嘘ばかりの人

「いやいや、何を言っているの。俺が浮気するような奴に見える? 勘弁してくれよ」

 広志(ひろし)はそう言って、ポケットから煙草(たばこ)を取り出す。右手を必要以上に動かして力が加わったためか、口に咥(くわ)えた煙草が少し折れ曲がっている。そのまま何度も繰り返し吸い続け、あっという間に吸い終えて灰皿に捨てた。

 広志が力強く押しつぶしたせいで、灰皿の中の煙草はひどく折れ曲がっている。その一部始終を見ていた葉子は、彼が嘘をついている事を確信する。ひどく狼狽(ろうばい)した時に繰り返す彼の癖を、葉子は何度も目にしている。

 また新しい女が出来たのかと、半ば呆れ気味の葉子。平静を装いながらも、心の中は怒りに打ち震えている。それでも、好きだから別れられない。好きだから許してしまう。

 二人が出会ったのは半年前の事。葉子は小さな小料理屋を営んでおり、広志は店の常連客。親が遺した不動産の家賃収入で悠々自適に暮らしている。気前良くお金を使ってくれる彼は、大切な上客。羽振りが良く、見た目もスマート、さらには話し上手な彼の誘いを受け入れ、二人はすぐに恋仲になった。

「葉子は本当に、エプロンが似合うよなあ」
「そう?」
「うん。美人で気立てが良くて料理も上手いんだもん。なかなかこんな女の人いないよ。嫁さんにしたいなあ」
「本当? ありがとう」

Sponsered Link



 朝御飯を作る葉子に、広志が甘い言葉を囁(ささや)く。三十路を越えて、そろそろ結婚を考えている彼女をその気にさせる、彼の口説き文句。そう言う男は今までに何人もいたが、結局は金だけ貢(みつ)がされて捨てられてきた。そんな経験をしてきても、不幸な女の代表のような葉子は、口が上手い彼の言葉を信じてしまう。

「ねえ、花嫁衣裳は何が良い?」
「えっ? 花嫁衣裳?」
「例えばだよ。例えばの話。もし葉子が結婚するとしたら、教会でするのが良いの? それとも日本人だから、神社でするのが良いかな?」
「そうねえ……」
「教会だったらウェディングドレスになるし、神社だったら着物だよね」
「ドレスかぁ……。着てみたいな」
「俺はさ、白無垢(しろむく)を着た葉子が見てみたいな」
「白無垢かぁ……」
「似合うよ、きっと」

 そう言って広志は、葉子を抱き寄せてキスをする。熱い熱い口づけに、彼女の心はメロメロになってしまう。もう頭の中では、彼との結婚式が映像化している。

 そんな過ぎた日々を思い浮かべながら、浮気の弁明をする彼を見ていると、何もかもが嘘だったんだなと思えてくる。だけど憎めない。やっぱり、愛しているから……。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 27現在の記事:
  • 120298総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2973先週の閲覧数:
  • 4471月別閲覧数:
  • 73405総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 761先週の訪問者数:
  • 1343月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: