バドミントン・桃田賢斗選手

バドミントンの桃田賢斗選手、努力が報われて良かったですね。

桃田賢斗「努力しない天才」から「努力する天才」へ “あの事件”から人間性にも変化【元川悦子】〈dot.〉

9/18(火) 16:00配信

 2年後の東京五輪でバドミントン会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザで、9月16日に行われた『ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018』の男子シングルス決勝。11時半からの試合に登場したのが、7月下旬から8月初旬にかけて開催された世界選手権(中国・南京)のチャンピオン・桃田賢斗(NTT東日本)だった。

 薄暗いフロアに24歳のイケメンプレーヤーがライトアップされながら登場すると、熱狂的女性ファンを含む満員の観客から大歓声がわき起こる。「バドミントン人気を感じたのは、入場してきたところ。すごく緊張しました」と本人もはにかんだ。まさに圧倒的な注目を集める中、彼は頂点を懸けた戦いに挑むことなった。

 凄まじい重圧を背負う中、桃田は自身のプレーに徹した。世界ランキング26位の対戦相手、コシット・フェトラタブ(タイ)に立ち上がりからリードを奪って、第1ゲームを21対14で先取。第2ゲーム序盤こそリードを許す場面があったが、5-4で逆転してからは一気に突き放す。そして20対11のマッチポイントで相手ショットがネットに引っかかった瞬間、日本バドミントン界のエースはコートに倒れ込んで歓喜を爆発させた。

「後半すごいきつくて、自分の中でも途中から『あと何点、あと何点』と数えてました。勝ちが見えてきた時にサーブを打つ手が震えた。それくらい勝ちたい気持ちが強かった。最後の瞬間は『やっと終わった』と。その気持ちと嬉しさと達成感で、しゃがみ込みました」と桃田は安堵感を露わにした。

 わずか3週間前の2018年アジア大会(インドネシア)ラウンド16。地元の英雄であるアンソニー・シニスカ・ギンティング(インドネシア)の勢いに押され、なすすべを見いだせないまま敗れ去った時の消極性と精神的脆さは、今大会の彼には皆無だった。短期間で自信と誇りを取り戻し、長年の憧れだった2008年北京、2012年ロンドン五輪連覇のレジェンド・林丹(リン・ダン/中国)や世界ランキング1位で同い年のライバル、ビクター・アクセルセン(デンマーク)ら強豪を次々と突き放した王者の堂々たる姿がそこにあった。

「世界選手権から帰った8月、桃田が『疲れを感じる』と漏らしたことがありました。今年はずっと世界を転戦し、世界選手権もフルで戦ったんで、体力的にきついのは当然。アジア大会も団体戦と個人戦に出ましたし、負けたのはそういう部分があったんだと思います。にもかかわらず、インドネシアから戻った翌日にチームの練習に参加した。休んでもよかったのに『シングルスでもダブルスでも、自分にできることは何でもやりますから』と進んで若手の指導役を買って出て、3時間半みっちりプレーしてくれた。その姿を目の当たりにして、人間的成長を感じました」とNTT東日本の須賀隆弘監督がしみじみ語ったように、今の彼には「成長につながることなら何でもやる」という強い意欲が感じられる。

 今大会に挑むにあたっても、アジア大会敗戦時の「動揺しないための日々の積み重ねがまだまだ自分には足りない」という反省を基に、所属チームや日本代表合宿で追い込みをかけ、以前は苦手だった筋力トレーニングにも精を出した。「この会場(武蔵野の森)はシャトルが飛ばないという特徴があるんですけど、上からしっかり決めるショットが何回もあったし、スマッシュのスピードも出せた。ウエートトレーニングの成果が出ているんじゃないかと思います」と本人も自身の進化に手応えをつかんだ様子。彼の一挙手一投足を長く見続けてきたメディアの中には「『努力しない天才』が『努力する天才』に変わった」と言う者もいるほどだ。

 2年前の2016年リオデジャネイロ五輪直前の春に違法カジノ店での賭博行為が発覚し、日本バドミントン協会から出場停止処分を受ける前の桃田は、誰もが認める「ヤンチャな若者」だった。髪を明るい色に染め、ネックレスやブレスレットなど派手なアクセサリーを身に着けることも少なくなかった。また、「バドミントンはもっとお金を稼げればメジャーになれる。僕がプロのパイオニアになって派手な生活をしたい」といった奔放な発言でもたびたび周囲を驚かせていた。端正なルックスも相まって、周囲からもチヤホヤされる傾向は非常に強かったという。

 しかしながら、世間から壮絶なバッシングを浴び、1年1カ月の謹慎期間を経て、競技に戻った後は「支えていただいた方に恩返ししたい」と謙虚な物言いに終始するようになった。報道陣に対しても復帰当初はあまり多くを語らなかったようだが、時間の経過とともに本来の明るさが戻り、笑顔で受け答えする場面が増えてきた。

 今回のヨネックスオープン優勝会見でも「会場まで足を運び、自分を応援してくださった方の存在がすごい力になりましたし、周りの方のおかげで優勝できたので本当に感謝したいです」と爽やかな笑みを浮かべていた。その立ち振る舞いに魅了された関係者は少なくないはず。今の桃田は誰もが認める好青年に他ならないのだ。「昔の方が面白いことを喋っていた」と評する声も一部からは聞こえてくるが、大きな挫折を糧にして、世界選手権とヨネックスオープンという自身が追い求めていたタイトルを取ったのは事実。リオの時、一度は完全に遠のいたと思われた五輪金メダル獲得が現実味を帯びてきたのも確かだろう。

「これからは『桃田包囲網』というか、かなり研究されてくると思う。そういう相手に負けないようなフィジカル強化や体力維持が必要。あとはケガですかね。そこに注意していくことが大事だと思います」と前出の須賀監督も警戒心を露わにしたように、2年後の東京五輪本番までにはまだ紆余曲折があるかもしれない。

 桃田自身も「五輪が開かれる会場で優勝できたことはすごい自信になりましたし、すごく相性のいい体育館だと思いました。でも、またすぐに試合があるので、先を見ずに、今できることを精いっぱいやっていきたい」と一歩一歩進んでいくつもりだ。しかし、たとえどんな壁が眼前に現れようとも、道を誤り、社会的制裁を受け、選手生命の危機に瀕するという大きな挫折をした男なら絶対に乗り越えることができるはずだ。

「挫折をしない人間はいない。その壁を乗り越えないと次のステップには行けない。失敗する中で最終的に諦めずにやり続けた人間こそが勝つ」と、サッカー日本代表の本田圭佑(メルボルン/オーストラリア)も語っていたが、挫折のレベルが大きければ大きいほど、その人は強くなれる。そういう意味で桃田賢斗は無敵かもしれない。努力する天才になったバドミントン王者がどこまで高みに上り詰めるのか。そこを興味深く見守りたい。(文・元川悦子)

[出典:桃田賢斗「努力しない天才」から「努力する天才」へ “あの事件”から人間性にも変化【元川悦子】〈dot.〉(AERA.dot)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00000004-sasahi-spo&p=1 ]
Sponsered Link



そんな桃田選手の四柱推命をしてみました。

桃田賢斗選手(1994年9月1日生まれ)

年 甲戌 偏財  衰
月 壬申 食神 建禄
日 庚寅     絶

大運 甲申 偏財 建禄
流年 戊戌 偏印  衰

比肩星 金 ●●
食傷星 水 ●
財星  木 ●●
官星  火 △
印星  土 ●

桃田賢斗選手の命式

桃田選手は庚寅日生まれで、庚は陽の金、寅は春(2月)の木(陽)です。
「春の木を加工する力強い刃物」といった感じです。

小川彩佳アナ、JUMP・山田涼介さんも庚寅日生まれです。
嵐・櫻井翔さんと小川彩佳アナの相性
JUMP・山田涼介さんとモデル・宮田聡子さんの相性

桃田選手は金の生まれであり、月柱の食神が強いこともあって、天才肌だと言えます。
そして財星が強いことから、楽天的な性格だと言えるでしょう。

食傷と財星が強いと「根拠のない自信」というものを生まれもって持っています。(羨ましいですね)
それが「努力しない天才」になった所以でしょうね。

ところが、2016年に違法カジノに出入りしたことで、無期限出場停止処分を受けることに。
この年は偏官の年で、大運が傷官でした。
偏官と傷官が並んだ事で、社会的に大変な制裁を受ける事になりました。

しかし、この挫折によって、「努力しない天才」から「努力する天才」へと変わりました。
結果的には、この挫折から良い意味で人生が変わったわけですから、良かったですね。
これからの更なる活躍を期待しています。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 56現在の記事:
  • 34505総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 164昨日の閲覧数:
  • 2174先週の閲覧数:
  • 4421月別閲覧数:
  • 16760総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 82昨日の訪問者数:
  • 921先週の訪問者数:
  • 1921月別訪問者数:
  • 123一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: