【石田さんちの会話】第1話「陽水と羊水」

「ねえねえ、みっちゃん」
「なあに、けんちゃん」
「中森明菜さんの歌でさ、『飾りじゃないのよ涙は』って、あるじゃない?」
「あー、井上陽水さんが作詞作曲した歌だよね」
「そうそう。あの歌がちょうどラジオで流れてきてさ、歌詞を聴きながら思ったんだけど、聞いてくれる?」
「いいよ、どうぞ」
「最初にさ、私は泣いた事がないって言うの」
「うん」
「それっておかしいと思わない? 赤ちゃんの時ってみんな、誰でも泣くよね?」
「まあ、確かに」
「もし泣かなかったらさ、お尻叩いて泣かすって言うじゃない?」
「ああ、それね。なんかね、泣かなかったら、逆さまにしてお尻叩くんだってね。肺の中に羊水が溜まってるのを吐き出せるんだって」
「へー、肺の中に羊水がね。井上陽水が羊水を連想させる歌を作るなんて面白いね」
「いやいや、陽水は羊水を連想させる歌を作ったわけじゃないよ。けんちゃんが赤ちゃんのお尻を叩く話をしたから、羊水の話になっちゃっただけだよ」
「いやいやいや、もしかしたら陽水は、この歌を聴いた人が羊水を連想して、井上陽水が羊水の歌を作るなんて面白いじゃん、何て笑ってくれるのを期待したのかもよ」
「うーん、なんか早口言葉みたいになってきたね。それからね、けんちゃん」
「え、なあに?」

Sponsered Link



「今ね、ネットで調べたらね、生まれた時に一晩中、泣かなかった人もいるみたいよ」
「へー、そうなんだ。じゃあ、この歌は嘘じゃなかったんだね。陽水さん、ごめんなさい。でもさ」
「え、まだあるの?」
「サビでさ、飾りじゃないのよ涙はハハーン、って言ってるじゃない?」
「そうね、確かに」
「それで次はさ、好きだと言ってるじゃないのホホーなわけよ」
「うんうん」
「これさ、どうしてハとホにしたんだろうね?」
「え?」
「多分さ、涙は、の子音があで、言ってるじゃないの、の子音がおだから、ハとオなんだと思うんだけど。そしたら、カとコとか、サとソとか、タとトとか、ナとノとか、マとモとか、ラとロでも良いわけじゃない?」
「えー? カカーン、ササーン、ココー、ソソーじゃおかしいよ」
「そう、それなんだよね。きっと陽水さんはさ、ハとホがひらめいちゃったんだよね。そこがあの人の天才的なところだと思うんだよ」
「なるほど」
「まあ、そんな話でした」
「了解」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 17現在の記事:
  • 140949総閲覧数:
  • 116今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 1253先週の閲覧数:
  • 4797月別閲覧数:
  • 86634総訪問者数:
  • 78今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1001先週の訪問者数:
  • 3172月別訪問者数:
  • 132一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: