あのうー、どうしてもう一つ、あるんですか?」
「だって、そこにいらっしゃるじゃないですか」
「えっ? いらっしゃるって、誰が?」
「あなたがよくご存じの女性ですよ」
「えっ、じょ、女性? せ、先生、何を言っているんですか?」

 鳩が豆鉄砲を食(く)ったような顔をしている。初めて会った私に、こんなおかしな事を言われるんだから仕方ないけどね。

「覚えていないんですか?」
「覚えてるって、何を?」
「一年前の事ですよ」
「い、一年前?」
「この人の名前は大山朋美(おおやまともみ)さんです。一年前にあなたに殺されました」
「えーーーーっ?」

Sponsered Link



 彼の動きがピタッと止まる。息をするのも忘れているようだ。

「あなた、あの時、飲酒運転だったんですね。誰にも見られていなかったから、彼女の遺体を運んで遺棄した。どうです、思い出しましたか?」
「い、いいえ……」

 彼の目が泳いでいる。動揺は隠せない。

「あなた、名前は宮崎悟(みやざきさとる)さん、ですよね?」
「えっ、どうして私の名前を知っているんですか?」
「だって、彼女が教えてくれましたから」
「えっ、彼女?」

 私が指を差したのは、彼の左横の空間。しかし、彼が左に顔を向けても、そこには誰もいない。

「実は私、亡くなった人と話が出来るんですよ」
「……」

 大きな目を、さらに大きく広げる彼。

「彼女は、あなたの実家の庭に埋められていると言っています。住所もはっきり教えてくれました」
「そ、そんな、ば、馬鹿な……」
「神奈川県横須賀市……」
「うわあーーー!」

 大声を張り上げ、両手で耳を塞ぐ。自分の名前、実家の住所さえも知っている。霊と話が出来る事を、本当だと認めているようだ。

「さて、どうします? これから警察に自首しますか? 刑事さんの知り合いがいるので、電話しましょうか?」

 私がスマートフォンを取り出して電話をかけようすると、彼は突然立ち上がった。

「す、すいません。急に用事を思い出しまして、ははは……。もう、帰ります」

 そう言うと、足早に入り口に向かい、ドアを開けて外に飛び出した。そして彼が走り出してから数秒後、脇腹に鋭い痛みを感じた。思わず左手で押さえるが、どくどくと赤い血が流れ出て止まらない。彼は膝から崩れ落ち、その場に倒れ込んだしまった。

 彼の目の前を、知らない男が「わーーー!」と叫びながら走っている。後ろから来た警察官数人が取り押さえるが、それでもなお、その男は何かを口走っていた。

 私が駆け付けた時、既に彼は虫の息だった。その現場から少し離れて、大山朋美が立っているのが視える。

 彼の呼吸が止まったのを見届けると、彼女はすーっと静かに消えていった。私は静かに手を合わせ、彼女の魂が天国に行けるように祈った。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 7現在の記事:
  • 119404総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 562昨日の閲覧数:
  • 2561先週の閲覧数:
  • 3577月別閲覧数:
  • 73206総訪問者数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 111昨日の訪問者数:
  • 753先週の訪問者数:
  • 1144月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: