芥川龍之介 小説 独自解釈「蛙」

引用:青空文庫 芥川龍之介「蛙」

 芥川先生の書いた小説「蛙(かえる)」について考えてみたいと思います。寝転がって、古い池を眺めていた時に思いついた話かなと思います。

 その池には蛙(かえる)がたくさんいます。蛙は一日中「ころろ、からら」と鳴いています。それを聞いているうちに、芥川先生はこう考えました。ただ鳴いているのではなく、彼らは何か議論を交わしているのではないかと。そして、蛙たちにキャラクター設定をして、ドラマ仕立てに書いています。

 芦(よし)の葉の上にいる蛙が、まるで大学教授のように話を切り出します。「水は何のためにあるか、我々蛙が泳ぐためにある。虫は何のためにいるか、我々蛙が食うためである」周りの蛙たちが「そうだ、そうだ」と賛成しています。

 今度は、白楊(はこやなぎ)の根元に眠っていた蛙が目を覚まして発言します。「土は、何の為にあるか。草木(くさき)を生やす為にあるのである。では、草木は何の為にあるか。我々蛙に、影を与える為にあるのである。従って、全大地は、我々蛙の為にあるのではないか」再び周りの蛙たちが「そうだ、そうだ」と賛成します。その近くで、蛇が蛙たちを見つめています。

 芦(よし)の葉の上にいる蛙が再び話します。

 「空は何の為に。太陽を懸(か)ける為にある。太陽は何の為に。我々、蛙の背中を乾かす為にある。水も草木も、虫も土も、空も太陽も、皆、我々、蛙の為にある。森羅万象が、我々の為にある。自分はこの事実を、諸君の前に宣言すると共に、全宇宙を我々の為に創造した神に、心からの感謝を捧げたい。神の御名(みな)は讃(ほ)むべきかな、である」

 その言葉がまだ終わらないうちに、蛇の頭が伸びてこの蛙を咥(くわ)えてしまいました。池中の蛙が驚いてわめいているうちに、蛇は蛙を咥(くわ)えたまま草むらの中へ隠れてしまいました。大騒ぎの中、年の若い蛙が泣き声を出しながらこう言っているように聞こえたそうです。

Sponsered Link



 「水も草木も、虫も土も、空も太陽も、みんな、我々蛙の為にある。では、蛇はどうしたのだ。蛇も我々の為にあるのか?」

 その問いかけに対し、年配の蛙が最後にこう答えました。

 「そうだ、蛇も我々蛙のためにある。蛇が食わなかったら、蛙は増え続けて池が狭くなる。だから蛇が、我々蛙を食いに来るのである。食われた蛙は、多数の幸福の為に捧げられた犠牲だ。そうだ。蛇も我々蛙の為にある。世界にありとあらゆる物は、ことごとく蛙の為にあるのだ。神の御名(みな)は讃(ほ)むべきかな」

 この世界の全てのものは我々のために存在していると言う考え方は、非常にポジティブで素晴らしいと思います。自分たちを食べてしまう蛇でさえも、蛙のために存在しているわけですから、とてもありがたい存在なわけです。とかく、いろいろな事に不平不満を言いがちな人間に対する芥川先生のメッセージなのかなあと思いました。

 家の中に突然現れて驚かされる大きなアシダカグモにしても、ゴキブリなどの害虫を食べてくれるありがたい存在です。ねちねちと嫌味や小言を言ってくる会社の上司にしても、私の心を鍛えてくれるありがたい存在なのかも。全ては神が、我々のために与えてくれたものだと思えるならば、幸せなのかも知れませんね。皆さんはどう思いますか?

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月5日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」

  • 52現在の記事:
  • 200487総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 1503先週の閲覧数:
  • 3502月別閲覧数:
  • 123844総訪問者数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 549先週の訪問者数:
  • 1719月別訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: